【SDGs】個人の取り組み①-ハンカチを使う

SDGsへの貢献-ハンカチを使う 【SDGs】企業や個人のリアルな取り組み事例
SDGsへの貢献-ハンカチを使う

SDGs(エス・ディー・ジーズ)という言葉を聞いて、

『自分も何かやらなきゃいけないのかな?』

とザワザワししますか?

 

安心してください。

 

SDGs個人に無理強いするようなものではないです。

ただ、

『何かやってみようかな♪』

という想いが脳裏をかすめたのなら、本記事を参考にしてほしいです。

 

願わくば、最初の一歩を踏み出せますように。

 

本記事では、個人レベルの活動として、『ハンカチを使う』という行動でSDGsの達成に貢献することについて、SDGsとの関連も含めてまとめています。

 

他にもこんな↓個人の取り組みも紹介していますよ~!

【SDGs】個人の取り組み②-『少なめで!』の一言で世界を変える
SDGsの達成に向けた個人の取り組みとして,「少なめで!」と食べられる分量だけ注文することを紹介します。SDGsの目標7・目標12との関係をしっかりと説明します。無理なくできる取り組みなので、僕はコツコツと継続していきます。
【SDGs 】個人の取り組み③-家庭菜園はプラスの面だけではない
SDGsに関する個人の取り組みとして,『家庭菜園』についてまとめます。どのようにSDGsの達成に寄与していくのか,ターゲットまで落とし込んで詳しくお伝えします。他の記事と違うのは,メリットだけでなくデメリットも隠さずに指摘する点です。総じてメリットが大きいと思うので,個人的には推しなんですけどね^^
【SDGs】個人の取り組み④:ストローを使わないというアクション
SDGs(持続可能な開発目標)の達成に向けて,個人にもできる取り組みがあります。今回は『ストローを使わない』という取り組みについて,SDGsとの関係を含めて解説します。『数は力』なので,数十億人のパワーで大きな成果を生み出したいですね!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SDGsと聞いても身構えないでOK

SDGsは、『2030年までの達成を目指して国連が定めた、世界共通の17個の目標』と考えてもらえたらOKです。

こう書くと、『国連』『世界』などという仰々しい言葉が入ってしまうので、身構えちゃうんですよね〜(>_<)

 

そして、自分とは遠い世界の話題のように感じて、意識から遠ざけてしまう。

 

当然の反応だと思います。

 

ただ、少し待ってください。

 

こう言われたらどうですか?

 

『節水にご協力を。』

節水にご協力を

節水にご協力を

 

家庭の蛇口が思い浮かんで、一気に身近な話題になったと思いませんか?

 

SDGsなんてそんなもんです。

 

『そんなもん』で片付けてしまったら国連の皆々様に大変失礼でしたね。

 

ですが,SDGsを分解していくと、個人レベルの草の根活動だったりします。

 

一度分解して出来た個人レベルの草の根活動を束ねていくことで、大きな力になってSDGsの達成に大きく貢献していくことになります。

 

なので、始まりは『節水』程度の個人レベルの活動なのです。

 

SDGsに関して根本的なところから記事を作りました。良ければ参考になさってください。

SDGsのどれから選ぶ?

SDGs-17個の目標と169個のターゲット

SDGs-17個の目標と169個のターゲット

 

SDGsは17個の目標から構成されます。

 

さらに、17個の目標を分解した『ターゲット』というものが169個あります。

 

実際に行動するときのベンチマークを見つけるなら、ターゲットから探すと良いです。

 

なぜなら、17個の目標抽象的な表現で規定されているのですが、169個のターゲットはかなり具体的に記述されていて行動を想像しやすいからです。

 

ターゲットを探しやすいように辞書がわりの記事を作ってあるので、ぜひお使いください。

 

169個もあると、一体どれから手をつけていいのやら。。。と迷ってしまいますよね。

 

安心してください。

 

個人の取り組みにふさわしい手軽なターゲットをご紹介します。

 

ハンカチ利用で手軽にSDGsへの第一歩を

SDGs達成に向けた個人の取り組みとして、僕はハンカチを使うようにしています。

 

ハンカチを使うことがどのようにSDGsの達成に貢献するか、見ていきます。

 

ターゲット7.3につながる

7.3
2030年までに、世界全体のエネルギー効率の改善率を倍増させる。

 

ターゲット7.3は、エネルギー効率の改善を目指すものです。

 

トイレや洗面台で手を洗った後、あなたはエアードライヤーを使いますか?

 

僕もエアードライヤーを使っていました。

 

ですが、ハンカチに切り替えました。

 

エアードライヤーで手を乾かすのと、ハンカチを使ってそれを洗濯するのと、どちらのエネルギー効率が高いでしょうか?

 

僕はエネルギー業界の技術職として働いていますが、明らかに後者の方がエネルギー効率が高いです。

 

まず、空気を圧縮して吹き出させること自体、かなり効率が悪いことなのです。

 

次に、エアードライヤーは個々のユーザーごとに作動しますが、洗濯は他の衣類と一緒に行いますよね?

 

他の衣類にハンカチが1枚紛れていても、そのハンカチにかかるエネルギーなんて誤差みたいなものです。

 

エアードライヤーではなくハンカチを使う

 

エネルギー効率を向上させることのできる個人の取り組みです。

 

簡単にできますよね?

 

エアードライヤーが普及する前はハンカチを使っていたのですから、無理な話ではありません。

 

むしろ、ハンカチの方が清潔かもしれませんよ?

