【わかりやすい】CSV経営の内容や3つの事例の解説【図解多め】

【わかりやすい】CSV経営の内容や3つの事例の解説【図解多め】 制度や仕組み、関連情報
【わかりやすい】CSV経営の内容や3つの事例の解説【図解多め】

『CSV』ってのを会社の経営方針に反映させなきゃならないんだけど,どういうものなんだろう?事例もあれば知りたいな〜。

本記事では、このような疑問・要望にお答えする内容をわかりやすくまとめました。

CSVそのものの説明だけでなく,事例の紹介にも力を入れたので、会社経営へのヒントを持ち帰っていただけると思います。

最後まで読んでいただけると嬉しいです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

CSV経営の解説

CSVとは何なのか

CSVとは,Creating Shared Valueの頭文字をとったもので,日本語では一般に『共有価値の創造』と訳されています。

では,誰と誰が価値を『共有』をするのでしょうか?

それは『企業』と『企業の周りの社会』です。

企業と社会が共有する価値

企業と社会が共有する価値

 

『企業にとって価値があること』と『社会にとって価値があること』を共有できる部分が『共有価値(Shared Value)』です。

企業と社会の共有価値を創り出す(Create)ことが,CSVCreating Shared Value:共有価値の創造)にあたります。

 

CSVが生まれた経緯

CSVが生まれた経緯

CSVが生まれた経緯

 

マイケル・ポーター教授が,2011年に,ハーバード・ビジネス・レビューという経営専門誌で提唱したことが始まりです。

会員限定記事になっていますが,当時の原稿はこちらです。

 

営利企業はひたすら経営による利益を追い求め勝ちです。

その結果,公害や過労,汚職など,社会的には悪とされる事態を招いてきました。

企業の営利の追求が,必ずしも社会の利益に合致しているわけではないのですね。

 

『法人税で還元しているし雇用も生んでいるからいいだろ別に!』という主張もわかりますが,それは『悪いことをしているけど,良いこともしているから帳消しね!』という主張ともとれます。

言葉を選ばずに言えば,『僕は殺人鬼だけど,ゴミ拾いやボランティアをしたから許されるよね』と同じ論理構成です。

 

CSVの考え方は違って,『企業の本業は,企業にとっての価値(経済的利益)と,社会にとっての価値(社会的な問題の解決)の両方を追い求める』というものです。

CSVのイメージ

CSVのイメージ

 

従来は,本業で利益をガンガン追求した罪滅ぼし?として,コストをかけて慈善事業として社会貢献をするイメージでした。

一方,CSVの考え方では,本業そのものがすでに社会に対して価値をもたらすので,経済的利益も社会的な利益も同時に得られるのです。

 

企業も社会の中の一員である以上,社会の問題を解決して社会に価値をもたらすことが,結局自分たちにとっての価値として還元されるってことですね。

 

CSVが企業に与えるインパクト

CSVが企業に与えるインパクト

CSVが企業に与えるインパクト

(図はFSG社のWebサイトより)

 

上の図はFSGというコンサルティング会社による,オーストラリアの18~64歳へのインタビュー結果です。

オーストラリアにおける収益ベース上位60社について,CSV経営に力を入れている企業ほど高い名声があることがわかります。

夢や理想でCSVを語る必要はなく,現実にCSV経営に注力する企業は社会から評価されているのですね。

 

CSRと何が違うのか

CSRと何が違うのか

CSRと何が違うのか

 

伊藤園CSR推進部の笹谷秀光さんの研究論文から抽出して,上の表にまとめてみました。

CSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)は,あらゆる組織に適用されつつも,本業優先の考えのもと,社会・環境の持続可能性のために慈善事業的にこじんまりと行う活動です。

CSVは,企業経営に特化し,競争優位を保つための差別化の手段として,企業と社会との共有価値を創造する活動です。

 

CSV経営の事例

CSV経営の3つの類型

CSV経営の3つの類型

CSV経営の3つの類型

 

マイケル・ポーター教授らの論文では,CSVの3類型が紹介されています。

CSVの3類型を見れば,やはり『CSVは企業経営に特化している』ことがわかります。

 

製品と市場を見直す

製品と市場を見直す

製品と市場を見直す

 

1つ目の類型は『製品と市場を見直す』ことです。

自社の現在の事業が必ずしも社会的な課題の解決に至っていない場合があります。

そのような場合に,社会課題の解決につながるように製品・サービスや市場を見直す方法です。

 

例えば,赤ちゃん用紙おむつを自社が頑張って突き詰めていても,すでに他社が追随してこれ以上改良しても社会課題のさらなる解決にはつながらない場合が想定されます。

紙おむつの技術はすでにあるので,高齢化社会に伴う高齢者用紙おむつに市場をシフトし,新たな社会課題の解決に貢献することが考えられます。

 

バリューチェーンの生産性を再定義する

バリューチェーンの生産性を再定義する

バリューチェーンの生産性を再定義する

(図はグロービスWebサイトより)

 

2つ目の類型は『バリューチェーンを再定義する』です。

バリューチェーンとは価値の連鎖であり,図にすると例えば上の図のようになります。

 

『再定義する』の例を考えてみると,出荷物流の際に使用するトラックを電動トラックに変更することで,CO2の排出量を減らすことができます。

これはもちろん社会的な課題の解決に貢献しますよね?

SDGsで言うところの目標13への貢献です。

 

ビジネスを営む地域に産業クラスターを開発する

ビジネスを営む地域に産業クラスターを開発する

ビジネスを営む地域に産業クラスターを開発する

 

3つ目の類型は『ビジネスを営む地域に産業クラスターを開発する』です。

産業クラスターの正確な定義はありませんが,特定の地域に複数の業種や会社が寄り集まって,相互に関係しながら事業活動を行う地域のことと言えるでしょう。

 

1社のみでは社会課題の解決に貢献できる範囲は限られてきますが,複数の企業で相互に仕事を依頼し依頼され,人材の流動性も高めていくことで,地域の強力な課題解決機能を発揮することができます。

シリコンバレーがよい例ですね。

 

伊藤園〜茶殻リサイクルシステム〜

茶殻リサイクルの流れ

茶殻リサイクルの流れ

(図は伊藤園Webサイトより)

 

伊藤園のSDGsへの取り組み記事で紹介しましたが,伊藤園は『茶殻リサイクルシステム』を開発しました。

茶殻をリサイクルして新たな製品とすることで,伊藤園は『新製品による売り上げの増加』『廃棄物処理費用の低減』を実現できます。

社会としても『廃棄物発生量の減少』という課題解決(への貢献)になります。また,伊藤園は他社とのコラボで茶殻再利用製品を開発しているので,プチ産業クラスターの形成にもつながります。

まさにCSV経営の好事例ですね!

 

住友化学〜オリセットネット〜

住友化学〜オリセットネット〜

住友化学〜オリセットネット〜

(画像は住友化学Webサイトより)

 

住友化学のオリセットネットは,防虫剤が塗り込まれた蚊帳です。

自社商品としての売り上げに貢献するとともに,マラリア感染者の減少にも貢献しています。

自社の経済的利益と,社会的な利益を見事に両立していますね。

CSV経営の最たる例です。

参照

 

アーバンエナジー〜創電割とゼロエミ〜

アーバンエナジー〜創電割とゼロエミ〜

アーバンエナジー〜創電割とゼロエミ〜

(画像は同社Webサイトより)

 

JFEエンジニアリングの100%子会社に『アーバンエナジー』という電力会社があるのですが,なかなか面白い電力供給方法が特徴です。

 

創電割』は,廃棄物の処理を自社の廃棄物発電設備に委託してくれたら,廃棄物発電で得られた電力を割引きして販売する仕組みです。

ゼロエミプラン』は,再エネ100%の電力を販売する仕組みです。

 

アーバンエナジーにとっては電力収入の増加を見込めますし,社会にとっては再エネの普及が進みますし廃棄物の電力回収が進むので,CO2の排出量を減らせます。

これもCSV経営のよい事例だと思います。

 

まとめ

本記事では,CSV(Creating Shared Value)の内容と事例をご説明しました。

 

  • CSV(共有価値の想像とは?

CSVとは、マイケル・ポーター教授らの提唱がきっかけで生まれた概念で,『経済的利益の追求と社会的課題の解決を両立させていく』ことでした。

CSR(企業の社会的責任)は、本業とは別の活動であり社会・環境の持続性のために行う慈善事業みたいなものですが、CSVは本業による価値創造です。

 

  • CSV経営の事例

CSVを経営に反映させる方法として、以下の3つの類型をお伝えしました。

☑️製品と市場を見直す
☑️バリューチェーンの生産性を見直す
☑️ビジネスを営む地域に産業クラスターを開発する

 

また、CSV経営の事例として,以下をご紹介しました。

☑️伊藤園の茶殻リサイクルシステム
☑️住友化学のオリセットネット
☑️アーバンエナジーの『創電割』『ゼロエミプラン』

 

すでに経営に取り入れている企業は数多くあります。

あなたの企業でも検討してみてはいかがでしょうか?

本記事を読んでいただいたことでCSV経営の理解が少しでも深まったら嬉しいです。

 

SDGs関連の記事も充実させていますので、ぜひご覧ください。

SDGsの全17目標の内容と企業の取り組み事例一覧

コメント

  1. […] 営思想です。事例を含めて詳しく説明した記事があるので,ぜひご覧ください。 […]

  2. […] 社会的責任のこと (※2)Creating Shared Valueの略で,社会課題の解決によって社会価値と経済価値の両方を創造する取り組みのこと(事例を含めてCSVの解説記事を作ったので参照ください) […]

タイトルとURLをコピーしました