ウェルスナビ を30代サラリーマンが始めて16ヶ月目の実績を公開-’19/4/6

ウェルスナビ実績報告-20190406 ウェルスナビ
ウェルスナビ実績報告-20190406

ロボアドバイザー による自動積立サービス「WealthNavi ウェルスナビ )」での運用実績,今回も公開していきます!

 

4月に入りましたね~!

そして、何と言っても、次の元号が「令和」になりましたね〜!

新元号が令和に

新元号が令和に

 

平成天皇が「生前に退位をする」ことの前例を示されたおかげで、「崩御するまで現元号を使い続ける」という習慣から解き放たれたように思います。

大きなことを成し遂げられたのではないでしょうか。

 

さて、本題に入っていきますね!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おさらい:Kobolのスタンスや設定など

前回の記事のおさらいになりますが,念のため書いておきますね。

 

目的

我々の世代は,納めた年金よりも,もらえる年金の方が少ない世代です。年金を支払ってくれる側、つまり支える側の人数が、受給する側よりもどんどん少なくなって行くのですから、そりゃあそうなりますよね。

(モーニングスターという企業のWebページで,年金簡易シミュレーションができます)

 

年金(企業年金や国民年金)に加えて,プラスαの資産を老後に確保するために,ウェルスナビを使って年金づくりの一助にする、というのが僕の狙いです。

ほったらかし投資は、最近何かと話題の自動運転カーのように、楽ですからね(^^)

自動で積み立ててくれるのは,忙しい企業人にとって,すごくありがたいことです。

セーブできた時間を他のことに使えるので,実は相当お得なのでは。。と思っています。

そう考えると、セーブできた時間を他のことに使わないと、なんだか勿体無く感じてしまいますが、そこが日本人なのかも知れません(´ー`)

 

リスク許容度

ウェルスナビをダウンロードして設定して行くと,リスク許容度を測る質問に答えることになります。

僕のリスク許容度は3です。

投資額はそれほど大きくないので、投資としてある程度のリスクをかけてリターンを狙っていきたいなと思っています。

 

積立額

月に10,000円の積立額です。

ただし,開始してからしばらくは追加の積立を行なわず,201810月から月10,000円を積み立てるようになりました。

30年間,運用と積立てを行い値上がりを期待して600万円を作ることが目標です。

 

実績と考察

総資産額

運用結果は、前回(「ウェルスナビ | 運用実績公開-’19/03/02」を参照)に引き続いて、プラスとなっています!

前回の報告が2018年3月初めで、日本円で+998だったので、今回は+4,664と、3,600円の増益となっています。

リターンにすると、日本円で+2.74%、米ドルで+3.50%なっており、1年間とちょっとの運用期間を考えると、これが年利と考えて良いでしょう。

銀行預金の100倍くらいのリターンですね!

下のスクショ画面の見方は以下の通りです。

  • 水色に塗られた部分:累積の投資額
  • 濃い青で描かれた線:保有商品の合計価値
  • 緑色の丸い点:月1万円の積立てタイミング

 

ウェルスナビの実績概要-20190406-

ウェルスナビの実績概要-20190406-

 

とっても嬉しいですね^^

 

ポートフォリオ

資産ポートフォリオを見てみましょう。

日欧株(VEA)はマイナスになってしまいましたが、米国株(VTI)が収益を牽引してくれています。

日欧株(VEAは前回に引き続いてマイナスなので、不調が続いていますね。イギリスのEU離脱問題で、揺れているのでしょうかね。。

 

ウェルスナビの実績ポートフォリオ円-20190406-

ウェルスナビの実績ポートフォリオ円-20190406-

 

おわりに

201946日時点の収益は,+4,664で、収益は続伸しました!

日欧株(VEA)のマイナスが続いていることには懸念が残りますが、経過を見て行く他はないです。

ウェルスナビは、運用先はお任せなので、細かい調整ができないもどかしさはありますね。

ほったらかし投資という性質上、納得ではあるんですけどね。

Kobol
Kobol

ブログでは、ウェルスナビのほかにも,つみたてNISAとか,スワップポイントの実績も公開してるよ~!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウェルスナビ
Kobolをフォローする
ほったらかし投資ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました