ESG投資って,一体何?~世界が注目する投資対象~

ESG投資 投資全般
ESG投資

ESG投資 って、最近よく聞いたり見たりしませんか?

環境関連の仕事をしている僕は、「業界の内々だけでなく、世間にも少しずつ広まってきているなぁ。。」という印象を持っています。

記事「アクトコイン 始めました : ブロックチェーン サービスの実例」に書いたように,公益的な活動も少しやりたいと思っているので,その流れでESG投資が自分の中でアツくなっているというのもあります。

企業の方が,僕みたいな一般国民よりもESG投資に敏感ですが、環境関連に興味・関心を持っている人であれば、認識している用語ではないでしょうか。

この記事では、ESG投資を紹介するとともに、個人投資家としてどのようにESG投資に向き合うか、僕なりの姿勢をお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ESG投資 とは

ESG投資 を分解してみます。

まず、ESGは

  • Environment(環境)
  • Social(社会I)
  • Governance(ガバナンス:企業統治)

の頭文字をとったものです。

ESG投資は,これら3つの分野への投資,ということですね。

それぞれを見ていきましょう。

 

Environment(環境)

環境に配慮していることが求められる

環境に配慮していることが求められる

 

環境に配慮していることが,まず求められます。当たり前だ!って言われるかも知れませんが,建前だけの企業って意外と多いんですよね。

企業の事業活動において,たとえば以下の取組みが考えられます。

  • 電気自動車(EV)を社用車にすることで二酸化炭素(CO2)の排出量を削減する
  • 植林や干潟構築などをすることで,生物多様性の維持に貢献する
  • 太陽光発電や風力発電などの事業に参入する

 

Social(社会)

社会生活への貢献が求められる

社会生活への貢献が求められる

 

人間社会への貢献が求められます。

社会って,ざっくりし過ぎている気もしますが,例えば以下のようなことです。

  • 農園や炭鉱での児童の強制労働をさせない地域から原料を調達する
  • 人材の多様性(ダイバーシティ)を強める方向で雇用する
  • 地域の学校の社会科見学や出張授業を通じて交流を深める

社会の一員としての良識が問われますね。

 

Governance(ガバナンス:企業統治)

企業統治(ガバナンス)の適切性も求められる

企業統治(ガバナンス)の適切性も求められる

 

企業統治が適切に行われることが求められます。

例えば,以下のようなことが求められます。

  • 経営が公正で透明であること
  • 資質を持った者を経営者とすること
  • 取締役会のメンバーの多様性を確保すること

 

このように,当たり前じゃん?と思われるようなことを,当たり前のように求めていくのが,ESG投資です。

当たり前のことを当たり前に行うのって,それはそれですごく難しいんですけどね(;´・ω・)

 

ESG投資 の歴史

ESG投資 という言葉は,僕が社会人になってから聞くようになったなぁ。。って思っていたら,やはりESG投資の歴史はそのあたりから始まっていました。

「環境と金融ーESG投資の現状と問題点ー」(湯浅由一)によると,

  • 2006年
  • 第7代国連事務総長のコフィー=アナン氏の主導で,
  • 国連責任投資(UNI-PRI,Principal for Responsibility Investment)が唱えられたとき

が,ESG投資という言葉の始まりだそうです。

イナタ
イナタ

結構最近なんだね!

 

投資家はESG投資をどう見ているか

投資家はESG投資に対して積極的に投資を実行しています。

例えば,第一生命は,これまで約30ものESG投資を実行しています。

三菱東京UFJ銀行も,ESG要素を考慮した投資に取り組んでいる,としています。

みずほ銀行でも,投資先企業の議決権の行使や議論を通じてESG投資の意思決定に参加しています。

ゴールドマンサックスも,ESG投資の方針をしっかり持っており,実行しています。

機関投資家は利益を求めますが,ESGの観点がしっかりしている企業は,ガバナンスがきちんとできていると評価されるため,長期的に成長するポテンシャルもあると考えられますよね?機関投資家は,長期的な利益を見据えて動いているのだと思います。

実際に,みずほフィナンシャルグループのレポートによると,

  • ESGの評価が高い企業ほど,収益性等が高い傾向にある

ことが分かっています。

もっとも,収益性の高い企業の方が,ESG投資にお金を回せるからかもしれませんけどね。

 

ESG投資に関係する事実・ニュース

2019年4月7日の日経電子版ですが,

「日本企業が外されるリスク」

と題して,ESGを重視するノルウェーの投資家が,シンガポールの天然ゴムの大手企業から投資を撤退することを報じていました。

理由は,プランテーション事業が熱帯雨林の破壊につながりかねないから,というものでした。

ビジネスが立ちいかなくなってしまうのでは?と心配してしまいます。。

下の図の通り,投資家は企業に対して大きく「投資」と「投資撤退」の二つの行動をとることができます。

ダイベストメントによってESGへの改革を迫る投資家

ダイベストメントによってESGへの改革を迫る投資家

 

今回は赤文字の「投資撤退」(ダイベストメント)です。これによって,企業側は,少ない資金で乗り越えなくてはならないため,改革に迫られます。

うまくいけば,企業はより成長できるのですよね。

シンガポール企業の場合も,資金を引き揚げられたことで,

「やばい!ESGの観点もクリアできる事業にしなければ」

と,植林とプランテーションを同時に行う事業スタイルにするとか,何らかの方針変更をすることになるでしょう。

強制的に企業の変革を求めていくのが,ダイベストメントの狙いです。

(ほかのダイベストメントの参考事例もあります)

 

個人投資家としてのKobolのスタンス

個人投資家は,どのように行動したらいいのでしょうか?

先ほど述べた通り,

「ESG投資をしっかりできている企業は,ガバナンスが適切になされていると考えられるから,経営も安定しているはずである」

という仮定は,企業に投資する基準の一つとして考えられます。

そして,投資家個人としての「環境に貢献したい」「人間社会の充実に貢献したい」という,自己実現的欲求も,企業に投資する基準として考えられますよね?

だから僕は,

  • ガバナンスが適切な企業からの長期的なリターン狙い(利己の動機)
  • 環境や人間社会に充実に貢献したい(利他の動機)

という,利己&利他の動機によって,ESG投資を積極的に行う企業や,ESG投資に色が強い金融商品に投資しよう,と考えています。

上述したようなダイベストメントによって企業を動かすことまでは難しいですが,塵も積もれば山となりますし,世界市民としての義務のように思うのです。

 

おわりに

ESG投資に関してお話しました。

Environment(環境),Social(社会),そしてGovernance(企業統治)の3要素からなるESG投資は,投資資金を呼び込む企業の事業活動の柱になりつつあります。

利益を追求してきた時代から,公益的な要素を求めていく時代に移り変わろうとしているのではないでしょうか。

揺れ動いている感じも否めないですが,地球環境や人間社会に貢献できるのならば,個人投資家としても「ESG投資」に少し投資してみるのもいいかもしれませんね。

Kobol
Kobol

去年,グリーンインフラレンディングっていうクラウドレンディングに投資したら,回収遅延で早速損失を出したけど,勉強代だと思って,ESG投資にこれからも取り組むよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
投資全般
Kobolをフォローする
ほったらかし投資ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました