つみたてNISAの運用実績:銘柄を変更!’21/01/10

つみたてNISAの運用実績:銘柄を変更!’210110 つみたてNISA
つみたてNISAの運用実績:銘柄を変更!’210110

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます

正月感が全くないまま2021年を迎えてしまいましたね。。。

帰省もしなければ誰かと会ったりもしない年の瀬だったので,新年を迎えた実感すらありません。

長い人生,こういうときがあっても不思議じゃないのかもしれませんね。

 

つみたて NISA の運用実績については,淡々と報告していきます。

 

前回の報告が2020年10月だったので,3カ月後の実績になります。

 

3カ月に1回のペースで実績を公開しているので,ペースメーカーというかベンチマークみたいな感覚で参考にしてもらえたら嬉しいです。

 

このブログでは,投資だけではなくSDGs関連にも力を入れて,制度や事例をわかりやすく解説しているので,興味があればぜ読んでみてくださいね^^

SDGsの基本を知る

SDGsの取り組み事例を知る

 

実績公開に入ります。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

つみたて NISA の積立て設定やKobolのスタンス

運用 の実績報告だけをこの記事で行いますので,僕が選んだ銘柄や投資スタンスについては,ぜひこちらの記事「つみたてNISA × 楽天証券 ほったらかしの第1歩」をご覧ください!

 

楽天証券はポイントとの絡みもあるので,おすすめです。

 

楽天証券口座と楽天銀行口座とを連携させる「マネーブリッジ」を設定すると、さらにお得になります。

 

楽天って,ポイント経済の作り方が本当に巧いですよね。

 

一旦入ると抜け出せなくなる,まさに蟻地獄のようなものです。

 

つみたてNISAの積立額で悩む前に~3つの方針で整理しよう~
『つみたてNISAを始めてみようと思った。だけど,積立額が決まらない。。。』 そんな悩みに答える記事を作りました。僕が実際に悩んできた経験から,3つの方針をご紹介します。サクッと読める記事になっているので,サクッと積立額を決めて,早々に始めてしまいましょう!

 

では,2021年1月10日(日)時点の実績をお伝えします。

 

つみたて NISA の運用実績

投資金額の推移

つみたてNISA-運用実績-金額-20210110

つみたてNISA-運用実績-金額-20210110

投資額は合計で20万円超になりました。

 

僕は,つみたてNISAの銘柄を変更しました。

前回(2020年10月)までは以下の2つでしたが,

同種の投資対象を持つ,以下の2つのファンドに切り換え,月に1回,1万円ずつ積み立てることにしました。

  • eMAXIS Slim 全世界株式
  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

 

理由を以下の記事にまとめたので,よかったら参考にされてください。

【つみたてNISA】楽天証券でファンドを変更した3つの理由
楽天証券でつみたてNISAに取り組んでいるのですが,2年間が経過したところでファンドを変更しました。本記事では,ファンドを変更した理由を3つお伝えします。あなたのファンド選択の参考になれば幸いです。

 

投資口数の推移

つみたてNISA-運用実績-口数-20210110

つみたてNISA-運用実績-口数-20210110

これからはeMAXIS系の2つの口数だけが増えていくことになります。

ドルコスト平均法の内容と,応用すると効果が出る6つの投資商品
投資を行う上でよく目にする『ドルコスト平均法』ですが,せっかくなら具体的に理解して実践したい。本記事では,実際のチャートを使ってドルコスト平均法を解説します。そして,ドルコスト平均法を応用して効果のある投資商品を6つ挙げます。リスク低減にはドルコスト平均法がおすすめです。

 

運用成績

つみたてNISA-運用実績-リターン-20210110

つみたてNISA-運用実績-リターン-20210110

このリターンは、現時点の利益を合計投資額で割った値です。

リターンをもって『運用成績』としています。

とても嬉しいことに,これまで買っていたiFree S&P500は過去最高のリターンを叩き出してくれています。

積立てをやめたとしても,売らない限りは分配金などが入ってくるので,引き続き保有していく予定です。

新たに積立てを開始したeMAXIS系の2ファンドについては,まだ日も浅いのでリターンも控えめです。

 

おわりに

以上が,2021年1月10日(日)時点での実績になります。

銘柄も変えて心機一転のつみたてNISAですが,異常に高騰した株価が心配ですね。

新型コロナウィルスで実態経済がやられているのにも関わらず,これだけ高騰するなんて,何らかのイレギュラーな対応がなされたはずです。

市場の過熱が冷めたとき,ガクンと来るかもしれませんね。。

ただ,つみたてNISAはドルコスト平均法でリスクをヘッジしているので,ガクンと来た時も,淡々と積み立てていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました