不況や円高で不安な時こそ【ほったらかし投資】の原点に立ち返る

不況の時こそ、原点に立ち返る 投資全般のお役立ち情報
不況の時こそ、原点に立ち返る
Kobol
Kobol

2019年月のプチ円高時に書いた記事です。
自分に言い聞かせるために、『原点に立ち返ろう』という主張で書いています。

—————–

円高が軒並み進んでいますね(DMM FXのチャートより)

軒並み円高が進んでいる

軒並み円高が進んでいる: DMM FXの チャートを引用

 

株安も進んでいます。楽天証券のサイトですが、株安の背景と見通しを解説してくれています。

 

不景気の始まり?の様相を呈していますね。

イナタ
イナタ

な、なんで、こんなことに。。。orz

Kobol
Kobol

ざっくりとだけど、ちょっと考えてみたよ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

不景気の始まり?

連日、ニュースを賑わしているのは、

  • アメリカと中国との貿易戦争
  • 日本と韓国とのいざこざ

ですよね。

他にも色々な要因が複雑に絡んでいるとは思いますが。

 

GDPの世界第1位(アメリカ)、2位(中国)及び3位(日本)が当事者なのです。

 

しかもですよ?

 

この3カ国のGDPの合計は、2012年時点でも世界全体のGDPの約45%を占めているのです!

世界のGDPシェア

世界のGDPシェア

 

これだけ大きな経済圏でいざこざを起こしているのですから、世界経済に影響が出るのは自然というもの。

 

しかし、リーマンショックのレベルと比べたら屁みたいなものなので、この後には本物の不景気が来ると思っています。

 

投資界隈では悲鳴が聞こえていますが、あなたはどのように過ごしていますか?

 

投資界隈からは悲鳴が!

投資界隈からは悲鳴が!

 

僕個人としても、悲鳴とまではいかずとも、唸り声くらいは出てしまっています。

 

ただ、唸り声で住んでいるのは、ほったらかし投資を実践しているからだと思っています。

 

経済が荒れ始めているいまだからこそ、ほったらかし投資の原点に立ち返って、不景気を乗り越えていきましょう!

 

ほったらかし投資の原点

ほったらかし投資を僕が選んだ目的は、

  • 一喜一憂することなく心を安定させる(生活リズムやメンタルを一定に保つ)
  • ほったらかすことでセーブした時間を他のことに使う

というものでした。

 

経済が荒れて、自分の心までも荒れていく前に、原点を思い出すことにします。

 

ほったらかし投資 による資産形成
老後の資金は大丈夫ですか?僕は,老後資金の一部を投資による資産形成で賄うべきだと考えています。そして,どのような投資商品を選ぶか考えたとき,忙しく仕事としている自分の状況を考えると,「 ほったらかし 」が可能な商品がふさわしいと考えました。具体的な話を紹介していくので,お目通しいただけたら嬉しいです。

 

投資したその先には、豊かな老後が待っています。

 

減る一方の年金に頼らず、投資で築いた資産で、豊かな老後を送るのです。

 

と、ここまではほとんど精神論です。

 

今そこに!円高&株安、つまり不景気という現実的な危機が迫ってきています。

 

ほったらかし投資の原点に立ち返り、どのように乗り越えて行くか、具体的な方法を記載していきます。

 

不景気を乗り越えるために心掛けたい3つのこと

不景気を乗り越えて、ほったらかし続けるために、僕は3のことを意識しています。

 

景気には長期の波があることを理解する

景気にはがあります。

 

しかも数年単位の大きな波が。

 

これは歴史を見れば明らかです。

 

為替も、株価も、波のように動いています。

 

なので、「良い時もあれば、悪い時もある」のです。

 

そして、波ならば、谷の次には山が来て、山の次には谷が来ます。

 

今、不景気が「谷」ならば、次に好景気である「山」が待っています。

 

我々は、谷を越えるだけでいいのです。

 

「今だけ耐えればいい」と考えることができれば、随分と楽になりませんか?

 

「悲鳴で買って歓喜で売る」を地で行く

投資の格言に「悲鳴で買って歓喜で売る」というものがあります。

 

つまり、大不況、大恐慌、大暴落といった地獄では、投資市場からは悲鳴が聞こえて来ますよね?

