仮想通貨& ブロックチェーン | 海外ニュースまとめ ’19/2/17

仮想通貨 と ブロックチェーン のニュースまとめ 仮想通貨/ブロックチェーン
仮想通貨とブロックチェーン のニュースまとめ

皆さま,こんにちは!今日も仮想通貨と ブロックチェーン に関する 海外の ニュース のまとめをお送りします。

日本語に翻訳されてコインテレグラフジャパンさんとかコインポストさんから発信されるものではなく,自分で直接海外のサイトを見て回り,「業界をよく知らない初心者の方にも馴染みやすい」「自分で日本の読者に説明できる」かつ「業界の動きを表す象徴的なファクト・事例を含んでいる」ニュースをピックアップしています。企業情報もなるべくプレスリリースまで辿って確認するようにしています。

少しでも皆さんがこの業界の動きを把握し、流れにキャッチアップできるように有用で話のネタになるような情報を提供していきますので、よろしくお願い致します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

北中南アメリカ

アメリカ合衆国

カリフォルニアでの地下水管理 × IBMの ブロックチェーン (2/11)

地下水の管理にもIBMのブロックチェーンが使われるようです。

すごいな、IBM。。ブロックチェーン界隈で大暴れですね。

サクラメント=サン=ジョアキン=デルタ地帯の場所は以下の地図の通りで,約1,100マイル四方の面積があります。

辺り一帯への水源になっているんですね。

IoTセンサーが水のデータを衛星に送信し,IBMのブロックチェーンシステムに記録されていくようです。

貴重な水源ですから,適切な取水量を管理し,永続的に利用していきたいですね。

詳細がわかれば,ビジネスモデルを解説したいのですが。。

 

アジア・オセアニア

日本

待ってました三菱UFJ!って、2020年かーい!(2/13)

我らが三菱UFJ銀行は、2020年に電子決済サービスをリリースするそうです!

米国のベンチャーのAkamai tech.と提携して作っているようです。

赤米。。どんなネーミングだよ!って思って調べてみたら,なんとアメリカ合衆国の起業なんですね!

プロジェクト名は「Global Open Network」とされ,1秒間に100万以上の取引を可能にするそうです。

 

Kobol
Kobol

海外のトップ企業はすでにサービスをローンチしているのに,2020年という時期は遅すぎね?

 

 

インド

電力業界におけるブロックチェーン市場は2024年までに60%/年で成長か(2/15)

電力業界におけるブロックチェーンの市場は、2024年までに年60%という成長率で拡大するというレポートが出されました。

インドのバンガロールにあるInfoholic Researchという会社のレポートです。

レポートによると,

  • 2018年:$210.4 million
  • 2024年:$3.4 billion

まで,年60%(正確には59.4%)の成長率で伸びると予測されているそうです。

仮に,年59.4%という数字が正しいとすれば,市場規模(予測)をグラフにすると,こんな感じ↓

日本円にすると4,000億円近いですね。

どんなプレーヤがしのぎを削るのか,楽しみです。

 

電力業界のブロックチェーン市場予測

電力業界のブロックチェーン市場予測

 

Kobol
Kobol

現実感たっぷりの成長率に安心するね。仮想通貨と違って。

 

 

中東

イラン

中央銀行が進めるトークンエコシステム(2/14)

イランの中央銀行がベンチャー数社と組み、包括的なトークンエコシステムの構築を進めています。

Bornaというプロジェクトとされており,KYC(Know Your Customer)プロセスに強みを持っているようです。

 

 

Kobol
Kobol

KYCを強化して,そのへんのテロリストの資金源として暗号通貨が使われないようにしっかり管理してほしいね!

 

 

ヨーロッパ

イギリス

ブロックチェーンベンチャーのFetch.AIは、大規模なアライアンスに参画(2/7)

Fetch.AI は,BoschやCisco等によるTrusted IoT Alliance (TIoTA) という提携グループに参加しました。

TIoTAには,Bosch(ドイツ),Telekom Innovation Laboratories(ドイツ),Cisco(米),としてGemalto(オランダ)などが入っています。

IoTという点に特化したグループなんですね。

IoTは,あらゆるモノがインターネットに接続されることを前提としていますが,その数が多ければ多いほど,正確なデータ取得とコントロールができるようになります。しかしその反面,膨大な通信による回線の圧迫や,ハッキングのリスク増大などのデメリットも出てきます。

有力企業が知恵を絞って課題解決に取り組む必要がありますね。

 

 

Coinpaymentsは,iOS対応の暗合通貨決済アプリをリリース!(2/14)

Coinpaymentsという会社が,暗合通貨の決済アプリをリリースするようです。

僕も知らなかったのですが,このCoinpaymentsという会社,かなり昔からあったようですね。

昔といっても,2013年なのですが,暗号通貨界隈では2013年はずいぶん昔ですよね。地球の歴史に例えると,先カンブリア紀といっても過言ではありませんよ。

POSシステムってありますよね?レジと繋がってて売上記録を管理していくシステムのことです。

Coinpaymentsは,暗号通貨のPOSシステムを提供するんです。

Android対応アプリはすでに存在していたのですが,この度iOSアプリがリリースされました。

自分の見識が浅かったです。

もう少しこのツールについて調べてみる必要がありそうですね。

 

簡単ですが,Coinpaymentsのシステムの特徴を挙げておきます↓

 

  • 182か国で使われている
  • ユーザー数は230万人
  • ビットコインと1,000を超えるアルトコインを扱っている

 

Kobol
Kobol

よし,このCoinpaymentsとやらの仕組みについて調べて,記事にまとめよっかな!

 

 

チェコ

フィンテックベンチャーのSDK.financeがオラクルと提携(2/12)

フィンテックスタートアップのSDK.finance は、オラクルと提携しました。

オラクルのブロックチェーンを使って決済プロセスを改善するようです。

SDKの狙いは,決済プロセスのコスト削減と安全性の強化です。どうやら,中間媒体となっている金融機関をシステムに置き換えることで,国際決済の短縮と低コスト化を実現するようです。

 

Kobol
Kobol

IBMに続いてオラクルもか。。!ITジャイアントといわれる企業が,バチバチやり始めたね。

 

おわりに

今週は以上です。

読んでくださってありがとうございます。

今週も,ブロックチェーン界隈ではアツいニュースをたくさん見ました。

一方,仮想通貨は。。。閑古鳥が鳴いているようです。

 

Kobol
Kobol

また来週ね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました