【実践中】ETFと投資信託、どっちも持つ場合の投資戦略

【実践中】ETFと投資信託、どっちも持つ場合の投資戦略 ETF&株の配当投資
【実践中】ETFと投資信託、どっちも持つ場合の投資戦略

ETF投資信託はそれぞれにいいところがあるからどっちも持ちたい。だけど、どうやって資産を築いていこう。。?

 

そういった疑問に答えるべく、本記事では僕が実践している方法を詳しくお伝えします。

簡単な方法なので、すぐに理解できます。

 

本記事を読んで実践するかどうかは、あなた次第です!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ETFと投資信託の比較

ETFと投資信託の比較

ETFと投資信託の比較

 

ETFと投資信託を簡潔に比較しておきます。

しっかり比較すると1つの記事になってしまうので、戦略を考えるうえで必要なポイントを中心にまとめますね。

 

投資信託

投資信託は、大勢の投資家から少しずつ投資資金を集めて、専門家大規模に運用する金融商品です。

 

ETFとの対比では、以下の特徴があります。

  • 信託報酬は高め
  • 配当の自動再投資も選択可
  • 商品の数が多い
  • 市場に上場していない

 

ETF

ETFは上場投資信託Exchange Traded Fund)のことで、投資信託ではあるものの、証券市場に上場している金融商品です。

 

投資信託との対比では、以下の特徴があります。

  • 信託報酬は安め
  • 配当に自動再投資はできない
  • 商品の数は少ない
  • 市場に上場している

 

このような比較から考えてみると,投資信託は『販売会社』が介在しているために信託報酬が高めです。

ですが、分配金の再投資をやってもらえるので、楽に資産を増やしていけます。

 

ETFは証券取引市場に上場しており、市場が開いている限りいつでも売買できます。

市場で売買するものなので、『販売会社』がなく、信託報酬が安めです。

また、分配金の再投資は自分でやらねばなりません。

参考:日本証券業協会

 

投資の目的

投資の目的

投資の目的

 

戦略を定めるためには、投資の目的を明確にすることが重要です。

 

僕は『生活できるレベルの配当収入を手に入れること』を目指しています。

遠い先かも知れませんが、頑張ります。

 

生活できるレベルとまではいかなくても、『十分なお小遣いレベル』くらいはあなたもほしいと思いませんか?

 

以下、その目的を達成するための投資戦略を解説します。

 

ETFと投資信託のどっちも持つ場合の投資戦略

ETFと投資信託のどっちも持つ場合の投資戦略

ETFと投資信託のどっちも持つ場合の投資戦略

 

結論

結論は以下のとおりです。

✔ ETFを投資余力の50%(目安)で積み立てる
✔ 投資信託を投資余力の50%(目安)で積み立てる
✔ 投資信託の利益が目標(50%とか、100万円とか)を超えたら解約してETF積み立てに回す
投資戦略のイメージ

投資戦略のイメージ

 

投資に回せる資金の50%(目安です)を使って、投資信託の積み立てを行います。

つみたてNISAであれば、投資信託解約時の利益に課税されないので、さらにいいですね!

つみたてNISAの実績公開
等身大の実績公開として, つみたてNISA の実績公開を行っていきます。楽天証券で取り組んでいますが,原則としては月に1度の更新を予定しています。単調な記事にならないように,その月の為替の動きや背景などにも言及していきます。

 

一方、投資に回せる資金のうちの残り50%(目安です)を使って、ETFの積み立てを行います。

つまり,基本はETFと投資信託の両方を積み立てていくわけですね。

 

僕のETF積み立て方法が参考になれば幸いです。

ETF&株の配当投資

SBI証券とSBIネオモバイル証券を使って,海外ETFや株式のコツコツ投資に取り組んでいます。

目的は配当収入です。

定期的に実績を公開していきますので,ベンチマークとして参考にしてもらえたらうれしいです。

 

そして、投資信託がある程度(利益率100%とか、利益額100万円とか)膨らんだら、解約してETFの積み立て額を増やします。

これの繰り返しです。

 

ではなぜこのようなスタイルにするのか、以下で理由を説明します。

 

理由①: ETFよりも投資信託の方が手間なく増やせる

資金を増やすために最適なのは、複利の力を使うことです。

 

つまり、分配金を再投資していくわけですね。

 

しかし、ETFは分配金の再投資を自分で行う必要があり、これがなかなか面倒です。

一方の投資信託は分配金の自動再投資を設定できるので、手間なく確実に複利の力を使えます。

 

ETFで自分で再投資すればいいじゃん。

確かにそれが安上がりだよね。
だけど、人間は忘れるし怠惰だから、分配金の再投資を確実に継続するのは至難の業だと思うよ。

 

確実に複利の力を継続して使うなら、やはり投資信託だと思います。

投資信託で資金を効率よく増やしましょう。

 

理由②: ETFに慣れる必要がある

投資信託の総額を増やしたところで解約して、ETFの積み立てパワーを増強するのですが、ETFは奥が深いのですよ。

自分でETFの積み立てを行っていて実感しています。

 

なので、自分でもETFの積み立てを行い、実践で学んでおいた方がいいです。

いざ投資信託を解約してETFに転換した場合にアタフタしては、失敗のリスクも大きくなりますからね。

 

理由③: 最終的な主役はETF

配当収入を目的とした場合、最終的な主役はやはりETFです。

 

投資信託でも分配金を再投資せずに受け取ることも可能ですが、何しろETFは投資信託よりも手数料が安い!

 

資産総額が大きくなってくると、一定の割合で毎年毎年取られる手数料の額も大きくなってきます。

 

もちろん手数料は少ない方がいいですよね?

ETFの方が投資信託よりも手数料は安いので、総額が大きくなるほどETFが望ましいと僕は思います。

 

まとめ

本記事では、ETF投資信託どっちも持つ場合の投資戦略をお伝えしました。

 

投資の目的は、生活できるレベルの配当収入を手に入れることです。

 

この目的を達成するための戦略は以下です。

✔ ETFを投資余力の50%(目安)で積み立てる
✔ 投資信託を投資余力の50%(目安)で積み立てる
✔ 投資信託の利益が目標(50%とか、100万円とか)を超えたら解約してETF積み立てに回す

 

分配金の自動再投資ができる投資信託で確実かつスピーディに資産を増やし、最終的には手数料の安いETFに上乗せしていくわけですね。

この方法で、ETFからの配当収入を増やしていきます。

 

これはあくまで僕のスタイルですが、あなたの参考になればうれしいです。

ETFの自動積立のやり方を1ステップずつ解説します。
ETF(上場投資信託)を積立するやり方って、実はあるんです。本記事では、SBI証券で海外ETFの積立(定期買付)をする方法を、1ステップずつ解説します。チャートを見ながら買うのがめんどくさい場合は、定期買付で自動化した方が楽ですよね^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました