主要なFX会社の最小取引単位を比較!

主要なFX会社の最小取引単位を比較 スワップ投資
主要なFX会社の最小取引単位を比較

FXを始める前や、勢いで始めてしまって間もない頃に、

  • Lot (ロット) って何だろう・・?
  • 最小取引単位がFX会社によって違いすぎ!

と疑問に思ったことを覚えています。

 

本記事では,簡単にLot (ロット)に触れた後,FX会社ごとに異なる最小取引単位を調べて比較してみます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Lot (ロット) の由来

Lotは,大量生産をする工業の分野で使われていた言葉です。

工場タイムズ」というメディアでは,以下の通りに説明されています。

同種の製品を生産する際の最小単位として使用されている言葉

 

大量生産が基本の工場生産ですが,部品1個を作るということは,あまりに非効率で高コストです。

そうではなくて,100個とか1,000個のまとまった生産をすることで,1個あたりのコストを低下させて利益を得るんです。

僕は、プラント(工場)の設計に携わっているので、生産技術の関係でLot (ロット)の意味を理解しやすかったですが、全く畑違いの人にとっては、慣れない言葉だと思います。

 

FXでのLot (ロット) の意味

FXにおいては,Lot (ロット)は,売ったり買ったりする通貨の束の単位です。

例えば,リンゴは通常は1個ずつ取引されますよね?

  • 1/8カットだけ
  • 上半分だけ

という取引はしませんよね?

FXにおける通貨に関しても同様です。

それ以上は小さく分解できない,一束の通貨の数のことを,Lotと言います。

 

FX会社の最小取引単位を比較

FX会社(主要なもの)について、最小取引単位(1Lot)がいくらなのかを調べました。

日本円とのペアについてのみですので、ご了承ください。

 

1通貨から取引可能

FXが1通貨で取引できるのは超珍しいです。

お小遣い程度の資金で始められるので,「お試し」には最適ですね!

 

100通貨から取引可能

100通貨から始められる場合も,かなりありがたいです!

レバレッジ次第ですが,数千円からチャレンジできますからね^^

 

1,000通貨から取引可能

1,000通貨から~というFX会社は結構ありますね。

1,000通貨の取引というのは,例えば、日本円で米ドルを買おうとするときに、1,000ドル単位で購入できます。

為替レートが1ドル=100円の場合、レバレッジ1倍で1,000ドル(=10万円の日本円が必要)から購入できることになります。

安全なレバレッジとして3倍を目指したとすると、3.3万円で1,000ドルを購入できます。

初心者や少額投資家には嬉しいですね^^

 

5,000通貨から取引可能

5,000通貨~というのは,変わり種です。

需要があるのか?が疑問ですが,ニッチな需要があるのでしょう。

そういう僕も,IG証券でブラジルレアルを運用しています。

IG証券の最小取引単位は通貨によって異なり,ブラジルレアルは0.5Lotなのです。1Lot=10,000通貨としているため,ブラジルレアルの最小取引単位は5,000通貨になります。

  • セントラル短資のミラートレーダー
  • IG証券のうち、以下のペア(現時点で確認できているもの)
    • ブラジルレアル/日本円

 

10,000通貨から取引可能

10,000通貨~は,1,000通貨~と同じくらいのメジャー度です。

特に,先進国通貨に対する為替レートの低い新興国通貨の場合,10,000通貨~になることが多いです。

 

100,000通貨から取引可能

為替レートの低い通貨の中でも,FX会社によっては100,000通貨~と設定する場合があります。

ちょっとハードルが高くなりますよね(;´・ω・)

 

おわりに

FXの最小取引単位1ロットについて,比較してみました。

参考になったでしょうか?

100,000通貨から~と言われるとハードルが上がってしまいますよね(;´・ω・)

初心者のうちはなるべく小さい単位で始めたいところ。

Kobolは結構刻むタイプだよね。

Kobol
Kobol

うん,投資に関してはチキンだと思うし,時間軸をズラして少額を淡々と投資して,ドルコスト平均法の効果を狙っているんだよね~。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スワップ投資
Kobolをフォローする
ほったらかし投資ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました