暗号通貨 とブロックチェーン | 海外ニュースまとめ 2018/11/12〜11/17

仮想通貨 と ブロックチェーン のニュースまとめ 仮想通貨/ブロックチェーン
仮想通貨とブロックチェーン のニュースまとめ

こんにちは!Kobolです。 暗号通貨 って知っていますか?仮想通貨とも呼ばれています。

今週からのチャレンジですが、暗号通貨に関するニュースのまとめ記事を作っていきたいと思います。

自分自身でも投資していることもあって興味を持って情報を集めているので、せっかくだから自分の整理を兼ねて記事にしちゃおう!、というわけです。

余裕があれば、ニュースだけじゃなく、暗号通貨に関して自分が得てきた知見も出していきたいと思っています。

以下、特記です。

 

  • 試行錯誤でやっていくので、最初は地域ごとにまとめてみます
  • 世間では”仮想通貨”と表記することが多いしていますが、英語ではCrypto Currencyですので、僕は”暗号通貨”と表記します
  • ニュース発信元の日付に拘ります

 

 では、いきます!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アジア・オセアニア

日本

コインチェックが新たにETH、XEM及びLSKの入金及び購入を再開(11/12)

 2018年2月のはハッキング事件以来、だいぶ大人しくしていましたが、着々と復活への歩みを進めていました。

この度、

  • イーサリアム(ETH)
  • ネム(XEM)
  • リスク(LSK)

の入金と購入を再開したとのことです。

他にも取扱いを再開した通貨はあるものの、”出金”の機能だけはまだ停止したままです。稼働させてしまうと、ハッカーにも等しく解放することになってしまいますから、出金機能は最後に再開するのだと思います。

再開している機能については、ソースを参照してくださいね。

僕もユーザーなので、同社からの経営報告を適宜受けながら見守っていました。

個人的な印象ですが、同社は本当に誠実に歩みを進めてきたと思っています。まず、逐一、現状報告をくれるので、状況が把握しやすい。それだけで、不安に思っているユーザーを安心させられるはずです。

コインチェックはプラットフォームとして見ればとても使いやすいので、完全復活が待ち遠しいですね。

ソースはこちら

 

韓国

明知病院とBICUBEが提携し,医療情報共有プラットフォームの開発へ(11/16)

韓国最大の病院の1つ「明知(ミョンジ)病院」と,機械学習プラットフォームを提供している同国のIT企業「BICube」とが提携を発表しました。

明知病院とBICUBEは,「医療情報共有プラットフォーム」を協力して開発するようで,このプラットフォームはブロックチェーンの技術を基盤にします。

狙いは,パブリック型とプライベート型を組み合わせたハイブリッドなクラウドを作り,オンラインでの医療データ共有を行う際の安全性を,ブロックチェーンで高めていくこと,だそうです。

患者の身になっても,自分のカルテなんて流出させられたくないですよね。

この手の「医療データ×ブロックチェーン」のプロジェクトをいくつか知っていて,というかかなり多くのプロジェクトが生まれていて,相性の良さを物語っていますね。

我々日本人がスマホでピピっとカルテを授受する日も,そう遠くはないと思っています。

韓国での提携ニュース-20181118

韓国での提携ニュース-20181118

 

ソースはこちら

タイ

リップル社のCEOは「リップルを含めたデジタルアセットは、タイで確実に合法化するだろう」と言及(11/13)

シンガポールで開催されてい「Singapore FinTech Festival 2018」で、リップル社のCEOが強気な発言をしました。

Omisegoなどに見られるように、タイでは確かに暗号通貨の環境が整ってきている印象です。

リップルは、そのシステムを大手銀行系が採用しているほどですから、この強気発言も頷けます。

ソースはこちら

 

ヨーロッパ・ロシア

スイス

スイス拠点の貿易会社が黒海小麦の取引へのブロックチェーンの適用に成功(11/12)

ブロックチェーンの実用例に関するニュースです。

取引を行ったのは、Transoil International社とSolaris Commodities社で、スイス発のスタートアップ企業であるCerealia社がブロックチェーンによる取引システムを提供したそうです。

今回は黒海周辺を産地とする小麦25,000tonの取引が対象になりました。

ブロックチェーンを使うと、取引記録が全部後追いできるので、「量が足りない!」「会計がおかしい!」「品質が変だ!」などの問題が起きた際に、問題の所在を速やかに発見できるとされています。

産地から消費者まで、様々な取引を経る食品流通とは、とても相性が良いですね。

bitimesの記事が参考になります。

ソースはこちら

 

おわりに

今回はこれで時間切れになっちゃいました。。すみません((+_+))

明日も普通に仕事なので,日曜日の夜更かしはこの辺で。

要領を掴んでいき,なるべく多くの「へ~」なニュースをまとめていきたいと思っていますので,温かく見守って下されば幸いです。

 

Kobol

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました