【朝日新聞×SDGs】企業の取り組み事例をわかりやすく解説

【朝日新聞×SDGs】企業の取り組み事例をわかりやすく解説 企業や個人の取り組み事例
【朝日新聞×SDGs】企業の取り組み事例をわかりやすく解説
SDGsに対する企業取り組み事例を探している
簡単に読めて,内容がまとまっている記事がいい
✔ 取り組みとSDGsのつながりをしっかり理解しておきたい

 

そんなあなたに向けて、本記事では以下の情報をわかりやすくまとめて解説します。

  • 朝日新聞の取り組み事例の全体像
  • 朝日新聞個別の取り組みSDGsとの関係

 

読み終えたら,新聞業界における企業の取り組み事例の理解が深まりますよ(^^)

ぜひお役立てください。

 

他の会社の取り組み事例も業界別の記事から探せるようになっているので、ぜひ読んでみてくださいね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝日新聞の会社概要

朝日新聞の会社概要

朝日新聞の会社概要

朝日新聞は、日本の大手新聞社の1つです。

明治12年に操業しており、新聞の歴史の長さを感じさせますね。

意外に知られていない事実ですが、夏目漱石石川啄木も入社しているんですよ。

新聞業界の他の会社の取り組み

 

朝日新聞のSDGsに対する取り組み

朝日新聞SDGsに対する取り組みを3つに絞ってご紹介します。

 

 

【SDGs目標3】認知症フレンドリープロジェクト

【SDGs目標3】認知症フレンドリープロジェクト

【SDGs目標3】認知症フレンドリープロジェクト

取り組み詳細

朝日新聞SDGsに対する取り組み『認知症フレンドリープロジェクト』についてご紹介します。

 

男女ともに長寿命化し、超高齢化社会と呼ばれる現代。

認知症になる人も増え、2025年には日本国内で700万人が認知症になると予測されています。

 

朝日新聞は、認知症の人が今まで住み慣れた街で安心して暮らしていける『共生社会』を考えるきっかけとなる活動をしています。

その理念は『報道や事業を通して誰一人取り残さない世界』の実現であり、本人の想いに寄り添うことを念頭に取り組んでいます。

 

認知症フレンドリープロジェクトでは、認知症をテーマにしたシンポジウム、イベントだけでなく、ウェブメディア『なかまぁる』の立ち上げなどで、社会に問題提起をしています。

 

また、大人向けの『認知症フレンドリー講座』、小学生向けの『認知症フレンドリーキッズ授業』など、誰もが自分事として考えられるような、体験型の講座も提供しています。

VR体験、本人インタビューの視聴などを通して、認識や理解を深めることができます。

 

SDGsとの関係

SDGsの目標3-すべての人に健康と福祉を

SDGsの目標3-すべての人に健康と福祉を

朝日新聞の認知症フレンドリープロジェクトへの取り組みは、SDGs目標3の達成に貢献しています。

具体的には、ターゲット3.dだと考えられます。

ターゲット3.d
全ての国々、特に開発途上国の国家・世界規模な健康危険因子の早期警告、危険因子緩和及び危険因子管理のための能力を強化する。

認知症は高齢化社会とセットですが、国の成熟に伴って日本以外の国も高齢化が進みます。

なので、『国家・世界的規模の健康危険因子』に該当します。

朝日新聞は、認知症に関して情報を発信、教育に取り組むことで、認知症の早期警告や緩和、危険因子管理能力を高める後押しをしているわけですね。

出典

 

【SDGs目標3&目標8】ネクストリボンプロジェクト

【SDGs目標3&目標8】ネクストリボンプロジェクト

【SDGs目標3&目標8】ネクストリボンプロジェクト

取り組み詳細

朝日新聞SDGsに対する取り組み『ネクストリボンプロジェクト』についてご紹介します。

朝日新聞は、『がんとの共生社会を目指して』をミッションとして、『がんになっても、安心して働き、暮らせる社会』『がん検診を受けるのが当たり前の社会』の実現に向けて取り組んでいます。

 

日本5大疾病として、厚生労働省からも重点課題として取り上げられている『がん』。

今や2人に1人はがんになると言われています。

 

最近では、高度先進医療の発達で、『がん=死』というイメージの病気から、『がん=長く付き合う慢性病』に変化してきました。

しかし、がん治療をしながら働かなければいけない人が増える一方、従来のイメージから就労に問題が起きる事態が発生しています。

朝日新聞のアンケートによると、

  • がん診断後に約3割の人が退職や解雇
  • がん診断後の収入は半減
  • 働くことががん患者の心の支え

などが読み取れます。

 

朝日新聞は、『ネクストリボンプロジェクト』を通して、シンポジウムやトーク&ライブ、チャリティイベントで、がんについて広く知ってもらうことに取り組んでいます。

そして、

  • がんになっても、安心して働き、暮らせる社会
  • がん検診を受けるのが当たり前の社会

の形成を目指して取り組んでいます。

 

ネクストリボンのロゴは朝日新聞が作ったもので、『互いに支え合い、みんなが幸せになれる一つの社会に』という願いを込めて、それぞれ色の違うリボンで四つ葉のクローバーを表現したそうです。

 

SDGsとの関係1:目標3

SDGsとの関係1:目標3

SDGsとの関係1:目標3

朝日新聞のネクストリボンプロジェクトへの取り組みは、SDGs目標3の達成に貢献しています。

具体的には、ターゲット3.dだと考えられます。

ターゲット3.d
全ての国々、特に開発途上国の国家・世界規模な健康危険因子の早期警告、危険因子緩和及び危険因子管理のための能力を強化する。

がんは国家・世界的な健康危険因子と言えますし、ネクストリボンプロジェクトによる情報発信や啓発を行うことで大勢に認知される結果、早期警告の効果を見込めます。

 

SDGsとの関係2:目標8

SDGsとの関係2:目標8

SDGsとの関係2:目標8

また、朝日新聞のネクストリボンプロジェクトは、SDGs目標8の達成にも貢献しています。

具体的には、ターゲット8.5だと考えられます。

ターゲット8.5
2030年までに、若者や障害者を含む全ての男性及び女性の、完全かつ生産的な雇用及び働きがいのある人間らしい仕事、並びに同一労働同一賃金を達成する。

がんの種類によっては、障がい者として福祉サービスを受けることができるものもあるので(参照サイト)、ターゲット8.5の『障害者』と考えることができます。

がんになっても不条理な働き方にならないような社会を形成していきたいですね。

がんは決して他人事ではないのですから。

出典

 

【SDGs目標17】クラウドファンディングA-port

【SDGs目標17】クラウドファンディングA-port

【SDGs目標17】クラウドファンディングA-port

取り組み詳細

朝日新聞SDGsに対する取り組み『A-port』についてご紹介します。

朝日新聞は、『SDGsの認知度を高める』ことをミッションとして、SDGsで未来を変えるために活動する人々を『クラウドファンディングA-port』で応援しています。

 

徐々に普及し始めたSDGsの取り組みですが、それでも認知度はまだまだ低いと言わざるを得ません。

何から始めたらいいのか分からない』と悩みを抱えている人が多いことが調査で分かっています。

 

朝日新聞ならではの情報発信力拡散力幅広い世代へのリーチ力を生かして、誰もが等しく挑戦できるクラウドファンディングで支援する方法を立ち上げました。

それがA-portです。

自分が支援したいプロジェクトに、クラウドファンディングを通して誰でも携わる事が出来ます。

 

また、記者経験者によるストーリー構成、メディア掲載プラン、PR戦略を行いプロジェクトをトータルプロデュースをして応援しています。

 

SDGsとの関係

SDGsの目標13-気候変動に具体的な対策を

SDGsの目標13-気候変動に具体的な対策を

朝日新聞のA-portへの取り組みは、SDGs目標17の達成に貢献しています。

具体的には、ターゲット17.17だと考えられます。

ターゲット17.17
さまざまなパートナーシップの経験や資源戦略を基にした、効果的な公的、官民、市民社会のパートナーシップを奨励・推進する。

クラウドファンディングは、広く浅く資金を調達する資源戦略と言えますし、市民社会のパートナーシップですよね。

出典

 

まとめ

本記事では,朝日新聞SDGsに対する取り組みを紹介しました。

 

具体的な取り組みとして,以下の3つを紹介しました。

 

  • 【SDGs目標3】認知症フレンドリープロジェクト

国民病となりつつある認知症について、情報発信のためのウェブメディア『なかまぁる』の運営や、大人向け『認知症フレンドリー講座』、子ども向け『認知症フレンドリーキッズ授業』を提供。

 

がん患者の実情を広く知ってもらうために、シンポジウムやチャリティイベントを開催。四葉のクローバーを模したロゴには『互いに支え合い、みんなが幸せになれる一つの社会に』という意味が込められている。

 

  • 【SDGs目標17】クラウドファンディングA-port

誰もが気軽に事業を応援できるクラウドファンディングのプラットフォーム『A-port』を運営。

 

以上です。

 

イナタ
イナタ

『この会社の取り組みはSDGs的にどうなの?』っていうものがあったら,ぜひコメントでお知らせくださいね~!

Kobol
Kobol

そうそう!僕が分析して,SDGsとのつながりをブログで解説しますよ^^
他にも,『SDGsのここがわからない』『もっと詳しく知りたい』『こんにちは』など,コメントをいただければすごく嬉しいです!

 

【参考】

  • 新聞業界のライバルたちの取り組み↓

新聞業界の他の会社の取り組み

 

  • 企業や個人の取り組みカテゴリートップはこちら↓

SDGsの取り組み事例を知る

 

  • 制度全般カテゴリートップはこちら↓

SDGsの基本を知る

コメント

タイトルとURLをコピーしました