仮想通貨と暗号通貨 ,どちらの用語が正しいの?

仮想通貨と暗号通貨 仮想通貨/ブロックチェーン
仮想通貨と暗号通貨

こんにちは。Kobolです。今日は用語に関する記事で、「 仮想通貨と暗号通貨 のどちらの言葉が正しいか」について書いていきたいと思います。

今日は身銭を切って投資している立場から、結構想いのこもった記事を書きます。

 

仮想通貨(かそうつうか)

 

皆さんがニュースや会話でよく聞くのはこの言葉ですよね?

では、

 

暗号通貨(あんごうつうか)

 

どうでしょうか?よく聞きますか?

ビットコインに代表される電子通貨が「仮想通貨」なのか「暗号通貨」なのか。どちらの言葉を使えば正しいと言えるのか。

今日はこの問題にアプローチしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

法律における文言は?

実は,僕は法律家の端くれです。

そのせいもあって,正式な言葉を探す際には法文を参照します。

早速,日本国の法律を見てみましょう。

現時点で見るべき法律は,「資金決済法」です。この法律は元々,商品券や電子マネーに関するルールを定めたものでしたが,平成29年に改正されました。

そう,平成29年の改正で仮想通貨?暗号通貨?に関するルールが盛り込まれたのです。

では,「資金決済法」の文言を見てみましょう。

 

第三章の二 仮想通貨

引用:資金決済法

 

はい,見事に「仮想通貨」でしたね!第三章の二が「仮想通貨」について規定しています。

ちなみに,「第三章の二」のように「の二」と書かれていた場合には,後付けされたものです。
元々,第三章は「資金移動」について規定する章でした。
ところが,「仮想通貨」なんていう得体の知れないものが現れて,とりあえず法律を作らなくちゃいけないってことで,第三章の後ろにねじ込んだのでしょうね。

これで分かったように,日本国の法律では「仮想通貨」が使われています。「暗号通貨」ではありません。
僕は個人的に,法律で「仮想」のものを規定するのは,なんかちょっと違うような気もしますが,まあ仕方ないでしょう。そう書かれているのですから。

 

Googleでの検索結果は?

法律という固い世界とは対照的な世界についても,見てみたいと思います。

人類はどちらの語をよく使うのか?を調べる指標として,Google検索による結果の数を比較するといいでしょう。

世界中のWebデータを検索できるので,Webデータの中でどの言葉がたくさん使われているかを調べるには,非常に素晴らしいツールです。

検索日時は,です。

参考のため,英語についても検索してみますね。

 

 

<Google検索の結果>

(日時12/12(水),00時:05分)

仮想通貨 : 80,300,000件

暗号通貨 : 8,590,000件

VirtualCurrency : 5,620,000件

Crypto currency : 125,000,000件

 

となりました!

数値だと視覚的にわかりにくいので,グラフにしてみます。

 

Google検索の結果

Google検索の結果

 

すごいですね,この乖離っぷりは。

なんというか。。。日本の法律を作った人の英語力の無さが露呈してしまいました。

日本語と英語の対応関係は,

  • 仮想通貨=Virtual Currency
  • 暗号通貨=Crypto Currency

です。

しかし,グラフを見てみると,関係が逆ですよね?

 

仮想通貨と暗号通貨 ,結局、どっち?

これまで見てきたように,

 

  • 日本の法律には「仮想通貨」と記載されている
  • Google検索の結果では,日本語の場合「仮想通貨」が多いが,英語の場合「Crypto Currency(日本語で暗号通貨)」が多い。

 

ということがわかります。

このため,現状,特に日本で日本語を使用する場合においては,「仮想通貨」が優勢です。

一方,英語を使う場合には,「Crypto Currency」が優勢です。

この“優勢”を“正しい”と仮定して, 現段階においては「仮想通貨」と「Crypto Currency」を使った方が良さそうです。

 

おわりに

なんとなく,上述した矛盾の結果については予想していたのですが,案の定,その通りでした。

日本語で「仮想通貨」と言っておいて,英語で「Crypto Currency」って!
むずかゆいような心地悪いような,なんとももどかしい気持ちになります。

きっと日本の法律はそのうち「仮想通貨」という表記をやめると思いますよ。

だって,「仮想」じゃないから。
ビットコインで車も買えるし、ビックカメラでは普通に使えるこの時代に、「仮想」って!

今回は僕の憤慨した気持ちを記事にしてみましたが,皆さんももどかしさを感じられているでしょうか?

また気になることがあったら記事にしますね^^

お読みいただき,ありがとうございました!

 

Kobol

 

↓こちらもどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました