仮想通貨& ブロックチェーン | 海外ニュースまとめ ’19/3/3

海外ニュースまとめ-20190303 仮想通貨/ブロックチェーン
海外ニュースまとめ-20190303

皆さま,こんにちは!今日も仮想通貨と ブロックチェーン に関する 海外のニュースのまとめをお送りします。

日本語に翻訳されてコインテレグラフジャパンさんとかコインポストさんから発信されるものではなく,自分で直接海外のサイトを見て回り,「業界をよく知らない初心者の方にも馴染みやすい」「自分で日本の読者に説明できる」かつ「業界の動きを表す象徴的なファクト・事例を含んでいる」ニュースをピックアップしています。企業情報もなるべくプレスリリースまで辿って確認するようにしています。

少しでも皆さんがこの業界の動きを把握し、流れにキャッチアップできるように有用で話のネタになるような情報を提供していきますので、よろしくお願い致します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アジア・オセアニア

日本

社会貢献を見える化!アクトコインが環境省主催のフォーラムで発表(2/22)

国内ニュースですが、嬉しい動きなのでシェアします。

ボランティアや寄付などの社会貢献にコインが付与される仕組みが出来ました。

その名も,Actcoin(アクトコイン)です。

アクトコイン自体には,換金性がありません。ボランティアや寄付をした分だけコインが溜まります

そして,その貢献が「SDGsのどの項目に該当するか」がわかるようになっているんです。

アクトコインを貯めていくと,

「あぁ,この人は,〇〇の分野でSDGsにこれだけ貢献しているんだな」

ということが,丸わかりになるんです。

どやぁ。。と自慢する人も出てくるでしょうが,結果的に社会貢献に繋がっていれば,まずはいいのではないでしょうか。

 

Kobol
Kobol

アクトコイン,登録しました!早速ボランティア活動をやってみます^^

 

https://actcoin.jp/user/media/actcoin_pre/page/index/news190222.pdf

京セラが,ブロックチェーンを利用した仮想発電所の構築へ(2/25)

京セラは太陽光発電設備のメーカーとしても有名です。

LO3 Energyと提携し,ブロックチェーンを活用した仮想発電所(VPP)の構築に取り組むようです。

VPPは,家庭や個々の工場,個々の太陽光発電設備,電気自動車などの,「電力を使うところ」と「電力を発生するところ」を大きな集合体としてまとめ,一つの大きな「発電所かつ電力消費者」として機能させます。

そして,VPPと,大規模な発電設備や工場との間で,電力を融通し合うのです。

ブロックチェーンは,電力を細かく融通しあうときの送受電記録を迅速かつ確実に行うため等に使われます。

 

Kobol
Kobol

VPPのように細かな取引がたくさん生じるケースにはブロックチェーンは向いているんだろうね。実現したら使ってみたいな~

 

 

ソフトバンクがID認証技術の改善にブロックチェーンを活用(2/25)

ソフトバンクは,米TBCA Softと提携し,ID認証技術の改善に向けてブロックチェーン開発を進めていくようです。

現状の認証システムでは,ユーザーは様々な企業に対して個人情報を開示して,別々のデータベースに保存されています。ブロックチェーンを活用することにより,ブロックチェーン全体として個人情報を保存し,改ざんや権限無しでの閲覧は超困難になります。

 

Kobol
Kobol

色々なシステムにログインするときにいちいち個人情報を求められるのはウザいもんね。かといって,全部Google Chromeやアプリに覚えさせるわけにもいかんし。。一括で,しかも超安全に管理してくれたら,楽だなぁ。

 

 

中東

サウジアラビア

生体認証機能を持つATMが登場か(3/1)

サウジアラビアでは、生体認証機能を付加したATMが登場しているようです。

これにもブロックチェーンが使われているんだとか。ブロックチェーンがどのように関係するんでしょう。。?

個人情報保護にもブロックチェーンを活用できることは知っているのですが,原理をまだ理解していないので,しっかり調べて記事にしたいと思います^^

とにかく,下の図の通り,かなり厳重な認証プロセスを経るようです。確かにこれだけやれば確実なのでしょうけど,面倒じゃないのかな。。

 

生体認証機能で安全なATMへ

生体認証機能で安全なATMへ

 

 

ヨーロッパ

ドイツ

メルセデスがサプライチェーン管理にブロックチェーンを活用へ(2/26)

ベンツが来ましたよ~!!

サステナブルなサプライチェーンの構築を目指し、Icertisと提携しました!

具体的には,

  • 従業員の労働条件
  • 従業員の人権
  • 環境保全
  • 安全
  • ビジネス倫理
  • コンプライアンス(法令遵守)

などを,サプライヤー企業に守ってもらう目的があるとのこと。

以前お伝えした通り,自動車は約30,000点の部品から構成されているので,各サプライヤーごとにサプライチェーンを管理することには相当なコストがかかっています。

ブロックチェーンで簡略化し確実化できるのであれば,大きなコスト削減になりますよね。

そして,改ざん耐性があるので,「サプライチェーンの透明性」を主張することもできます。

 

Kobol
Kobol

誤魔化すことが難しくなるから,ズルい人達は淘汰されていくね!

 

 

2018年,スイスではフィンテック産業の市場規模は60%超の伸び(2/28)

スイスの2018年におけるフィンテック分野の市場は62%伸びたそうです。

そりゃあ力を入れてますもんねー!

フィンテック関連企業の数でみると,

  • 2017年:220社
  • 2018年:356社

に増えたとのこと。確かに62%ですね^^

スイスは,グローバル・ブロックチェーン・ハブとしての自らを位置付けているし,実際に成果が伴ってきています。

以前のニュースまとめてお伝えしましたが,チューリッヒには,ブロックチェーンの研究開発拠点も設置しています。

 

Kobol
Kobol

中立国だからか,あまり悔しい感じはないですが,日本にも頑張ってほしいなぁ。。

 

 

マルタ

金融機関が,ブロックチェーン関連企業の口座開設を拒否(3/1)

マルタにある金融機関は,同国のブロックチェーン関連企業からの口座開設申請を拒否しているようです。

ブロックチェーンと電子通貨とがごっちゃになっているらしく,電子通貨への忌避感に巻き添えを喰らった形です。

金融機関によるリスク回避行動だとされていますが,ブロックチェーン企業が銀行業界を壊しに来るんじゃないかという不安から来るものでしょう。

ブロックチェーンと電子通貨はイコールじゃないんです。

電子通貨を実現するために必要な技術の一つとしてブロックチェーンがあります。

そして,ブロックチェーンは汎用性が高いために,電子通貨以外にも多くの産業に応用することができます

ブロックチェーンの破壊力が伝説級になってしまい,革新が起きる業界が過剰反応してしまうのでしょうね。

 

ブロックチェーンと電子通貨はイコールではない

ブロックチェーンと電子通貨はイコールではない

 

 

おわりに

今週は以上です。

ソフトバンクといい京セラといい,日本勢の活動が目立った一週間でしたね。

現段階では,

  • 提携した
  • 研究開発をしている
  • 資金調達に成功

などの動きが目立ちますが,そう遠くない未来には,

  • 実用化した
  • ユーザー数が1,000万人になったッ!

などの動きが出てくるはずです。

その変化のダイナミズムを感じていきたいですね!

 

Kobol
Kobol

また来週ね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました