ドルコスト平均法の内容と,応用すると効果が出る6つの投資商品

ドルコスト平均法の内容と,応用すると効果が出る6つの投資商品 投資全般のお役立ち情報
ドルコスト平均法の内容と,応用すると効果が出る6つの投資商品

  • ドルコスト平均法』って言葉をこれまで何となく使っていたかも・・・。
  • ドルコスト平均法を応用するなら、どんな商品がいいんだろう?

 

こういった悩みに答える記事をご用意しました。

 

ドルコスト平均法』は投資の世界でよく聞かれる用語ですが,『なんとなくそれっぽい響き』ってだけで使われている場合もあります。

 

しかし,ドルコスト平均法を適切に理解して応用すれば,リスクを下げられる良い方法です。

 

そこで本記事では,

  • ドルコスト平均法の内容【図解】
  • ドルコスト平均法のメリット&デメリット
  • ドルコスト平均法を応用できる投資商品

をわかりやすくまとめていきます。

 

本記事を読むことで、ドルコスト平均法の実践をイメージできます

 

最後まで読んでいただけるとすごく嬉しいです(^^)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドルコスト平均法とは

ドルコスト平均法とは,価格が変動する商品を買う場合に,不運から身を守るための方法です。

 

少し具体的に表現すると,

  • 価格が時間と共に変動する商品を
  • 長期間
  • 定期的に
  • 毎回同じ金額を使って
  • 買う

そんな方法です。

 

では、ドルコスト平均法を使わない場合と使う場合の比較で図解していきます。

 

ドルコスト平均法を使わない場合

ドルコスト平均法を使わない場合(引用:外為どっとコム)

ドルコスト平均法を使わない場合(引用:外為どっとコム)

 

上の図は、概ね2004年~2020年の日本円と米ドルの為替チャートです。変動していますね。

イナタ
イナタ

よっしゃ!これからの時代は米ドルでしょ!

と息巻いて100万円を使って米ドルを買ったとします。

よりによって2007年6月1日に。勢いで買った典型ですね。

 

チャートから分かるとおり、2007年6月1日は1ドル124円とリーマンショックの前では米ドルの対日本円価格が1番高い時』です。

 

高い買い物に全力投球をした結果、100万円で8065ドルしか買えなかったです。

 

その後、米ドルの対日本円価格は下がっていきます。

 

多額の日本円を払って買った米ドルの価値が、日本円に対して下がってしまったのです。

イナタ
イナタ

日本円に戻さなきゃいいじゃん!アメリカで生活するから!

という考え方もあります。

 

ただ、アメリカ生活の準備資金を作るために多額の日本円を投じたわけですよね?

 

準備にめちゃくちゃお金がかかっていることになります。

せっかくなら安く準備したいですよね。

 

ドルコスト平均法を使う場合

ドルコスト平均法を使う場合(引用:外為どっとコム)

ドルコスト平均法を使う場合(引用:外為どっとコム)

ドルコスト平均法を使うと、こうなります。

 

半年に1回、58824円分の米ドルを買い、それを17回継続しました。合計は100万円です。

 

半年ごとにいくらの米ドルを買えたかを表にしてみます。

回数 購入時期 レート
(円/ドル)
払った日本円
(円)
買えたドル
(米ドル)
1 2007/6 124 58824 474
2 2007/12 115 58824 512
3 2008/6 109 58824 540
4 2008/12 96 58824 613
5 2009/6 99 58824 594
6 2009/12 93 58824 633
7 2010/6 93 58824 633
8 2010/12 85 58824 692
9 2011/6 82 58824 717
10 2011/12 78 58824 754
11 2012/6 81 58824 726
12 2012/12 87 58824 676
13 2013/6 101 58824 582
14 2013/12 105 58824 560
15 2014/6 103 58824 571
16 2014/12 122 58824 482
17 2015/6 126 58824 467
合計= 1000000 10226

ドルコスト平均法を使った結果、100万円で10226ドルを買うことができました。

 

比較

  • ドルコスト平均法を使用せず:100万円で8056ドルを購入 (1ドル当たり124円)
  • ドルコスト平均法を使用した:100万円で10226ドルを購入 (1ドル当たり98円)

 

あきらかに、ドルコスト平均法を使った方が多くの米ドルを買えました。

 

つまり、1ドルを購入するために使った日本円が少ないのです。

 

コスト平均法のメリット&デメリット

ドルコスト平均法には上の例で見た通りの効果がありますが、冷静にメリットとデメリットをまとめます。

 

メリット

  • 高値で買うリスクを低減できる

ドルコスト平均法を使うと、高値で買うリスクを低減できます。

 

為替もそうですが、価格が変動する商品の場合『今が高値か』を判断しづらいため,結果として高値掴みのリスクが常に存在します。

 

高値で買うと、それ以降は売るに売られず塩漬けになってしまったり、損切りをする羽目に。

 

ドルコスト平均法を使えば買値を平準化できるので、高値掴みのリスクを低減できるのです。

 

  • スタートの時期をあまり気にしなくてよい

ドルコスト平均法を使うと決めたら、その時点で始めてOKです。

 

なぜなら、いつ始めても結果はあまり変わらないからです。

 

対象商品の価格は常に変動しているのだし,長く続けることで購入価格が平均化されていくので,スタートの時期は関係なくなっていきます。

 

  • 価格変動を気にする必要がない

ドルコスト平均法では,価格が刻一刻と変化する様子をみてもソワソワする必要がありません。

 

定期的に同じ額で買っていく仕組みなので,仕組みにお任せの状態です。

 

心の安定は余裕を生みます。

 

時間的・精神的な余裕が生まれたら他のことに注力できるので、生活の効率がアップしますよね!

 

  • 1度に多額のお金を用意する必要がない

ドルコスト平均法では,1度に多額のお金を用意する必要がありません。

 

その『多額のお金』を細分化して払うことになるからです。

 

例えば,1米ドル=100円のレートで5000ドルを手に入れるためには50万円が必要ですが、1度に50万円を用意するのは大変です。

 

しかし,ドルコスト平均法を使う場合、1カ月に1万円を工面すればOKです。あとは50カ月間(4年間ちょっと)継続して買えばいいのです。

 

1度に多額のお金を用意する必要がないので,やりくりは楽になりますね!

 

デメリット

  • 単発買いの方がお得な場合がある

価格変動を読めない以上,下の図のように『まとめて買ったタイミングが最安値』ってこともあります。

まとめて買ったタイミングが最安値(引用:外為どっとコム)

まとめて買ったタイミングが最安値(引用:外為どっとコム)

この場合,1米ドル75円の最安値でまとめて買う方がお得ですよね。

 

別の言い方をすれば,ドルコスト平均法は『大きく儲けるチャンスを掴みきれない』と言えます。

 

  • 短期には向かない

ドルコスト平均法は,短期の購入には向きません

 

急に米ドルが必要になったとしても,1週間ではドルコスト平均法の効果は出ません。

 

正確には,『米ドルの価格変動の周期を考えると,1週間ではドルコスト平均法の効果が出ない』です。

 

米ドルー日本円のチャートを見ると、米ドルと日本円の為替レートは8年ほどの周期で変動したことがわかります。

 

2007年のレートに再び戻るのが2015年頃です。

 

なので、米ドルを日本円で買う場合は、10年くらいの長期間でドルコスト平均法を使った方がいいです。

 

他の商品も同様です。

 

金融商品の価値は経済状況に連動する場合が多いので、少なくとも数年の期間をかける方がいいです。

 

ドルコスト平均法は、短期には向かないのです。

 

ドルコスト平均法の効果が出る6つの投資商品

ドルコスト平均法は全ての商品に適用できるわけではなく、相性のいいものに限定して適用すべきです。

 

僕が実践しているものも含めて、『効果のある投資商品』お伝えします。

 

積立式の外貨預金

銀行によっては、積立式の外貨預金を提供しているところもあります。

 

上で紹介したドルコスト平均法の例と同じようなイメージで,為替変動による高値掴みのリスクを低減する効果があります。

 

例えば以下の銀行で、積立式の外貨預金を提供しています。

 

銀行で資産運用をするなら押さえておきたいメリット&デメリット
『そろそろ資産運用を。。いつもの銀行で相談かな?』と思ったら,本記事を読んでからでも遅くはありません。気になる手数料の具体例,デメリットもメリットをまとめます。銀行での資産運用の向き・不向きも!ご判断の一助にどうぞ。

 

積立式のFX

積立式のFXは僕も実践しています。

 

その上で言いますが、積立式のFXはおすすめできます。

 

FXでは外貨を売買するので、上で紹介した積立式の外貨預金と同じようなものですが、大きな違いがあります。

 

それは『レバレッジ』(テコの原理)がかかっている点です。

 

レバレッジをかけるからこそ、少ない資金で大きな取引が可能になります。

 

一方で、レバレッジをかけると、損失が一定以上になった場合に『ロスカット』という強制決済を喰らう可能性が出てきます。

強制ロスカットの体験記(´;ω;`)@ 外為オンライン
はい!強制ロスカットされちゃいました~~~!!!(´;ω;`) 8月26日(月)の朝,まだ布団の中にいる時間に,あっという間に円高が進み,サクッとロスカット。。orz 貴重な経験だったので,記事にして残しておきます。学びを活かして,もう二度とロスカットを喰らわないように運用していきます!

 

積立FXを提供しているのはSBIFXトレードですが、レバレッジが低く抑えられているので,ロスカットのリスクも低いのが特徴です。

積立FX | SBI FXトレード
SBI FXトレードが提供する新サービス積立FXをご紹...

 

積立FXをやっていて何よりうれしいのが,スワップポイントが毎日もらえることです。

 

年利に換算すると銀行預金よりもずっとずっと高いので,かなり割のいい金融商品です。

スワップポイントの仕組み を初心者が調べてみた
ある日ふと気になった疑問「FXのスワップポイントって,どこから来るのかな?」を解消すべく, スワップポイントの仕組み を調べてみました。イラストを使いつつ,なるべく分かりやすく伝えたいと思います。読まれた方の理解に役立てれば嬉しいです^^

 

実績も公開しているので,興味を持たれたら気軽に覗いてみてください。

スワップポイント投資の実績公開
FXの スワップポイント投資 の実績をブログで公開していきます。スワップポイントを貯めていくだけの地道な投資の過程をそのまま公開します。定期更新なので、ペースメーカーとして記事を見ていただければ嬉しいです。

 

積立式の株

積立で株式を買う場合にもドルコスト平均法を使えます。

 

僕はやったことがありませんが『お気に入りの銘柄があるけど一気に買うのは怖い』という方にはありがたい仕組みです。

 

株式市場の制度は古くから整備されているので、安心感あもありますよね。

 

以下の金融機関でサービスを提供しています。

 

  • 野村證券の『株式積立(株式累積投資
株式積立(株式累積投資)|商品・サービス|野村證券
野村證券の株式積立(株式累積投資)のページ。野村證券ならではの幅広い商品・サービスラインアップをご紹介。国内株式、外国株式、投資信託、債券、FX、ファンドラップ、預金、ローン、保険、NISA、iDeCoなどをお取り扱いしています。

 

  • SMBC日興証券の『キンカブ
定期定額『買付』│キンカブ│SMBC日興証券
キンカブの「定期定額『買付』」機能を使っ...

 

  • 大和証券の『るいとう
るいとう(株式累積投資) | 株式 | 大和証券
大和証券のるいとう(株式累積投資) のページ。ダイワの商品情報をご紹介します。

 

  • au株コム証券の『プチ株積立
プレミアム積立(プチ株)|auカブコム証券
auカブコム証券のプレミアム積立(プチ株)とは、プチ株(単元未満株取引)を積み立てできるサービスです。買付手数料は無料です。

 

つみたてNISA等の投資信託の積立

投資信託の積立も普及していますが,代表的なものは政府が用意してくれた制度『つみたてNISA』です。

【グラフで理解】NISA(一般,ジュニア,つみたて)の普及状況!
NISA(一般,ジュニア,つみたて)の普及状況をグラフでまとめました。パッと見で分かるようになっています。口座の数と買付額を,年代別・商品別に示します。政府が作ってくれた制度が日本にどれくらい普及してるのかを把握できます。

 

つみたてNISAでは,利益に対する課税が免除されるので,より効率的に資産を形成できます。

 

老後に備えるために,月に1万円でも続けていくといいのではないでしょうか。

 

僕も実践しているのですが,ドルコスト平均法の効果を肌で感じています。

つみたてNISAの実績公開
等身大の実績公開として, つみたてNISA の実績公開を行っていきます。楽天証券で取り組んでいますが,原則としては月に1度の更新を予定しています。単調な記事にならないように,その月の為替の動きや背景などにも言及していきます。

 

積立式の金・プラチナ等の現物

ドルコスト平均法は,金やプラチナ等の貴金属の積立にも応用できます。

 

金(ゴールド)は,現物資産として非常に長い歴史を持っているし,白金(プラチナ)も非常に価値の高い希少金属です。

 

株式市場が暴落しても,大震災が起きても,文明が半壊しても,金に価値を求める人類が存在する以上,安心の資産です。

 

株式市場が大荒れした時などに金の価格が高騰するところを見ると,『最後のより所』となっていますよね。

 

積立サービスを提供している主要な会社は以下の通りです。

 

  • 三菱マテリアルの『マイ・ドールド・パートナー
金現物取引(金地金・金貨)|金投資を始める|純金積立なら三菱マテリアル GOLDPARK(ゴールドパーク) 三菱の金
三菱マテリアルでは金、プラチナ、銀を取り扱っています。金は地金、金貨を提供しています。金現物取引についてはこちらからご確認ください。

