【SDGs】個人の取り組み⑧:寄付〜アプリを使う直接寄付の方法〜

【SDGs】個人の取り組み⑧:寄付〜アプリを使う直接寄付の方法〜 企業や個人の取り組み事例
【SDGs】個人の取り組み⑧:寄付〜アプリを使う直接寄付の方法〜

寄付をしてみようと思うんだけど、直接できる仕組みはあるのかな。。?なるべく手軽に寄付できたらいいな~

必要なところに寄付を直接届けられたらいいですよね。

しかも最初はハードルが高いですから、気軽にできたら助かります。

本記事では、アクトコインのアプリを使って団体に直接寄付をする方法について、僕個人の取り組みをご説明します。

取り組みとSDGsとの関係もしっかり説明しますよ~!

SDGsを3分間で簡単に理解する

 

あなたが『ここに寄付したいな』と思える団体に、気軽に、そして直接寄付できるようになりますので、最後まで読んでいただけたら嬉しいです(^^)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アクトコインとは?

アクトコインとは?

アクトコインとは?

アクトコインは、ITベンチャー『ソーシャルアクションカンパニー』が仕掛けるプラットフォームです。

アクトコインでは、社会貢献の個人履歴を可視化して、ブロックチェーンに記録して残します。

改ざんできない正しい履歴を残していくことで、個人のデジタル版社会貢献手帳のような仕組みを作ることで、社会貢献が当たり前のように行われる未来を創ろうとしています。

【アクトコイン】ブロックチェーンでデジタル版の社会貢献手帳を!
社会貢献を見える化するプラットフォーム『アクトコイン 』では,ブロックチェーンで社会貢献記録を残します。まるで『健康手帳』のように社会貢献記録をデジタルで蓄積する『社会貢献手帳』が実現したら,人の社会的な評価軸が変わるのではないでしょうか。

 

僕はアクトコインでプロボノ(スキルを活かしたボランティア)をしているので、プラットフォームとしての成長を支援しながら、1人のユーザーとして活用しています。

アクトコインの公式Webサイト

 

直接寄付の流れ

直接寄付の流れ

直接寄付の流れ

上の画像は、アクトコインのアプリを使い寄付を直接行う流れを示したものです。

1つずつ説明しますね。

 

  • 手順1:【無料】アクトコインに登録
手順1:【無料】アクトコインに登録

手順1:【無料】アクトコインに登録

アクトコインにユーザー登録を行います。

無料ですので、気兼ねなくどうぞ。

FacebookやTwitterなどのSNSを使って登録すると簡単です。

アクトコインはWeb版もアプリ版もありますので、利用シーンに応じて使い分けてください。

 

  • 手順2:寄付先の団体を検索
手順2:寄付先の団体を検索

手順2:寄付先の団体を検索

アクトコインのアプリにある『寄付』から厳選の団体を調べることも可能ですが、まだ数が少ないので、僕は自分で調べました。

僕が寄付先を調べたサイトは、日本財団が運営するCANPANプロジェクトのWebサイトです。

CANPANのいいところは以下です。

✅日本財団が運営していて信頼感がある
✅団体名やキーワードで検索できる
✅団体の情報開示レベルが★★★★★5段階で表示されている
✅他の認証の有無がマークで分かる

 

CANPANなら情報開示レベルが高い団体や他の認証を取得している団体から選ぶことができます。

また、自分が気になるキーワード、例えば『障がい』『食料』『孤児』などで検索することも可能です。

せっかく身銭を切って寄付をするのですがら、透明性が高く信頼できる団体を選びたいものですよね。

僕は『知多』『障がい』『子ども』をスペースで区切って検索した結果、『特定非営利活動法人TSUBAME』さんに決めました。

情報開示レベルは最高レベルの5だし、地元に近い施設だし。

障がいを持って生まれた子どもが地元にいる。。僕にとっては,それだけで寄付する理由は十分です。

 

  • 手順3:寄付先の団体にコンタクト
手順3:寄付先の団体にコンタクト

手順3:寄付先の団体にコンタクト

団体へは、自分で直接コンタクトを取ります。

アクトコインのアプリで完結できたら便利なのですが、まだそこまでの機能はありません。

僕はTSUBAMEさんのホームページにある連絡先に直接問い合わせました。

仮にまったく知らない団体にコンタクトをするのだとしたら。。少し腰が引けてしまいますよね。

僕は幸運にも、とても感じのよい代表者の女性とやりとりできたので、気持ちよく寄付することができました。

 

ただ、考えてみてください。

あなたは寄付をしようとしているのです。

そこにはなんの後ろめたさもなく、ただただ暖かい気持ちがあり、人の役に立つ素晴らしい行いがあるのみです。

自信を持ってコンタクトしてみてほしいです。

 

  • 手順4:寄付する
手順4:寄付する

手順4:寄付する

僕がTSUBAMEさんにコンタクトしたときは、とても喜んでくださいました。

そして振込先の口座を教えていただき、すぐに振り込むことができました。

近年ではネット銀行で簡単に振込をすることができるので、寄付のハードルが少し下がったと思います。

 

  • 手順5:寄付証明書をもらう
手順5:寄付証明書をもらう

手順5:寄付証明書をもらう

アクトコインのアプリで寄付実績を申請して自分の記録として残すために、寄付証明書をもらっておきます。

僕の場合は、TSUBAMEの窓口の方にお願いしたら、快く発行してくださいました。

アクトコインでの申請ではJPEG形式のデータをアップロードするので、寄付証明書をデータで送ってもらうならJPEG形式がおすすめです。

 

  • 手順6:アクトコインで証明書をアップロード、申請
手順6:アクトコインで証明書をアップロード、申請

手順6:アクトコインで証明書をアップロード、申請

アクトコインのアプリまたはWebサイトから『寄付』のページに行き,寄付証明書をアップロードします。

数日以内にはアクトコインのスタッフによって審査されて、適切な申請書であれば承認されます。

承認されると、ブロックチェーンに記録され、あたなの寄付履歴がしっかり残ります。

と同時に、寄付額の10%のトークンがもらえます。

寄付するとアクトコインをもらえる

寄付するとアクトコインをもらえる

 

トークンは、

✅賛同(SNSでシェア)
✅デイリーアクション
✅プロジェクトへの参加
✅寄付

をすることでもらえるので、ぜひいろいろと社会貢献活動をして貯めてくださいね🤗

 

アクトコインを使う理由

寄付をする際、僕がなぜアクトコインを使うのかを説明します。

理由は以下の2です。

 

理由1:寄付の履歴がブロックチェーンに記録される

理由1:寄付の履歴がブロックチェーンに記録される

理由1:寄付の履歴がブロックチェーンに記録される

自分が寄付した事実って、時間とともに忘れていくものです。

人間ですからね。

しかし、自分がどのように社会に貢献したかを振り返ることができれば、自己効力感が高まるし、寄付のバランスも把握できます。

ブロックチェーンに記録されるので並大抵のハッキングでは消せないですし,個人の社会貢献の履歴なんてハッカーが狙う意味がありません。

自分の社会貢献履歴がしっかり残っていくことに,僕は意味を見出しています。

 

理由2:団体に寄付を『直接』行うことができる

理由2:団体に寄付を『直接』行うことができる

理由2:団体に寄付を『直接』行うことができる

アクトコインのアプリで『寄付』の欄に載っている団体については、Congrant(コングラント)というプラットフォームを介して寄付することができます。

プラットフォームを利用する以上、そこにある程度の手数料を払うのは自然です。

色々な手続きを省いてくれて便利にしてくれているのですから。

 

ただ,やはり『間接的な寄付』になってしまいます。

コングラントに掲載されていない団体も世の中には多いですし、寄付を直接できるに越したことはありません。

なので今回は、自分の価値観に合う団体を探してコンタクトし、寄付直接行うことにしたのです。

 

SDGsとの関係: 目標10『人や国の不平等をなくそう』

 SDGsとの関係: 目標10『人や国の不平等をなくそう』


SDGsとの関係: 目標10『人や国の不平等をなくそう』

寄付SDGsのどの目標に対応するのか、少し判断に迷いました。

なぜなら、お金は何にでも活用することができるので、使い方によってはどの目標にも貢献できるからです。

寄付先の団体の活動によって、SDGsの目標が変わるわけですね。

 

今回寄付したTSUBAMEさんは、障がいを持つ子ども達の成長をサポートする施設で、

  • 児童発達支援
  • 放課後等デイサービス

の事業を運営しています。

 

子どもたちが障がいに関わらず成長して、社会的、経済的に不自由なく暮らしていけるように支援しているのです。

SDGsのターゲットとしては、10.2だと考えられます。

ターゲット10.2
2030
年までに、年齢、性別、障害、人種、民族、出自、宗教、あるいは経済的地位その他の状況に関わりなく、全ての人々の能力強化及び社会的、経済的及び政治的な包含を促進する。

 

まとめ : アクトコインを利用し寄付を直接行うことで、SDGs目標10に貢献

本記事では、SDGs達成に向けた個人の取り組みとして、寄付直接行う方法をご紹介しました。

利用したシステムは、社会貢献を可視化する『アクトコイン』です。

今回は,障がいを持つ子どもたちの支援施設『特定非営利活動法人TSUBAME』さんに、寄付をさせていただきました。

もしアクトコインを利用した寄付に興味をもってくださったら,こちら↓から登録してみてくださいね。無料で使用できるプラットフォームなので,お気軽に^^

アクトコインにユーザー登録

 

僕が実践する個人の取り組みを一覧にしてあるので、ぜひ参考にしてください😊

SDGs~個人の取り組み一覧

コメント

  1. […] 【SDGs】個人の取り組み⑧:寄付〜アプリを使う直接寄付の方法〜SDGs達成に向けた個人の取り組みを紹介するシリーズです。今回は,アクトコインのアプリを使って寄付を直接行ったこ […]

  2. […] 個人の取り組み:アプリで寄付 […]

タイトルとURLをコピーしました