【図解】ウェルスナビ(WealthNavi) のリバランス機能

ウェルスナビのリバランス ウェルスナビ関連の情報
ウェルスナビのリバランス

ロボアドバイザー(*)で有名なウェルスナビ (WealthNavi)が気になっているんだけど、『リバランス』ってのは一体何なんだろう・・?ウェルスナビ だけにある機能なのかな?

その疑問にお答えする記事をご用意しました。

 

ウェルスナビ (WealthNavi)を実際に運用している中で調べてきた内容を、図を多めに入れて分かりやすく解説します。

 

↓本記事の内容です↓

  • ウェルスナビリバランスの具体的な内容
  • リバランスメリットデメリット
  • 他のサービスにあるリバランス機能

 

本記事を読んでいたただければ、ウェルスナビ のリバランスをイメージで理解できるようになります。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リバランスを分かりやすく説明【図解】

前提知識:現代ポートフォリオ理論による最適な資産配分

リバランスを説明する前に、ウェルスナビ の1番のポイントを知る必要があります。

 

それは、『現代ポートフォリオ理論による最適な資産配分』です。

 

現代ポートフォリオ理論とは,1990年にノーベル賞を受賞したハリー・マーコウィッツ博士がその基礎を築いた理論です。

 

ウェルスナビでは,現代ポートフォリオ理論を使うことにより,もっとも高いリターンを期待できる資産ポートフォリオ(配分)を算出しています。

 

下の図をご覧ください。ウェルスナビ では、年収や年齢などの質問形式で『リスク許容度』を設定するのですが、ユーザーのリスク許容度に応じて期待リターンが変わります。

ウェルスナビの最適ポートフォリオ-リスクと期待リターン(引用:ウェルスナビのホワイトペーパー)

ウェルスナビの最適ポートフォリオ-リスクと期待リターン(引用:ウェルスナビのホワイトペーパー)

 

大きなリスクを許容するなら、大きなリターンも期待できるってことですね。

 

ウェルスナビ では、リスク&リターンの異なる複数の金融商品を組み合わせることで、上記の『期待リターン』の達成を目指しています。

 

組み合わせのバリエーション,つまりポートフォリオの例がこちらです↓

ウェルスナビの最適ポートフォリオ-ポートフォリオの例(引用:ウェルスナビのホワイトペーパー)

ウェルスナビの最適ポートフォリオ-ポートフォリオの例(引用:ウェルスナビのホワイトペーパー)

リスク許容度が大きいほど,ハイリスクハイリターンの資産(図では米国株や日欧株)の比率が大きくなります。

 

ウェルスナビでは,ユーザーのリスク許容度に応じて,現代ポートフォリオ理論を駆使して最適な資産配分(ポートフォリオ)を決めているのですね。

 

例えば,僕のリスク許容度は3ですが,ポートフォリオ(2020年2月)はこんな感じです↓

Kobolのポートフォリオ-202002

Kobolのポートフォリオ-202002

ちなみに,『最適』をどのような配分にするかは,実際の市場データに基づいて更新され続けています。

ウェルスナビのポートフォリオを全部解説
ウェルスナビは、複数のETFに対して、我々投資家の資金を配分して投資しています。やはり「どんな商品に投資しているのか」くらいは知っておいた方がいいと思います。この記事では、投資商品の組み合わせ・配分である「ポートフォリオ」について、ウェルスナビの投資対象を全部説明しました。

 

リバランスを一言で表すと

リバランスは、『時間が経つにつれて理想からズレてしまった資産のポートフォリオを、最適なものに戻すこと』です。

 

↓リバランスのイメージです↓

リバランスのイメージ

リバランスのイメージ

もっと短く表現すると『ポートフォリオの修正』ですね。

 

リバランスを行う理由

リバランスを行う理由は,『リスク許容度の範囲で最も高いリターンを狙うため』です。

 

まず,リバランスの背景として,上でも説明した通り『ポートフォリオが最適値からズレる』ことがあります。

 

なぜかというと,ウェルスナビの投資先は米国のETF(上場投資信託)ですが,常に価格が変動しているからです。

 

例えば,米国の株安が続いて,米国株ETFの価額が低下したとします。一方で安定資産の金のETFの価額が上昇すると,下の絵の通りバランスが変化します。

ポートフォリオの変化の例

ポートフォリオの変化の例

資産のバランス(ポートフォリオ)が変化してしまうと,リスク許容度に応じた期待リターンを狙えなくなります。そこで,資産のバランス(ポートフォリオ)を最適なものに修正するわけです。

 

高いリターンを狙うことは,資産運用サービスとして当然の行動です。

 

リバランスのタイミングと判断基準

リバランスのタイミングと判断基準

リバランスのタイミングと判断基準

ウェルスナビのQ&Aに基づいて,リバランスのタイミングと判断基準を図解します。

 

  • 運営側で必要がないと判断すれば,リバランスを実施しない

⇒明確な判断基準は示されていないですが,最適ポートフォリオとのズレが少なく,リバランスの必要がないと判断すれば,リバランスを実施しません。

 

  • ズレが5%未満であれば,半年に1回

⇒資産残高によらず,一律で半年に1回です。

 

  • ズレが5%以上で,かつ,資産残高が50万円未満の場合は,半年に1回

⇒半年待っていても,顧客資産への影響が大きくないとの判断なのでしょうかね。

 

  • 資産残高が50万円以上だと、前倒しで

半年を待たずして,リバランスを実施します。多額の資産残高の場合はズレの影響が大きいので,早急なリバランスが必要ってことですね。

 

リバランスの実施方法

具体的な方法はホワイトペーパーに記載されていますが,以下を行います。

  • 値上がりした銘柄の一部売却
  • 値下がりした銘柄の追加購入

リバランスで実際に行う典型的な作業は、値上がりした銘柄の一部売却と、値下がりした銘柄の追加購入です。金融資産の価格は上昇と下落を繰り返すことも多く、その場合にはリバランスは割高な銘柄の売り(利益確定)と割安な銘柄の買いを行うことを意味し、結果としてパフォーマンスの向上に繋がる可能性もあります。

引用:ウェルスナビのホワイトペーパー

 

リバランスの確認方法

  • iOSアプリ
リバランスの確認方法-iOSアプリ

リバランスの確認方法-iOSアプリ

iOSアプリでは,『その他』→『取引履歴』と進み,履歴を遡っていくとリバランスの履歴が見つかるはずです。

 

  • Webブラウザ
リバランスの確認方法-Webブラウザ

リバランスの確認方法-Webブラウザ

Webブラウザ(パソコン等)の場合は,上部メニューバーの『取引履歴』から,同じく履歴を遡っていくと,リバランスを履歴を確認できます。

 

リバランスのメリット&デメリット

リバランスのメリット

  • 最適状態をキープできる

リバランスは,『最適状態からズレたポートフォリオを最適状態に修正すること』なので,リスク許容度に見合った最適な状態に自分のポートフォリオをキープできます。

 

  • 自分の時間を節約できる

『自動』はウェルスナビのセールスポイントの1つです。資産ポートフォリオのバランスを自分で修正するなんて,素人には難易度が高いし時間を消費します。

忙しい現代人によって,時間を節約できることは貴重なメリットです。

 

リバランスのデメリット

  • 自分の運用スキルは身に付かない

自動運用サービスですから,自分で考えずにサービスに任せることになります。自分の運用スキルが身に付かないのは当然のこと。

 

ただ,『運用スキルは不要で,運用した結果(=リターン)があれば良い』というユーザーがほとんどだと思うので,デメリットとして気にしなくてもいいと思います。

ウェルスナビ (WealthNavi)を徹底レビュー!ほったらかし投資に使えるか?
ロボアドバイザーを利用した投資サービス・ウェルスナビの徹底レビュー記事です。皆さんが十分な予備知識を持ったうえでウェルスナビが良いものかどうかを判断するために,伝えきります!あらゆる情報を盛りだくさんに載せましたので,ご一読いただけたら嬉しいです^^

 

【比較】他のロボアドバイザーにあるリバランス機能

楽ラップのTVT機能

楽ラップのTVT機能(引用:楽ラップの紹介ページ)

楽ラップのTVT機能(引用:楽ラップの紹介ページ)

楽天証券には,自動運用サービス『楽ラップ』があります。

楽ラップにも,『TVT (Target Volatility Triggers) 機能』というものがあります,一種のリバランス機能を担っています。

例えば,株式の値動きが激しくなったら,株式資産の比率を一時的に下げます。一方で,値動きの緩やかな債権の比率を上げます。

こんなイメージ↓で影響が緩和されるのですね。

楽ラップのTVT機能の効果(引用:楽ラップの紹介ページ)

楽ラップのTVT機能の効果(引用:楽ラップの紹介ページ)

ウェルスナビのリバランスと楽ラップのTVT機能の違いは以下の通りです。リバランスが『攻め+守り』だとするとTVT機能は『守り』に特化したイメージです。

  • ウェルスナビのリバランス:『最適なリターン』を目指す
  • 楽天証券のTVT機能:値動きの『影響を緩和』する(損失を最小限にする)
下落ショック軽減機能(TVT機能)とは | 楽ラップ | 楽天証券
TVT機能は、不安定な相場環境下で値動きのブレを軽減したい人のための機能です。

 

THEOのリバランス

THEOの4機能

THEOの4機能

ウェルスナビのガチの対抗馬に『THEO』というサービスがあります。

THEOでは,以下の4つの機能によって,資産ポートフォリオの見直しを行っています。

  • リバランス
  • リアロケーション
  • リクリエーション
  • リプロファイリング

THEOのホワイトペーパーに載っている説明が簡素なので理解が難しいですが,4つのうち『リバランス』で行っていることはウェルスナビのリバランスと同様です。

その外に3つも最適化の方法があるとしたら,なんとなく凄そうですね。

参考までに,THEOの説明ページのリンクを載せておきます。

「リバランス」がすごい|知ってトクするTHEOと資産運用の話 THEO Guide テオ・ガイド
THEOにおまかせできる、リバランス、リアロケーション、リクリエーション、リプロファイリングとは?

 

まとめ

本記事の内容をまとめます。

  • リバランスを一言で:『時間が経つにつれて理想からズレてしまった資産のポートフォリオを,最適なものに戻すこと
  • リバランスの目的:ユーザーのリスク許容度に応じた期待リターンを実現
  • リバランスの頻度:原則として『半年に1回
  • リバランスの方法:『値上がりした銘柄の一部売却』と『値下がりした銘柄の一部購入
  • リバランスの履歴確認:iOSアプリもWebブラウザも『取引履歴』から
  • リバランスのメリット:『最適状態をキープ』『自分の時間を節約
  • リバランスのデメリット:『運用スキルが身に付かない
  • 他のサービスにある同様の機能:楽天証券の『楽ラップのTVT機能』,THEOのリバランス

ウェルスナビリバランスについて,イメージを持てたでしょうか?

ウェルスナビには他にも『ライフプラン』『ナビゲーション』『長期割』などがあるので,良ければ記事を参照してみてくださいね(^^)

実績も公開中なので,こちらも参考になると思います!

記事が参考なったら,ぜひシェアをお願いしますm(__)m

↓↓↓

コメント

  1. […] 【図解】ウェルスナビ(WealthNavi) のリバランス機能ウェルスナビの『リバランス』機能について,分かりやすく図を多めに入れてまとめました。『ウェルスナビが気になっているんだけど […]

  2. […] ウェルスナビのポートフォリオを全部解説ウェルスナビは、複数のETFに対して、我々投資家の資金を配分して投資しています。やはり「どんな商品に投資しているのか」くらいは知っておいた方がいいと思います。この記事では、投資商品の組み合わせ・配分である「ポートフォリオ」について、ウェルスナビの投資対象を全部説明しました。spacekobol.com2019.05.09 【図解】ウェルスナビ(WealthNavi) のリバランス機能ウェルスナビの『リバラ… […]

  3. […] ウェルスナビには他にも『ライフプラン』『リバランス』『長期割』などがあるので,良ければ記事を参照してみてくださいね(^^) […]

  4. […] ウェルスナビには他にも『ライフプラン』『ナビゲーション』『リバランス』などがあるので,良ければ記事を参照してみてくださいね(^^) […]

タイトルとURLをコピーしました