投信積立をいつから始めればいいのか?おすすめの時期は今!

投資信託の積立てをいつから始めたらいいのか? 投資全般
投資信託の積立てをいつから始めたらいいのか?

つみたてNISA やWealthNavi(ウェルスナビ)って、いわゆる積立て方式の投資信託です。

積立て方式が便利なのは大体想像がつきますが,

いつから始めたらいいのか、判断に困りませんか?

 

僕なら、

「今でしょ!」

と判断します。

古っ

Kobol
Kobol

もういいの!使うの!

 

この記事では、その理由を説明していきます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

投資信託が安くなるのを待ってる?

投資信託って,その商品自体の価格が変動しますよね?

楽天証券のつみたてNISAで一例を見てみましょう。

商品名は,楽天・全米株式インデックスファンドです。

チャート(2019年5月時点)を見ると,以下の通りになっています。

楽天・全米株式インデックス・ファンド

楽天・全米株式インデックス・ファンド:引用は楽天証券

 

±10%以上は変動していますね。

運用開始の2017年9月から考えると,現時点は+10%の運用実績です。

まぁ全米の株式インデックスですから,上昇するのは当然と思いますけどね。

 

このようなチャートを見て,

「よっしゃ,安くなったときに積立てを始めよう!」

なんて,思ってしまうもの。

 

果てしてそれは正しいのでしょうか?

投資信託を積立てることを前提にして,シミュレーションを行ってみました。

 

投資信託の積立シミュレーション

前提条件

前提条件は以下の通りです。

 

  • 毎月1回積立てを行う
  • 毎月の積立て額は10,000円
  • 投資信託の全期間を通した成長率は3%
  • 分配金として投資信託の保有数の1%を年末に受領し再投資
  • 積立て期間は最長20年間
  • 価格の変動は以下のグラフの通り
  • 時期を①~③に分けてシミュレーションを実施
投資信託の価格想定

投資信託の価格想定

 

時期を3つにわけてみましたが,意図は以下の通りです。

  • ①:最初から何も考えずにとりあえず積立てを始める人
  • ②:安くなるのを待って始める人(1年8カ月遅れ)
  • ③:価格上昇に勢いづいて始める人(5年遅れ)

 

では,以上の前提条件に基づいて,Excelでシミュレーションを行ってみましたので,結果を説明します。

 

シミュレーション結果①:投資信託の購入数の推移

投資信託の購入数に関しては,あまり変わり映えのしない結果になりましたが,①→②→③の順に大きくなっています。

積立て期間が長いほど,投資信託の購入数も多くなるという,当たり前の結果です。

 

投資信託の購入数

投資信託の購入数

 

シミュレーション結果②:投資信託の日本円換算額

購入数は一定に増えていっても,投資信託の価格自体が変動しますので,日本円に換算した資産額(円)は,以下のグラフのように推移しました。

投資信託の日本円換算資産額

投資信託の日本円換算資産額

 

結果的に,積立て修了時の資産額は以下の通りとなりました。

  • ①:最初から何も考えずにとりあえず積立てを始める人 → 346万円(積立額240万円)
  • ②:安くなるのを待って始める人(1年8カ月遅れ) → 304万円(積立額220万円)
  • ③:価格上昇に勢いづいて始める人(5年遅れ) → 225万円(積立額180万円)

 

この数字を見ていきます。

①は,積立額240万円が346万円になったので,1.44倍になりました。

②は,積立額220万円が304万円になったので,1.38倍になりました。

③は,積立額180万円が225万円になったので,1.25倍になりました。

 

①は20年間をフルに活用して積立を行ったので,これだけの高い倍率で資金が増えました。

積立期間が長い順に最終的な資産額が多い,ということがわかります。

 

今始めること

投資信託の積立てをいつから始めたらいいか,これでわかったでしょうか?

そうです。

「今です!」

です。

 

誘導しているみたいですが,断りを入れておくと,上で述べた「前提条件」ありきのシミュレーションです。

例えば,投資信託がマイナスの成長率を継続してしまうと,早く始めたら損失が膨らむだけです。

なので,少しずつでもプラスの成長をしてくれる投資信託を選んで,その商品に「今から」積立てを行っていくのです。

 

おわりに

ここまでお読みいただき,ありがとうございました!

投資信託の積立てを始めるなら,

「今から」

です。

そのとき,「プラスの成長をしてくれる商品」を選ぶことが重要です。当たり前ですけど。

 

僕がつみたてNISAで選んでいる商品が参考になると思うので,ぜひ読んでみてほしいです^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク
投資全般
Kobolをフォローする
ほったらかし投資ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました