【ウェルスナビ】コロナショックから回復中!-2020年7月4日

【ウェルスナビ】コロナショックから回復中!-2020年7月4日 ウェルスナビの実績公開
【ウェルスナビ】コロナショックから回復中!-2020年7月4日

ロボアドバイザー による自動積立サービス『WealthNaviウェルスナビ )」での運用実績,2020年7月も公開していきます!

 

前回が2020年4月だったので,3カ月後の実績になります。

 

運用を始めて31ヶ月(2年と7カ月)が経過しました。

 

前回の2020年4月の実績では,コロナショックで真っ赤っかの凄惨な状態でしたが,今は回復してくれました。

 

人生が変わるほどの投資額ではないですが,正直,ほっとしています。

 

では,2020年7月(31カ月目)の実績を報告していきます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ウェルスナビ (WealthNavi) の設定やスタンス

ウェルスナビの実績報告に入る前に,いつものおさらいです。

 

ウェルスナビ ( WealthNavi )に取り組む目的

我々の世代は,納めた年金よりも,もらえる年金の方が少ない世代です。年金を支払ってくれる側、つまり支える側の人数が、受給する側よりもどんどん少なくなって行くのですから、そりゃあそうなりますよね。

(三井住友銀行のWebページで,年金簡易シミュレーションができます)

 

年金(企業年金や国民年金)に加えて,プラスαの資産を老後に確保するために,

ウェルスナビを使って年金づくりの一助にする

というのが僕の狙いです。

 

自動で積み立ててくれるのは,忙しい企業人にとって,すごくありがたいことです。

 

節約できた時間を、他のブログ記事の執筆や投資活動に当てているのが現状です。

 

時間は貴重ですから,節約できる時間はきっちり節約していきます。

 

リスク許容度

ウェルスナビ ( WealthNavi )をダウンロードして設定を進めると,リスク許容度を測る質問に答えることになります。

 

僕のリスク許容度は3です。

 

投資額はそれほど大きくないので、投資としてある程度のリスクをかけてリターンを狙っていきたいなと思っています。

 

積立額

月に10,000円の積立額です。

 

運用開始してからしばらくは追加の積立を行なわず,2018年10月から月10,000円を積み立てるようになりました。

 

30年間,運用と積立てを行うことで値上がりと複利効果を期待して600万円を作ることが目標です。

 

ウェルスナビ | ナビゲーション機能でおすすめ積立設定を解説!
ウェルスナビで積み立てる際,「設定をどうしよう?」って思いませんか?今回は,ウェルスナビのナビゲーション機能を使い倒して,おすすめ設定の導き出しました。力技です。500万円,1,000万円を貯めるためのおすすめ設定を記事にしたので,読んでいただけたら嬉しいです!
複利 と単利とはどういうこと?投資初心者向けの解説!
投資に取り組むに当たって必ず考えることになるのが,「単利」か「 複利 」かという問題です。投資になれていない人にとっては,馴染みのうすい言葉なので,初歩的なところから説明してみることにしました。図も取り入れているので,イメージをつかみやすと思います。読んでくださったあなたの理解の助けになればうれしいです^^

実績と考察

総資産額の推移

総資産額についてみてみます。

 

安心の+4.69%!!

 

前回(2020年4月)はコロナショックの真っ只中ということもあって,-10.4%というひどい有様でしたから,今回は喜びもひとしおです。

 

  • 日本円ベース
ウェルスナビ-総資産額-日本円-20200704

ウェルスナビ-総資産額-日本円-20200704

 

日本円ベースでは、前回の利益が-30,166円だったのに対して今回は+14,545円になっているので、44,711円の増益です!

 

3カ月で約4万円増えたくらいで大喜びする,安上がりの人間です(´・ω・)

このくらいのリスクリターンが安心でいいですよね。

自分には合っています。

 

  • 米ドルベース
ウェルスナビ-総資産額-米ドル-20200704

ウェルスナビ-総資産額-米ドル-20200704

 

米ドルベースだと、前回の利益が-$223.07だったのに対して今回は+$215.18となっているので、$438.25の増益となりました!

 

米ドルの方が若干利益が大きいので,円安ドル高が進んだのでしょう。

 

ポートフォリオ

資産ポートフォリオを見てみましょう。

 

  • 日本円ベース
ウェルスナビ-ポートフォリオ-日本円-20200704

ウェルスナビ-ポートフォリオ-日本円-20200704

 

米ドル株(VTI)って,本当に強いですよね。

もっとすごいのは,金(GLD)の上昇率です。25%って。。!!

全世界的に新型コロナに蹂躙されているので,安心材料である金を求めたのだと思います。

 

  • 米ドルベース
ウェルスナビ-ポートフォリオ-米ドル-20200704

ウェルスナビ-ポートフォリオ-米ドル-20200704

 

日欧株はここのところ低迷しています。

あまり伸びが期待されていない市場なのかもしれません。

欧米も日本も,人口増加を期待できないので,経済の伸びも期待されないのでしょうね。

人口が増え続けている米国が羨ましいです。

 

ウェルスナビのポートフォリオを全部解説
ウェルスナビは、複数のETFに対して、我々投資家の資金を配分して投資しています。やはり「どんな商品に投資しているのか」くらいは知っておいた方がいいと思います。この記事では、投資商品の組み合わせ・配分である「ポートフォリオ」について、ウェルスナビの投資対象を全部説明しました。
【図解】ウェルスナビ(WealthNavi) のリバランス機能
ウェルスナビの『リバランス』機能について,分かりやすく図を多めに入れてまとめました。『ウェルスナビが気になっているんだけど,リバランスって何だろう・・・?』の疑問にお答えする記事になっています。パッと見のイメージで理解してもらえるように書きました。

 

おわりに

ウェルスナビ (WealthNavi) の運用31カ月目の実績は以上です。

 

市場が回復したときにしっかりと利益を積み上げてくれるのも,市場低迷期に同額の積立てをしてくれたからです。

つまり,不況でETFの価額が安くなっていたときに同額の積立てを行うので,買えるETFの量が多くなります。

市場が回復すると,安く多く買ったETFがガッツリと利益を出す,というわけです。

 

ドルコスト平均法の恩恵ですね。

ドルコスト平均法の内容と,応用すると効果が出る6つの投資商品
投資を行う上でよく目にする『ドルコスト平均法』ですが,せっかくなら具体的に理解して実践したい。本記事では,実際のチャートを使ってドルコスト平均法を解説します。そして,ドルコスト平均法を応用して効果のある投資商品を6つ挙げます。リスク低減にはドルコスト平均法がおすすめです。

 

また3カ月後に報告します!

 

ウェルスナビ (WealthNavi)を徹底レビュー!ほったらかし投資に使えるか?
ロボアドバイザーを利用した投資サービス・ウェルスナビの徹底レビュー記事です。皆さんが十分な予備知識を持ったうえでウェルスナビが良いものかどうかを判断するために,伝えきります!あらゆる情報を盛りだくさんに載せましたので,ご一読いただけたら嬉しいです^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました