【パナソニック×SDGs】企業の取り組み事例をわかりやすく解説!

【パナソニック×SDGs】企業の取り組み事例をわかりやすく解説! 【SDGs】企業や個人のリアルな取り組み事例
【パナソニック×SDGs】企業の取り組み事例をわかりやすく解説!
SDGsに対する企業取り組み事例を探している
簡単に読めて,内容がまとまっている記事があればベター
✔ 取り組みとSDGsのつながりをしっかり理解しておきたい

 

そんなあなたに向けて記事を書きました。

 

本記事では,以下の情報をわかりやすくまとめて解説します。

  • パナソニック(Panasonic)の取り組み事例の全体像
  • パナソニック個別の取り組みSDGsとの関係

 

読み終えたら,あなたの中に企業の取り組み事例がまた1つ蓄積されます。

ぜひお役立てください。

 

他の会社の取り組み事例も業界別の記事から探せるようになっているので、ぜひ読んでみてくださいね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パナソニック(Panasonic)とはどんな会社?

パナソニック(Panasonic)とはどんな会社?

パナソニック(Panasonic)とはどんな会社?

 

パナソニック(Panasonic)は,日本を代表する電気機器メーカーです!

本当に様々な事業を展開しているので定義が難しいところですが,ベースは電気機器ですからね。

パナソニックの製品は日常に溢れているので,ほぼ全ての日本人がご存知だと思います。

 

創業年は1918年です。

ストーリー形式の社史がとても読みごたえがあるので,ぜひどうぞ^^

社史 - 歴史 - 企業情報 - Panasonic
1918(大正7)年の創業時から太平洋戦争や高度経済成長を経て現在に至るまでのパナソニック株式会社の社史をご紹介します。

 

1918年はこんなことが起きた年です↓

  • 現在のトヨタ紡織が設立
  • リトアニア,エストニア,ラトビア,ベラルーシ,チェコスロバキア,ハンガリー,アイスランド,アルメニア,アゼルバイジャンが独立
  • スペイン風邪が流行
  • 森永ミルクチョコレートが発売開始
  • 現在の日東電工が設立

 

新型コロナウィルスから遡ること約100年。。スペイン風邪の流行があったのですね。

そして,ヨーロッパ辺りで独立ブームが起きた模様です。

電気機器業界一覧へ

 

パナソニック(Panasonic)のSDGsに対する取り組み

パナソニックの取り組みの全体像

パナソニックの取り組みの全体像

パナソニックの取り組みの全体像

 

パナソニックは確固とした経営理念に基づいて,事業活動を通じて社会課題の解決に取り組んでいます。

SDGsは社会課題の中の一部ですから,『事業活動を通じてSDGsの達成に貢献している』と言えます。

以下の動画では,はっきりとわかりやすい語り口で,SDGs達成への取り組みが解説されているので,おすすめです。

 

パナソニックは,具体的には大きく分けて以下の9つの項目に取り組んでいます。

  1. クリーンなエネルギー社会づくりへの貢献
  2. まち全体でより良いくらしを提供
  3. 安全な交通社会づくりへの貢献
  4. お客様企業の生産性向上
  5. 循環型社会づくりへの貢献
  6. 人権が尊重される社会づくりへの貢献
  7. 多様な人材が活躍する社会づくりへの貢献
  8. 模倣品のないより良い社会づくりへの貢献
  9. 企業市民活動を通じたお役立ち

 

本記事では、上記の取り組みから厳選した以下の3つをご紹介します。

  • SDGs目標4:模倣品のないより良い社会づくりへの貢献『出前授業』
  • SDGs目標7:クリーンなエネルギー社会づくりへの貢献『創るエネルギーの拡大 ZEH住宅』
  • SDGs目標11&17:まち全体でより良いくらしを提供『サスティナブル・スマートタウンの構築』

 

【SDGs目標4】模倣品のないより良い社会づくりへの貢献『出前授業』

【SDGs目標4】模倣品のないより良い社会づくりへの貢献『出前授業』

【SDGs目標4】模倣品のないより良い社会づくりへの貢献『出前授業』

 

取り組み詳細

パナソニックSDGsに対する取り組みの『模倣品のないより良い社会づくりへの貢献』より出前授業をピックアップしました。

 

優良な商品を真似て販売している『模倣品』が、世の中には残念ながら多く存在しています。

姿形を真似ただけの低品質の模倣品により、多くの事故が発生しているのも事実です。

 

イナタ
イナタ

その模倣品を作ったメーカが罰せられるだけじゃない?

Kobol
Kobol

もちろんそのメーカーの信用はガタ落ちだよね。だけど,それだけじゃないんだ。
パナソニックの『Viera』ってテレビがあるよね?模倣品の名前が『Viira』とあ『Veira』だったら,パナソニックが作ったテレビじゃないか?って思われてしまう。模倣品の品質が悪かったら,パナソニックの信用まで巻き添えで落ちてしまうよね。

イナタ
イナタ

なるほど。だからパナソニックは模倣品対策に取り組んでいるわけか!

 

パナソニックは、模倣品のないより良い社会づくりに向けて、子供たちにモノづくりを知ってもらうため出前授業に取り組んでいます。

 

学び支援プログラムである『私の行き方発見プログラム』の一環の出前授業です。

このネーミングには、創業者である松下幸之助氏が残した『私の行き方』という言葉を活用しています。

 

中学生を対象に、社会における会社とは、利潤だけでなく多種多様な仕事や役割を担っていることを伝えています。

 

パナソニック社員による出前授業は、単なる講座だけではありません。

クイズやワークショップを含むアクティブなプログラム内容なので、中学生も楽しんで受けることができます。

 

中学生は自分の人生の進路を考える大切な時期ですから,自主的に自分の進路選択ができるよう支援しているわけですね。

 

2019年9月の出前授業のテーマがまさに『知的財産』で,模倣品の持つ怖さや,知的財産の仕組みについて,わかりやすい授業が行われたようです。

 

SDGsとの関係

目標4~質の高い教育をみんなに

目標4~質の高い教育をみんなに

 

パナソニックの出前授業は,SDGs目標4の達成に貢献しています。

 

具体的には,ターゲット4.4に該当すると考えられます。

 

知的財産に少しでも触れるだけで,興味を持って僕のように弁理士になるのもよし,研究者になるのもよし,色々な道が開けます。

技術的・職業的スキルの基礎を身に付ける切っ掛けになりますね。

 

ターゲット4.4
2030年までに、技術的・職業的スキルなど、雇用、働きがいのある人間らしい仕事及び起業に必要な技能を備えた若者と成人の割合を大幅に増加させる。

 

出前授業を受けた中学生が自分の進路を選ぶとき、仕事の内容に誇りと価値を持って選ぶことができたら、将来素晴らしいチームができますよね。

 

パワーアップ情報ファイル2019年9月号- 私の行き方発見プログラム - パナソニックキッズスクール - 企業市民活動 - CSR・環境 - 企業情報 - Panasonic
教材や出前授業を効果的に活用するための、キャリア教育のパワーアップにつながるヒントが見つかります!

 

【目標7】クリーンなエネルギー社会づくりへの貢献『創るエネルギーの拡大 ZEH住宅』

【目標7】クリーンなエネルギー社会づくりへの貢献『創るエネルギーの拡大 ZEH住宅』

【目標7】クリーンなエネルギー社会づくりへの貢献『創るエネルギーの拡大 ZEH住宅』

 

取り組み詳細

パナソニックSDGsに対する取り組みの『クリーンなエネルギー社会づくりへの貢献』からピックアップしました。

 

パナソニックは、環境ビジョン2050の中で、『2050年には創るエネルギーが使うエネルギーを超えることに挑戦しています』と宣言しています。

 

創るエネルギーを拡大する方法の1つ,パナソニックのZEHについてご紹介します。

 

ZEHとは,Zero Energy Houseの略で,自宅で『創るエネルギー』が『使うエネルギー』よりも大きい住宅のことです。

 

エネルギー消費を抑えるために,主に外壁の断熱性能を高めています。

エネルギーを創り出すために,太陽光発電やエネファーム等を組み合わせています。

 

このように,消費エネルギーを抑える一方で,エネルギーをより多く創ることで、地球環境を守る住宅です。

 

SDGsとの関係

目標7~エネルギーをみんなに そしてクリーンに

目標7~エネルギーをみんなに そしてクリーンに

 

パナソニックのZEHは,SDGs目標7の達成に貢献しています。

 

具体的には,まずはターゲット7.2だと考えられます。

太陽光発電によるエネルギー創出量が増えるので,『再生可能エネルギーの割合』の増加に貢献しています。

ターゲット7.2
2030年までに、世界のエネルギーミックスにおける再生可能エネルギーの割合を大幅に拡大させる。
また,家の断熱性能を高めることで,エネルギー消費を抑えられる,つまり『エネルギー効率』を向上することにつながります。
ターゲット7.3
2030年までに、世界全体のエネルギー効率の改善率を倍増させる。

 

 

【目標11&17】まち全体でより良いくらしを提供『サスティナブル・スマートタウンの構築』

【目標11】まち全体でより良いくらしを提供『サスティナブル・スマートタウンの構築』

【目標11】まち全体でより良いくらしを提供『サスティナブル・スマートタウンの構築』

 

取り組み詳細

パナソニックSDGsに対する取り組みの『まち全体でより良いくらしを提供』からピックアップします。

 

パナソニックは、なんと大規模な街づくりにも着手しているのです。

 

神奈川県藤沢市にある、『Fujisawaサスティナブル・スマートタウン』。

↓こんな感じの街です。

Fujisawaサスティナブル・スマートタウン

Fujisawaサスティナブル・スマートタウン

(画像は同社Webサイトから引用)

 

パナソニックの工場跡地を活用し,同社の技術と総合力を活かして創り上げる、100年先の未来を見据えた街です。

 

パートナー企業や自治体との協働により、エコでスマートな暮らしができる街を実現しています。

 

約19ヘクタールの敷地には,1,000世帯の住宅、健康・福祉・教育施設、商業施設、集会所などが完成時に立ち並ぶことになり、エネルギー、セキュリティ、モビリティ、ウェルネス、コミュニティの5つのスマートービスによって支えらえることになります。

 

  • エネルギー

全戸建て住宅に,太陽光発電設備と蓄電池を完備。エネルギーを自給し,災害時にも持ちこたえられるように設計。

 

  • セキュリティ

自分たちで助け合う『自立互助』を目指す。スマートテレビで防災情報を配信する仕組みも導入。

 

  • モビリティ

EV(電動自動車)や電動サイクルなどのシェアリングサービスを導入。

 

  • ウェルネス

特別養護老人ホームやサービス付き高齢者住宅、保育所、学童保育、学習塾などを、すべて一つの施設内で展開し,交流を促進。

 

  • コミュニティ

街と住民をつなぐポータルサイトを運営。

 

新しいサービスや技術の実証に際しては,住民や多数のパートナーが連携し話し合いながら進めているそうです。

 

SDGs自体が地球に生きる全員参加の取り組みだからこそ、街に住む一人一人の声を拾うことが重要。

 

『自分が何をすべきか、何ができるか、どう行動するか』を引き出す仕組みを作っているのですね。

 

SDGsとの関係

目標11~住み続けられるまちづくりを

目標11~住み続けられるまちづくりを

 

Fujisawaサスティナブル・スマートタウンは,SDGs目標11の達成に貢献します。

 

具体的には,ターゲット11.3です。

 

都市機能がほぼ簡潔しているので『包摂的』ですし,エネルギー自給や,住民参加型で互助する仕組みなどは『持続可能』と言えると思います。

ターゲット11.3
2030年までに、包摂的かつ持続可能な都市化を促進し、全ての国々の参加型、包摂的かつ持続可能な人間居住計画・管理の能力を強化する。

 

もう1つは,目標17だと考えます。

SDGsの目標17『パートナーシップで目標を達成しよう』

SDGsの目標17『パートナーシップで目標を達成しよう』

 