 

  • 田中貴金属金銀プラチナ積立
田中貴金属の純金積立
田中貴金属の純金積立公式サイト。月々3,000円からスタートできる手軽さと、毎月コツコツ「金」が貯まる楽しみを。業界No.1の「田中貴金属の純金積立」なら、未来の安心に向けて、着実に続けられます。

 

  • 楽天証券純金プラチナ積立
純金積立(金・プラチナ・銀):楽天証券
金やプラチナ、銀を毎月1,000円から積み立てたり、株式のように変化する価格をみながらトレードできます。貴金属への投資をはじめてみませんか?

 

  • SBI証券金銀プラチナ積立
金・プラチナ|SBI証券
金・プラチナ投資ならSBI証券。業界最低水準&#123...

 

ロボアドバイザーを利用した自動積立

ロボアドバイザーと言われる,投資判断・積立て操作の自動化プログラムを利用したサービスがあります。

 

定期・定額の積立てなので,もちろんドルコスト平均法を使えます。

 

代表的なものを挙げておきます。

 

僕は『ウェルスナビ (Wealth Navi)』を使っていますが,ドルコスト平均法の効果を実感しています。

 

  • THEO (テオ)
THEO [テオ] by お金のデザイン
プロとAIがいる、おまかせ資産運用。投資のプロが設計したアルゴリズムと、下落リスクの抑制を図るAIに、資産運用はおまかせ。

 

  • ウェルスナビ (Wealth Navi)
WealthNavi(ウェルスナビ)| ロボアドバイザーで全自動の資産運用
選ばれてロボアドバイザーNo.1(預かり資産・運用者数)。WealthNaviは、ノーベル賞受賞者が提唱する理論に基づくアルゴリズムを利用した、全自動のおまかせ資産運用サービスです。

 

ウェルスナビの実績も包み隠さず公開しているので,良かったら覗いてみてくださいね^^

ウェルスナビの実績公開
ウェルスナビ (ロボアドバイザーによる自動積立サービス)の実績公開を行っていきます。同サービスの積立タイミングに合わせて、月に1回だけ更新していきたいと思います。2017年12月から、月に1万円の積立額で、リスク許容度3で始めました。

 

まとめ

本記事の内容をまとめます。

 

米ドルと日本円の為替チャートを使って,ドルコスト平均法の効果を説明しました。

 

次に,ドルコスト平均法メリットとして以下を挙げました。

  • 高値で買うリスクを低減できる
  • スタートの時期をあまり気にしなくてよい
  • 価格変動を気にする必要がない
  • 1度に多額のお金を用意する必要がない

 

反対に,デメリットも挙げました。

  • 単発買いの方がお得な場合がある
  • 短期には向かない

 

最後に,ドルコスト平均法を使って効果が出る投資商品を6つ紹介しました。

  • 積立式の外貨預金
  • 積立式のFX
  • 積立式の株
  • つみたてNISA等の投資信託の積立
  • 積立式の金・プラチナ等の現物
  • ロボアドバイザーを利用した自動積立

 

本記事があなたの投資ライフを向上させる助けになったら,とても嬉しいです。

 

『参考になった!』という場合は,ぜひ記事のシェアをお願いします(^^)/

コメント

  1. […] ドルコスト平均法の内容と,応用すると効果が出る6つの投資商品投資を行う上でよく目にする『ドルコスト平均法』ですが,せっかくなら具体的に理解して実践したい。本記事では,実 […]

  2. […] ドルコスト平均法の内容と,応用すると効果が出る6つの投資商品投資を行う上でよく目にする『ドルコスト平均法』ですが,せっかくなら具体的に理解して実践したい。本記事では,実 […]

  3. […] ドルコスト平均法の内容と,応用すると効果が出る6つの投資商品投資を行う上でよく目にする『ドルコスト平均法』ですが,せっかくなら具体的に理解して実践したい。本記事では,実 […]

  4. […] ドルコスト平均法の内容と,応用すると効果が出る6つの投資商品投資を行う上でよく目にする『ドルコスト平均法』ですが,せっかくなら具体的に理解して実践したい。本記事では,実 […]

  5. […] ドルコスト平均法のおかげで平均取得単価が低めなので、急な円高でも証拠金維持率が大きく下がらないですからね! […]

  6. […] ドルコスト平均法の内容と,応用すると効果が出る6つの投資商品投資を行う上でよく目にする『ドルコスト平均法』ですが,せっかくなら具体的に理解して実践したい。本記事では,実 […]

タイトルとURLをコピーしました