 

自分も一緒になって悲鳴をあげ続けていては、大衆と同じです。

 

賢者は、悲鳴をBGMにして、そこで買うのです。

 

株でも投信でも為替でも。

 

悲鳴は、ちょっとだけ激しくも悲しい、イ短調&アップテンポのクラシック。。。ぐらいに思うのです。

 

クラシック音楽をBGMにして、買う!

 

大きな波があることを理解していると、これは当たり前のことをやっているに過ぎないのです。

 

波の谷部分、つまり市場が暴落している時には、悲鳴が聞こえます。

 

しかし、谷の次には山があります

 

これから景気が上がって行こうとしているのですよ。

 

普通に考えたら、買いますよね。

 

悲鳴があちこちから聞こえ、自分の含み損も膨らんでいると、普通の思考ができなくなるのです。

 

普通のことを、普通にやる。

 

不景気の時に買えばいいのですが、ポイントがあります。

 

それは、投資を余裕資金で行っていることです。

 

資金の余裕は心の余裕です。

 

心に余裕があれば、「悲鳴=BGM」と積極的に勘違いすることも、それほど苦ではありません。

 

それに、谷だと思っていたところは崖の途中で、本当の谷ははるか下だった。。ってこともありえます。

 

余裕があれば、本当の谷底に落ちたとしても、まだ大丈夫です。

 

為替や株とは別の動きをする資産を保有しておく

最後は、リスクヘッジです。

 

為替や株に100%の投資資金を入れておくと、市場が悪化した時に全力でダメージを受けることになります。

 

例えば、最近は急激に円高になりましたが、外貨預金やFXでの外貨買いを100%の全力で行っていた人は、大ダメージを受けたはずです。

 

それはあまりにも痛い。

 

1本の細いバットを全力で振って、当たれば大きなヒットを打つようなやり方です。

 

そうではなくて、3本くらいのバットを重ねて振るのです。

 

スイングが遅くなるのでホームランを狙いにくくなりますが、大体ボールに当たるので、出塁できる可能性が高くなります。

 

投資で言えば、為替や株と別の動きをする資産を保有することに相当します。

 

典型的なものは、不動産や金、暗号通貨などです。

 

投資市場にあるお金の総量は激変しませんが、どこに流れるかは、市場の状況に応じて変わります。

 

不動産は、株や為替とはあまり連動せずに、比較的安定した価値を持ち続けています。

 

金や暗号通貨は、為替や株と逆の動きをする印象です。つまり、為替や株の状況が悪くなると、投資資金が金や暗号通貨に流れてくるのです。

 

先ほどの3本のバットで言えば、球(市場)がまっすぐ飛んでくれば真ん中のバット(為替や株)に当たり、フォークボールなら下のバット(金や暗号通貨)に当たる。

 

そんなイメージです。

 

野球の試合でそんなことをやったら反則ですが、投資では反則ではないですし、むしろ推奨されている方法です。

 

おわりに

ここまでお読みくださって、本当にありがとうございます!

 

不況の時こそ、ほったらかし投資の原点に立ち返ることについて、自分に言い聞かせると思って書いて見ました。

 

まとめます。

  • 景気には大きな波があることを理解する
  • 「悲鳴で買って、歓喜で売る」を地で行く
  • 為替や株とは別の動きをする資産を保有しておく

 

偉そうに書きましたが、実際は、今現在も僕は結構ソワソワしています。

 

スワップポイント投資をしているのですが、FX会社の口座にログインしては、チラチラと証拠金維持率(または有効比率)を見てしまいます。

 

証拠金維持率(または有効比率)がロスカット発動のパラメータになっていますからね。

 

なので、本記事は自分を落ち着かせる意味も持っているのです。

 

本記事が少しでもあなたを落ち着かせることができたら、嬉しいです。

 

一緒に不況を乗り越えましょう!

コメント

  1. […] ほったらかし投資の原点:不景気のときにこそ立ち返りたいこと2019年8月上旬、円高と株安によって、投資界隈では悲鳴が聞こえてきます。そんな時だからこそ、ほったらかし投資の原 […]

タイトルとURLをコピーしました