 

エアードライヤーの中でも強力なジェットドライヤーは、ペーパータオルよ190倍も細菌を拡散させるという研究結果もあるほどです。

トイレの「ジェットドライヤー」はウイルスを大量に拡散する:調査結果
トイレに備え付けられる最新型のジェット式ハンドドライヤーは、通常タイプの温風ドライヤーの20倍、ペーパータオルの190倍以上の量のウイルスを拡散するという研究結果が発表された。

 

そう考えると、ゾッとしますよね。。!!

 

ターゲット13.3につながる

13.3
気候変動の緩和、適応、影響軽減及び早期警戒に関する教育、啓発、人的能力及び制度機能を改善する。

『気候変動の緩和』『に関する』『啓発』につながる取り組みになります。

 

気候変動(主には温暖化)の元凶として槍玉に上げられているのは,二酸化炭素です。

 

二酸化炭素が持つ温室効果のせいで,地球の気温が上昇しているという話でしたね。

 

エアードライヤーを使うと,電力を消費します。

 

経済産業省の資料(P.19の図を参照)によると,2017年の時点で,日本の電力の約75%は火力発電で賄われています。

日本の電力の75%は火力発電で賄われている

日本の電力の75%は火力発電で賄われている

 

つまり,全国的に平均すると,エアードライヤーを作動させた電力の約75%は火力発電で賄われているのです。

 

ということは,エアードライヤーを作動させるたび,二酸化炭素の排出を促進しているのです。

 

簡単に試算してみます。

CO2排出係数』という指標があります。

この指標は、電力kWhあたりどれくらいのCO2を排出するかを表すもので,各電力会社が発表しています。

 

例えば,エアードライヤーの使用場所を職場に限定して以下の仮定を置いてみます。

  • 労働人口をざっくり20歳~60歳の6000万人
  • そのうち20%がエアードライヤーのある職場で勤務
  • 1人あたり1日のエアードライヤー使用時間を20秒間短縮
  • 標準的なエアードライヤーの消費電力を0.5kW
  • 東京電力のCO2排出係数を0.000496t・CO2/kWh

 

これでどれくらいのCO2削減効果があるか計算してみます。

0.5(kW)×20/3600(h)×0.000496(t・CO2/kWh)×60,000,000(人)×0.2×365(日/年)

=6,034(t・CO2/年)

 

1年間に約6,000トンのCO2排出量を減らすことができます。

 

これは,全員がエアードライヤーを使わなくなるという極端なケースですが,数千トンレベルでの削減効果がありそうですよね。

 

ハンカチを使うことでCO2の排出量の削減につながります。

その結果,『気候変動の緩和』につながります。

この行動が『啓発』になることは間違いなしです。

 

ターゲット15.2につながる

15.2
2020年までに、あらゆる種類の森林の持続可能な経営の実施を促進し、森林減少を阻止し、劣化した森林を回復し、世界全体で新規植林及び再植林を大幅に増加させる。

森林減少を阻止し』の部分に貢献できるんです。

 

どういうことか説明します。

 

皆さん、エアードライヤーがないと、ペーパータオルを使うことって多いですよね?

 

ペーパータオルがくせものです。

 

再生紙の割合がそれなりにあると思いますが、紙の原料は木です。

 

間伐材や製材クズなどの余り物を使っていることになっていますが、木は木です。

 

ハンカチを使うことでペーパータオルの使用量を減らすことができ、木⇒紙の流れを少なくすることができます。

 

結果的に、森林の減少を抑制できると言えます。

ハンカチを使って森林減少を抑制

ハンカチを使って森林減少を抑制

 

おわりに

ハンカチ使用でSDGsの3つのターゲットにつながる

ハンカチ使用でSDGsの3つのターゲットにつながる

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

 

SDGs達成に貢献する個人取り組みとして、

ハンカチを使う

ことを説明しました。

 

また、以下のターゲットの達成に貢献していると説明しました。

  • ターゲット7.3
  • ターゲット13.3
  • ターゲット15.2

 

ターゲットがいくつも合わさって目標を形成しているので、結果的には、以下の目標の達成に貢献することになります。

  • 目標7: エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 目標13: 気候変動に課題的な対策を
  • 目標15: 陸の豊かさも守ろう

 

SDGsの3つの項目に貢献できるなんて、ハンカチを使うことはなかなか良いSDGs達成行動ですね!

 

すごく手軽に取り組めるのに!

 

無理にとは言いませんが,あなたもハンカチ活動,いかがですか?

 

イナタ
イナタ

こんなアクションはSDGsに貢献するの?』っていうものがあったら,ぜひコメントでお知らせくださいね~!

Kobol
Kobol

そうそう!僕が分析して,SDGsとのつながりをブログで解説しますよ^^
他にも,『SDGsのここがわからない』『もっと詳しく知りたい』『こんにちは』など,コメントをいただければすごく嬉しいです!

 

【参考】

  • 企業や個人の取り組みカテゴリーの記事はこちら↓

SDGsの取り組み事例を知る

 

  • 制度全般カテゴリーの記事はこちら↓

SDGsの基本を知る

コメント

  1. […] SDGs | 個人の取り組み①-ハンカチを使うSDGsの達成に向けた個人の取り組みとして,「ハンカチを使う」ことを紹介します。どのようにSDGsと関係しているのかをしっかりと説明します。手 […]

  2. […] SDGs | 個人の取り組み①-ハンカチを使うSDGsの達成に向けた個人の取り組みとして,「ハンカチを使う」ことを紹介します。どのようにSDGsと関係しているのかをしっかりと説明します。手 […]

タイトルとURLをコピーしました