宇宙は面白い!始まりと終わりの繰り返し?!ひたすら意味不明。

宇宙は面白い!始まりと終わりの繰り返し?!ひたすら意味不明。 番外編
宇宙は面白い!始まりと終わりの繰り返し?!ひたすら意味不明。

宇宙は考えれば考えるほど面白いですよね。

意味が分からなすぎて。

 

分からなすぎて魅力溢れる宇宙ですが、人類の次のフロンティアになりそうな発言をジェフ・ベゾス氏がしています。

ジェフ・ベゾスが「人類は宇宙に住む以外道がない」と断言する衝撃理由
取材嫌いで知られ、生の言葉を聞く機会の非常に少ないAmazon創業者ジェフ・ベゾス。そのベゾス本人が、思考と行動の原則の全てを語る。

 

わけが分からない空間に住むことが人類にとって本当に正解なのか?と、僕は疑問符を控えめに付けています。

しかし、地球ですらそのわけが分からない空間の一部なので、もう自分が何を言いたいのか、わけが分かりません。

 

本記事では、宇宙がいかに意味不明なのかを、説明させてください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

宇宙は繰り返し?

宇宙の始まり

宇宙の始まり

宇宙の始まり

 

宇宙はビッグバンから始まったとされています。

 

ビッグバンが宇宙の始まりであり、時間と空間の始まりであると、一般的には言われています。

ビッグバン仮説がもっとも有力ですね。

 

そして、出会いがあれば別れがあるように、始まりがあれば終わりがあります。

 

そう。

宇宙は終わるとされているのです。

 

宇宙の終わり

宇宙の終わり

宇宙の終わり

 

宇宙の終わり方には3つの有力な仮説があります。

  • ビッグクランチ
  • ビッグフリーズ
  • ビッグリップ

 

個別に説明しますね。

 

ビッグクランチ

ビッグクランチ

ビッグクランチ

 

ビッグバンで膨張が始まった宇宙ですが、いつか膨張が終わって収縮に向かっていきます。

そして,これだけ広大だった宇宙が一点に集まって終了です。

 

これがビッグクランチと言われる宇宙の終わり方です。

 

ビッグフリーズ

ビッグフリーズ

ビッグフリーズ

 

ビッグクランチを前提とするならば、宇宙の膨張はいつか止まり、収縮に転じるはずですね。

なので、膨張速度が低下してもいいはずなんです。

ところが、宇宙の膨張速度は大きくなっているという観測データが得られたのです。

加速しているんですよ。。。

 

でね。

加速するにはエネルギーが必要ですよね?

力を加え続けないと加速しませんから。

そのエネルギーがどこから来ているかというと、『ダークエネルギー』と言われています。

宇宙を占めるもののうち70%くらいがダークエネルギーと言われていますが、どうやらこれが宇宙膨張を加速させている犯人だそうです。

 

しかも!

さらにワケわからないことに、膨張するほどダークエネルギーも増えているんです。

 

えっ!?てことは。。どういうこと?!

膨張するためのエネルギーがダークエネルギーだよね。ダークエネルギーが増え続けるなら、膨張がさらに速く進んでいくってことじゃないかな。

 

宇宙がこのまま膨張し続けていくと、空間が広がるわけなので、地球も僕らもどんどんスッカスカになっていきます。

さらに時間が経過すると、光の速度よりも膨張速度の方が大きくなり、光の粒子すら互いに出会えない状態になってしまいます。

最終的には温度が絶対零度(−273.15℃)まで低下して、世界が止まります(凍りついて終わる)。

 

ビッグフリーズ、なかなか壮絶ですね。

 

ビッグリップ

ビッグリップ

ビッグリップ

 

ビッグリップは、宇宙が引き裂かれてバラバラになって終わることです。

ダークエネルギーの増え方が急激な場合に起きるとされています。

 

ダークエネルギーが異常な速さで増えると、あちこちで宇宙の膨張速度が激増して、銀河や星もバラバラになり、素粒子の単位まで分解されてしまいます。

 

ビッグリップも激しい終わりかたですね。

 

参照:コズミックフロント by NHK

 

繰り返しの証拠

繰り返しの証拠

繰り返しの証拠

 

宇宙の終わり方の解説に力が入ってしまいました。

 

宇宙が始まって、終わる。

実はこのサイクルが繰り返されているという証拠が発見されているんです。

 

オックスフォード大学で研究を行うPenrose博士が、20箇所のホーキング・ポイント発見したんだとか。

 

ホーキング・ポイントは、『以前の宇宙の名残』とされている場所なんです。

この宇宙が始まったビッグバンの名残が『宇宙背景放射』と呼ばれるマイクロ波の放射なのですが、宇宙背景放射の中に、ホーキング・ポイントが20箇所見つかったようなんです。

 

いろいろな反論はあるようですが、なんともロマンチックですよね。

以前の宇宙が存在しただなんて。

 

このように、『宇宙は誕生と消滅を繰り返している』という考え方は、共形サイクリック宇宙論(CCC)と呼ばれています。

 

ただ。。。仮にCCCが正しいとすると、一つの疑問が盛大に湧き上がって噴出してしまい止まりません。

 

繰り返しは何のため?

繰り返しは何のため?

繰り返しは何のため?

 

そう。

何のために繰り返しているんだ宇宙?!って話ですよ。

ただ淡々と終わって始まって終わっては始まって。。。これを永遠にですか。

 

怖くなってくるんですよ。

永遠に繰り返すって、僕らの知る『命』の概念からかけ離れ過ぎていて。

 

ワクワクしてくるんですよ。

宇宙の誕生と消滅のループの外側に、何かの存在をうっすら感じながらも想像だけが膨らんでしまうことに。

 

怖いのにワクワクして,もう一体何なんだー!!!ウガァーーーー!!!

と叫んでしまいそうです。

 

宇宙好きのあなた、この気持ちをわかってくれますか?

 

もはや仮想現実としか

もはや仮想現実としか

もはや仮想現実としか

 

宇宙が誕生と消滅を無限に繰り返している。

 

そして,それ以上外側のこと,例えば。。。

  • 何のために繰り返しているのか
  • 終わりはあるのか
  • 誰かが動かしているのか

などは全く想像の域を出ない。

 

考え続けたいのは山々なのですが、あまりに現実から遠いところに答えがありそうです。

こうなると、横着でずるい思考をしたくなります。

 

それは、『この世は仮想現実で、現実は現実じゃない。本当の現実は全く違う世界にある。』です。

 

宇宙好きにとっての神の一人であるイーロン・マスク氏も、この社会が仮想現実だと考える人です。

 

これだけ広くて謎だらけの宇宙が無限に誕生と消滅を繰り返している、なんていうこの世界は、別次元の知能を持つ存在のシミュレーターの中だと考える方が楽なんです。

 

僕程度の頭脳では、この辺りでオーバーヒートして、大体いつもストップします。

 

おわりに

本記事では、いかに宇宙が意味不明なのかを熱弁しました。

 

宇宙好きのあなたならわかってもらえるはず。

このやり場のない情熱を!

好きなのに理解が追いつかない,このもどかしさを!

 

生きている間に宇宙のことが解明されてることを猛烈に祈っております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
番外編
Kobolをフォローする
KOBOLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました