資産運用をしない方がいい!と割り切った場合にとるべき3つの行動

資産運用をしない方がいい!と割り切った場合にとるべき3つの行動 投資全般のお役立ち情報
資産運用をしない方がいい!と割り切った場合にとるべき3つの行動

資産運用はどうしても不安!
色々な人に勧められるけど、やはり不安なの。。!

不安なその気持ち、否定はできません。

リスクを考えると、不安で仕方ないですよね。。

ぜひその気持ちは大事にしてください。

本記事では、『資産運用はどうしても不安だから、しない方がいい』と考えるあなたの背中をそっと支える内容をまとめています。

読んだ後には、『これでいいんだ、自分の気持ちを押し殺してまで資産運用をしなくてもいいんだ!』とスッキリすると思います。

ぜひ最後まで読んで欲しいです^^

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

資産運用に対する不安を受け入れる

資産運用に対する不安を肩肘張らずに受け入れよう

資産運用に対する不安を肩肘張らずに受け入れよう

嫌なものは嫌!で仕方がない

資産運用は、リターンを得られる反面、リスクが付きものです。

つまり、自分の資産を減らしてしまう可能性が出てくるわけですね。

資産が減るなんて、誰だって嫌だし避けたいものです。

わざわざ資産が減るリスクを冒して運用するなんて、意味がわからない!』とあなたは思っていることでしょう。

 

資産運用を勧めてくる人は、あの手この手で論理立ててあなたを説得しようとすると思います。

身内や親しい友人なら、『運用すれば資産が増えていくのにな。』と、あなたに経済的利益を手にしてほしい一心かもしれません。

 

しかし、たとえ相手の論理が正しく思えても、自分の自然な感情に無理をして蓋をしないで欲しいです。

嫌と言ったら嫌!』でいいんです。

あなたの人生だし、あなたの資産なんですから。

 

そもそも何が不安なのかを知る

嫌なら嫌でいいのですが、何に対しても無策では、人生を乗り越えるには心もとないでしょう。

なので、ここでは不安の正体を明らかにしたいと思います。

その上で、資産運用をしない人が取るべき行動につなげていきたいと思います。

 

原始の頃、人間が抱く主な不安は飢餓でした。

獲物を狩れなかった、果物や木の実を採取できなかった場合、食料が枯渇し、が待っていました。

 

現代に置き換えてみても、食料の枯渇は同様に生命の危機を招きます。

現代では、経済力が食料に直結します。

なので、経済力が無くなってしまうことが食料の枯渇に繋がり、生命の危機になります。

 

資産運用に失敗した結果、資産がなくなる(経済力がなくなる)と、生命の危機につながります。

 

一見当たり前のことのように思えますが、『経済力がなくなること』を文字にしてみると分かることがあります。

 

それは、資産運用しないと決断した場合であっても、「『経済力がなくなること』は依然としてあなたを不安にさせる」ということです。

では、資産運用をしない場合でも、依然として『経済力が無くなるリスク』を排除した方が、あなたの不安は軽減されるのではないでしょうか。


資産運用をしない方がいい!派に勧めたい3つの行動

資産運用をしない方がいい!派に勧めたい3つの行動

資産運用をしない方がいい!派に勧めたい3つの行動

 

経済力が無くなるリスクは,①収入を途切れさせないこと,②財産を守ること,の2つで低減させることができます。

①の『収入を途切れさせないこと』は,

  • 自分の能力に投資する
  • 夫婦共働きを実現する

の2つがあり,

②の『財産を守ること』は,運用を避けたいあなたにとっては,

  • 預金保険の範囲で銀行預金をする

になります。

 

自分の能力に投資する

自分の能力に投資する

自分の能力に投資する

 

自分の能力が高ければ,職を失うリスクを低減することができます。

それどころか,収入を増やしていくことだって可能です。

高いスキルを持った人材は,よい待遇を受けるものですからね。

2020年に開始された『同一労働同一賃金』の制度により,スキルと待遇はより正確に比例することになるでしょう。

同一労働同一賃金特集ページ
同一労働同一賃金特集ページについて紹介しています。

 

自己投資によって,収入の安定・増進を実現させましょう!

夫婦共働きを実現する

夫婦共働きを実現する

夫婦共働きを実現する

 

夫婦共働きをすることで,家事も仕事もシェアしながら,ダブルインカムを得ることができます。

大変だとは思いますが,

  • ダブルインカムなので収入が増加
  • 一方の失職による収入減少リスクをカバーできる

といったメリットがあります。

子育ても加わる場合にはもっと大変だとは思いますが,経済的な安心感はありますよね。

 

預金保険の範囲で銀行預金をする

預金保険の範囲で銀行預金をする

預金保険の範囲で銀行預金をする

 

日本の場合,預金保険に加入している銀行が破綻したときは,普通預金や定期預金などであれば1,000万円までが預金保険によって保障されます。

なので,とあるM銀行の預金が1,000万円を超えそうな場合には,複数の銀行に分散させることで預金を破綻リスクから守ることができます。

1つの銀行に1,000万円以上の預金をしないってことですね。

定期預金と投資信託は【選択】ではなく【組み合わせ】で運用していく
預金額が大きくなってくると,『そろそろ運用もしていかないとなぁ』と考えるようになりますよね。今回は【定期預金】【投資信託】の2つを引き合いに出して,冷静に比較してみます。そのうえで『僕だったらこうする』をお伝えします。

 

まとめ:資産運用をしない代わりに3つの対策を

まとめ:資産運用をしない代わりに3つの対策を

まとめ:資産運用をしない代わりに3つの対策を

 

本記事では,『資産運用はしない方がいい』と割り切る際に,3つの対策をとることをお勧めしました。

  • 自分の能力に投資
  • 夫婦共働きを実現
  • 預金保険の範囲で銀行預金

 

いずれも,経済力がなくなるリスクを低減させるものです。

資産運用に気乗りしないあなたにとっては,ハードルの低いリスク回避策ではないでしょうか。

参考になれば嬉しいです^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました