世界銀行とは?何してるところなのか簡単にまとめます。

世界銀行とは?何してるところなのか簡単にまとめます。 制度や仕組み、関連情報
世界銀行とは?何してるところなのか簡単にまとめます。

世界銀行ってすごい名前だけど、どんな銀行??

 

その疑問にお答えします。

僕もずっと気になっていたので、ひととおり調べました。

本記事では、世界銀行のことをわかりやすく解説していきます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【結論】世界銀行とは?!

世界銀行とは、一言でいうと『国際開発金融機関』です。

 

もうちょっと具体的に言うと、

 

世界銀行は、貧困削減と持続的成長の実現に向けて、途上国政府に対し融資、技術協力、政策助言を提供する国際開発金融機関

 

とされています(世界銀行の日本語サイトより)。

 

銀行ですからもちろん金融機関なのですが、『国際開発』が専門の金融機関というわけですね。

 

世界銀行の目的

世界銀行の目的

世界銀行の目的

 

世界銀行の定義にも書かれていますが、目的は以下の2です。

 

それは、途上国における

  • 貧困削減
  • 持続的成長

を実現すること、です。

 

貧困削減は、SDGsにおいても目標1『貧困をなくそう』として最初に掲げられているとおり、とても重要な課題です。

貧困はあらゆる社会課題の要因にもなっていますからね。

 

また、持続的成長はSDGs(持続的開発のための目標)とほぼ同じことで、現代においてとても重要とされている考え方です。

そして、『貧困削減』も『持続的成長』も、世界的に見たら特に途上国にニーズがあります。

貧困 とは?定義や僕たちができることを具体的に解説
貧困 について,漠然としたイメージはあるものの,具体的な定義や事情を知らない。。。本記事はそのような人に向けて書いたものです。2つの世界的機関による 貧困 の定義や,人数・割合,僕たちができることを具体的に説明します。

 

 

地球上の全国家に同じように支援していてはキリがないので、世界銀行は、特に必要としている途上国に的を絞っているわけですね。

 

世界銀行の組織

世界銀行の組織

世界銀行の組織

 

世界銀行の組織は上の図の通りで、

  • 単に『世界銀行』というとき:国際復興開発銀行(IBRD国際開発協会(IDA2
  • 世界銀行グループ全体:上記に、国際金融公社(IFC国際投資紛争解決センター(ICSD多数国間投資保証機関(MIGAを加えた5

簡単にそれぞれを役割を見て見ます。

 

  • 国際復興開発銀行(IBRD

International Bank for Reconstruction and Developmentの略です。

世界銀行グループの中でも、最初に設立された機関です。

信用貸しができる中所得の国々に対して、貧困削減に向けた融資や保証、分析サービスを提供しています。

 

  • 国際開発協会(IDA

International Development Associationの略です。

アフリカを中心とした最も貧しい国々に対して、健康と教育、インフラ整備と農業、経済開発と組織開発のための支援を提供しています。

 

  • 国際金融公社(IFC

International Finance Corporationの略です。

開発途上国の民間部門を対象に、持続可能な成長ができるように諮問サービスを提供しています。

一般的な市場投資を補完する場合に限り、投資することがあるようです。

 

  • 国際投資紛争解決センター(ICSD

International Centre for Settlement of Investment Disputesの略です。

政府と外国投資家との間の投資紛争を解決するプラットフォームの役割を担っています。

 

  • 多数国間投資保証機関(MIGA

Multilateral Investment Guarantee Agencyの略です。

投資家や貸し手に対して投資保証を提供しています。

投資保証によって開発途上国への直接投資を奨励しているわけですね。

参照

 

世界銀行が活躍する事例

世界銀行が活躍する事例

世界銀行が活躍する事例

 

世界銀行は世界各地で支援を行なっています。

以下のページでは、国別に開発実績を検索できます(英語ページです)。

Projects By Country / Area

 

また、日本がかつて開発途上国だった頃、実は世界銀行の支援を受けているのです。

発電所新幹線など、基礎的なインフラの構築に経済的な支援をしてもらいました。

ぜひ動画でご覧ください。

 

 

まとめ

本記事では、世界銀行がどのような組織なのか、どこで何をしているのかを簡単に説明しました。

以下、まとめです。

 

世界銀行は貧困削減と持続的成長の実現に向けて、途上国政府に対し融資、技術協力、政策助言を提供する国際開発金融機関です。

 

世界銀行グループ全体は以下の5つの組織から成り立っており、単に『世界銀行』という時はIBRDとIDAの2つを指します。

  • 国際復興開発銀行(IBRD
  • 国際開発協会(IDA
  • 国際金融公社(IFC
  • 国際投資紛争解決センター(ICSD
  • 多数国間投資保証機関(MIGA

 

世界銀行は世界各地でこれまで多くの支援を行なってきましたが、日本も例外ではありません。

発電所や新幹線などに多額の支援をしてもらっています。

 

今後は世界銀行を通じて、日本も多くの国々を支援していきたいものですね。

 

SDGs界隈の用語一覧

コメント

  1. […] 世界銀行とは?何してるところなのか簡単にまとめます。世界銀行。SDGsやサステナブル界隈でよく出てくるキーワードですので、基礎知識として押さえておきたいですね。本記事では、 […]

タイトルとURLをコピーしました