つみたてNISA | 非課税投資枠まわりのルールまとめ

つみたてNISA-非課税投資枠と関連ルール つみたてNISA関連の情報
つみたてNISA-非課税投資枠と関連ルール

税制上のメリットがある、つみたてNISA

 

できることならメリットを最大化したいですよね!

 

残念ながら、つみたてNISAには『』があります。

 

そりゃあそうですよね。

 

枠が無ければ、税制メリットの総額が膨れ上がり、国の財政が破綻してしまいます(-_-)

 

つみたてNISAの運用を継続する仕組みとして、『枠』が必要ですね。

 

今回はその『枠』について、関連情報も絡めてまとめていきます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

つみたてNISAとは〜概要

つみたてNISAは、以下の通り定義されています。2018年から始まり、期間が限定された非課税制度です。

特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度

引用:金融庁ホームページ

 

税法上の前提として、株式や投資信託分配金やの譲渡による利益には、概ね20%の税金が課されます。

【例】
100万円で買った株式が、仮に利回り50%で150万円で売れた場合には、利益は50万円ですね。50万円の20%にあたる10万円税金として納めることになります。
手元に残る実質的な利益は40万円、ということですね。

 

20%って、結構大きな割合だと思いますが、これがゼロ%になったら嬉しくないですか?!

 

つみたてNISAなら、『枠』の範囲で、投資による利益への課税を回避できるのです。

【グラフで理解】NISA(一般,ジュニア,つみたて)の普及状況!
NISA(一般,ジュニア,つみたて)の普及状況をグラフでまとめました。パッと見で分かるようになっています。口座の数と買付額を,年代別・商品別に示します。政府が作ってくれた制度が日本にどれくらい普及してるのかを把握できます。

 

非課税となる投資の枠

1年間に40万円まで非課税で投資できることになります。

 

わかりやすいですね。

 

上限(年間の)が40万円と決まっているわけです。

 

僕がちょっとだけ迷った違いは以下の通りです。

 

×:1年間に40万円の利益まで課税されない
〇:1年間に40万円まで非課税で投資できる

 

つみたてNISAの対象期間の間は,『1年間40万円までの投資』の結果として利益が出ても,課税されません。

 

利益がまるまる自分の懐に入るというわけです。

 

毎月,同じ額を積み立てるのであれば,1カ月に33,333円です(40万円÷12)。

 

20年間をフルに活用できたのなら,40万円×20年間で最大800万円を投資できることになります。

 

これさ,年間積立額が40万円を超えるときがあっても,20年間の合計で800万円を超えなきゃいいんでしょ?

Kobol
Kobol

年間縛りだから,年間積立額は40万円を超えられないんだ。

 

非課税投資枠を超えたらどうなるか?そもそも超えられるのか?

年間40万円を超える積立設定はできないようになっている

年間40万円を超える積立設定はできないようになっている

 

ここで『年間積立額が40万円を超えたらどうなるんだろう?』と疑問が湧きます。

 

つみたてNISAは証券会社や銀行で積み立てることができるのですが,例えば,SBI証券では以下の通り回答しています。

つみたてNISAは制度上、積立設定時点で非課税投資可能枠(40万円)を超えるような設定はできません。

 

つまり,システム側で弾かれるので,そもそも年間積立額が40万円を超えるような積立設定ができないのですね。

(これには例外があるので,もう少し読み進めてみてください)

 

非課税枠を余らせたら繰り越しできるのか?

不使用枠の繰越しはできません

不使用枠の繰越しはできません

 

上の図の通りですが,年間40万円に足りなかった分を繰りこすことはできません

 

金融庁のホームページでも,以下の通り規定しています。

未使用分があっても翌年以降への繰り越しはできません

 

安定して淡々と積み立ててね,ってことなんですかね?

 

非課税投資枠が食われてしまうことがある

例外の話をします。

 

年間40万円の非課税投資枠ですが,意識せずとも枠が使われてしまうことがあるので,説明しておきます。

  • 分配金を再投資する場合
  • スイッチングする場合

に注意が必要です。

 

分配金を再投資する場合(年間40万円を超えてしまうかも)

投資信託の中には,分配金を投資家に付与してくれるものがあります。

 

僕が使っている楽天証券でも,

  • 分配金を受け取るだけなのか
  • 分配金を再投資に充てるのか

を選ぶことができます。

 

再投資に充てる場合に注意が必要です。

 

再『投資』というくらいですかられっきとした「投資」です。

 

つみたてNISAで買っている投資信託からもらった分配金で,その投資信託に再度投資するわけです。

これが「非課税の投資」としてみなされ,非課税投資枠が使われてしまうのです。

そうすると,下の図のようなことが起きます。

年間40万円を超過した分の分配金は課税口座での買付に

年間40万円を超過した分の分配金は課税口座での買付に

 

年間の積立て額が39万円だとして,2万円の分配金をもらえたとします。

分配金設定を「再投資」にしていると,合計41万円の年間投資額になります。

40万円から1万円だけ足が出てしまいましたね?

その1万円は,つみたてNISAをやっている証券口座にあなたが持っている課税口座(特定口座か一般口座)での買付に使われてしまいます。

もちろん,対象となっているつみたてNISAの銘柄が買われます。

課税口座で買われた投資信託で利益が出たら,課税されてしまいます。

 

スイッチングする場合

つみたてNISAのスイッチング

つみたてNISAのスイッチング

 

金融庁のホームページでは,スイッチングは以下の通り規定されています。

スイッチングとは、保有している金融商品を売却し、別の金融商品を購入することで入れ替えることです。

売却したからゼロでしょう~♪

ではなくて,売却した分は年間上限の40万円から引かれるってことですね。

上の図の例だと,22万円の範囲で,残り半年の積立てを行わなければいけません。

まとめ

ここまでお読みいただき,ありがとうございました。

つみたてNISAの非課税投資枠にまつわるルールをまとめました。

原則は年間40万円です。

40万円の範囲の中で,淡々と積み立てていきましょう。

 

楽天証券でつみたてNISAに取り組んでいます。

実績を月一で公開しているので,良かったらご覧ください^^

つみたてNISAの実績公開
等身大の実績公開として, つみたてNISA の実績公開を行っていきます。楽天証券で取り組んでいますが,原則としては月に1度の更新を予定しています。単調な記事にならないように,その月の為替の動きや背景などにも言及していきます。

コメント

  1. […] […]

  2. […] つみたてNISA | 非課税投資枠まわりのルールまとめつみたてNISAには,「枠」があります。本記事では,その「枠」のルール,関連情報を絡めてまとめます。落とし穴っぽいルールもある […]

  3. […] つみたてNISA | 非課税投資枠まわりのルールまとめつみたてNISAには,「枠」があります。本記事では,その「枠」のルール,関連情報を絡めてまとめます。落とし穴っぽいルールもある […]

  4. […] つみたてNISA | 非課税投資枠まわりのルールまとめ | ほったらかし投資ブログ より: 2020年4月2日 14:22 […]

タイトルとURLをコピーしました