サステナブルなアパレルブランドを中田さんが立ち上げたインパクト

サステナブルなアパレルブランドを中田さんが立ち上げたインパクト 制度や仕組み、関連情報
サステナブルなアパレルブランドを中田さんが立ち上げたインパクト

オリラジの中田さんが、自身のチャンネルで発表しましたね。

サステナブルブランドを立ち上げる、と。

 

イナタ-2
イナタ-2

なんで??いきなり?!

Kobol-2
Kobol-2

確かに,Youtuberになってからは書籍解説がメインだったよね。
オンライン大学Progressをやるようになってから,色々な社会問題に関心を持つようになったのかもしれないね。

 

一個人が自分のブランドを作ったというだけでも、ものすごいパワーを必要としたんだろうなぁと感心します。

ですが、サステナブルなアパレルブランドを作った事実だけではなく、その事実がもたらすであろうインパクトにこそ注目すべきだと思います。

 

本記事では、そのインパクトを考察してみます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中田さんのサステナブルアパレルブランドの概要

中田さんのサステナブルアパレルブランドの概要

中田さんのサステナブルアパレルブランドの概要

 

中田さんが立ち上げたアパレルブランドの概要は以下の通りです。

  • ブランド名:Carl Von Linne(カールフォンリンネ)
  • コンセプト:アパレル界の下町ロケット
  • 生産形式:町工場での受注生産
  • 原価率:65%
  • デザイナー:村松啓市氏
  • 素材:オーガニックコットン(農園限定)、遠州織物、尾州織物など

 

大手アパレルブランドへのアンチテーゼとして、大手では実現できていないレベルでサステナビリティを追求します。

ポイントは以下です。

  • 大量生産方式によって大量に生まれる廃棄物への対策
  • 海外生産によって減ってしまう国内町工場への対策

 

詳細は、Youtube動画を参照ください。

中田さんの語りを聞いた方が、内容や意気込みがよく伝わってきます。

 

中田さんの成功で世間が気づくこと

中田さんの成功で世間が気づくこと

中田さんの成功で世間が気づくこと

 

中田さんの挑戦はまだ始まったばかりなので、結果はこれから出てきます。

結果が良ければ、という前提ですが、世間が何に気づくのかを考えてみます。

 

個人が服を作って売れる!

個人が服を作って売れる!

個人が服を作って売れる!

 

アパレルはアパレルブランドを展開する企業が作って販売するもの、というイメージが一般的でした。

ですが、中田さんは個人です。

企業ではありません。

有名人ではありますが、あくまで一個人です。

 

中田さんの成功は『個人でも服を作って販売できる・・・!』というパラダイムシフトを起こすと思います。

パラダイムシフト: 既成概念が変わること

 

今でも,服に対して『もっとここがこうだったらいいな』って思っている人、結構多いと思うんですよ。

個人の好みは何一つとして同じものはないので,売られている服のパターンが限られている以上は,完全にはニーズにマッチしていないんです。

 

ただ、個々の細かいニーズに合う服を作ろうにも、自分で作るには心理的なハードルが高かった

これまでは、ですね。

 

ですが、中田さんの成功が知れ渡ることで、『服って自分で作れるんだ?!』と気づく人が一定数いると思うんですよね。

 

サステナブルブランドを作れる!

サステナブルブランドを作れる!

サステナブルブランドを作れる!

 

もう1つの気づきは、『サステナブルブランドって、作れるんだ?!』ってことです。

具体的には、『サステナブルブランドの経営って、成り立つんだ?!』ってこと。

 

サステナブルという言葉にこれまでつきまとってきたイメージは、『ボランティア』『自己犠牲』『慈善事業』『社会貢献』といったもの

会社として成り立って生活していけるイメージとは遠かったはずです。

 

しかし、中田さんの成功で、『サステナブルブランドも、工夫すればちゃんと経営していけるじゃないかー!』という気づきを多くの人が得ると思うんです。

 

たかが気づきですが、されど気づき。

常識が変わるわけですから、大きな変化です。

>>北欧の有名デザイナーによる新たな腕時計ブランド【nordgreen】 <<

 

アパレル業界への影響

アパレル業界への影響

アパレル業界への影響

 

中田さんが成功すれば、アパレル業界にも少なからず影響を与えると思います。

考えられるものを2つご紹介します。

 

大手企業がサステナブルに本腰を入れるようになる

大手企業がサステナブルに本腰を入れるようになる

大手企業がサステナブルに本腰を入れるようになる

 

芸能人としてもYoutuberとしても知名度が高い中田さん。

サステナブルブランドCarl Von Linneが成功することによって、多くの消費者がその存在を知るでしょう。

 

そうなると、消費者が他の大手アパレル企業を見る目が変わってきます。

えっ?中田さんはサステナブルなブランドをちゃんと経営できてるのに、この大手企業って違うの?!

とね。

 

大手アパレル企業は焦るでしょう。

 

サステナブルの方がいいに決まっているのに、中田さんは実現して、自社は実現できていない。

このままではブランドイメージが低下し、売り上げが落ち株価も落ちてしまう。。。と。

 

サステナブルブランドが経営的に成り立つという証拠を見せつけられて、消費者が認知してしまったのですから、言い訳ができない

 

きっと大手アパレル企業や中小の企業も、サステナブルへの取り組みを本格化させることでしょう。

 

オリジナルアパレル販売のプラットフォームが登場する

オリジナルアパレル販売のプラットフォームが登場する

オリジナルアパレル販売のプラットフォームが登場する

 

上で説明した『気づき』を得た個人の方々が、一歩を踏み出すことになったら。。?

 

ITスキルがある人は自分で販売サイトを作れるのでしょうが、そうでない人も多いでしょう。

 

そんなときは、すでにある販売プラットフォームを利用すると思われます。

例えば、以下のプラットフォームです。

 

中田さんのように、受注生産にして、町工場で作ってもらって、できたらプラットフォームで販売すればいいわけです。

そこに、確かなサステナビリティやストーリーがあれば、コンテンツとして成立しますよね。

オリジナリティがあって多様性豊かな服の市場ができそうです。

 

結果的には、そういった個人のアパレルブランドを扱う販売プラットフォームが登場する、のかもしれませんね。

 

まとめ

本記事では、オリラジの中田敦彦さんがサステナブルなアパレルブランドを立ち上げたことを取り上げました。

 

中田さんの創意工夫でブランドが成功したら、世間は以下の気づきを得ると思います。

  • 個人が服を作って売れる!
  • サステナブルブランドは作れる!

 

その結果として、アパレル業界には以下の影響を与えると思います。

  • 大企業がサステナブルに本腰を入れる
  • オリジナルアパレルの販売プラットフォームが登場する

 

個人が色々なことをできる時代です。

中田さんには頑張ってCarl Von Linneを成功に導いてもらって,色々な個人が多様な服を作れるようになり,サステナブルが拡がるといいですね^^

>>北欧の有名デザイナーによる新たな腕時計ブランド【nordgreen】 <<

コメント

タイトルとURLをコピーしました