具体的には,ターゲット17.17ですね。

Fujisawaサスティナブル・スマートタウンには,パナソニックだけではなく,計18の企業や大学,自治体が多数関わっています。

まさに『官民,市民社会のパートナーシップを奨励・推進』していますね。

ターゲット17.17
さまざまなパートナーシップの経験や資源戦略を基にした、効果的な公的、官民、市民社会のパートナーシップを奨励・推進する。

 

まち全体でより良いくらしを提供する「サスティナブル・スマートタウン」 - 社会課題への取り組み事例(SDGsとの関連) - CSR・環境 - 企業情報 - Panasonic
社会課題への取り組み事例 まち全体でより良いくらしを提供する「サスティナブル・スマートタウン」をご紹介します。

 

まとめ

本記事では,パナソニック(Panasonic)SDGsに対する取り組みを紹介しました。

 

  • 取り組みの全体像

パナソニックは,経営理念に基づいて,事業を活動を通じて社会課題の解決に取り組んでおり,その中でSDGsの達成にも貢献しています。

 

SDGsに対する取り組みの項目としては,大きく以下の9つです。

  1. クリーンなエネルギー社会づくりへの貢献
  2. まち全体でより良いくらしを提供
  3. 安全な交通社会づくりへの貢献
  4. お客様企業の生産性向上
  5. 循環型社会づくりへの貢献
  6. 人権が尊重される社会づくりへの貢献
  7. 多様な人材が活躍する社会づくりへの貢献
  8. 模倣品のないより良い社会づくりへの貢献
  9. 企業市民活動を通じたお役立ち

 

また,上記の中から具体的な取り組みを見つけ出して,以下の3つを紹介しました。

 

  • 【SDGs目標4】模倣品のないより良い社会づくりへの貢献『出前授業』

中学生を対象として,キャリア教育を実施。

2019年9月には,模倣品対策として知的財産に関する授業を実施。

 

  • 【SDGs目標7】クリーンなエネルギー社会づくりへの貢献『創るエネルギーの拡大 ZEH住宅』

太陽光発電とエネファーム等を組み合わせてエネルギーを創出し,家の断熱性能を高めて消費エネルギーを減らす。

消費エネルギーよりも創出エネルギーを多くすることでクリーンエネルギーの創出に貢献。

 

  • 【SDGs目標11&17】まち全体でより良いくらしを提供『サスティナブル・スマートタウンの構築』

神奈川県藤沢市に,100年先の居住を見据えた『Fujisawaサスティナブル・スマートタウン』を構築。

住民参加型の暮らしを5つのスマートサービスで支える。

 

以上です。

 

イナタ
イナタ

『この会社の取り組みはSDGs的にどうなの?』っていうものがあったら,ぜひコメントでお知らせくださいね~!

Kobol
Kobol

そうそう!僕が分析して,SDGsとのつながりをブログで解説しますよ^^
他にも,『SDGsのここがわからない』『もっと詳しく知りたい』『こんにちは』など,コメントをいただければすごく嬉しいです!

 

【参考】

  • 電気機器業界の企業をまとめて見るならこちら↓

電気機器業界一覧へ

 

  • 住宅設備業界の企業の取り組み事例はこちら↓

住宅設備業界一覧へ

 

  • 企業や個人の取り組みカテゴリートップはこちら↓

SDGsの取り組み事例を知る

 

  • 制度全般カテゴリートップはこちら↓

SDGsの基本を知る

コメント

  1. […] 【パナソニック×SDGs】企業の取り組み事例をわかりやすく解説!SDGsに対する企業の取り組み事例,今回は『パナソニック(Panasonic)』の取り組みをまとめました!特に,取り組みとSDGs […]

  2. […] 【パナソニック×SDGs】企業の取り組み事例をわかりやすく解説!SDGsに対する企業の取り組み事例,今回は『パナソニック(Panasonic)』の取り組みをまとめました!特に,取り組みとSDGs […]

タイトルとURLをコピーしました