【配当収入】ETF&株式の配当投資を始めます。

【配当収入】ETF&株式の配当投資を始めます。 ETF&株の配当投資
【配当収入】ETF&株式の配当投資を始めます。

配当投資を始めることにしました。

 

本記事は、配当投資の最初の1歩を宣言するための記事です。

あなたがもし配当投資に二の足を踏んでいる状態なら、『よし、自分もやってみようかな』と少しだけ背中を押せる記事だと思います。

ぜひ参考にしてくださいね。

 

不労所得としての配当収入を増やしていき、自由な生活に近づきます!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

配当投資の目標

配当投資の目標

配当投資の目標

 

配当投資の目標は、月に10万円配当収入を達成することです。

なぜ月に10万円か?ですが、理由は2あります。

 

  • できることが増える

一番大きな理由は、月に10万円増えたら『できることが増える』です。

僕自身、あまり物欲はないのですが、経験を大事にしています。

 

月に10万円があれば、

☑️ 旅行
☑️ 子どもの教育
☑️ 栄養豊かで健康的な食事
☑️ 快適な住環境
☑️ 文化、芸術の鑑賞

など、多くの経験を手にすることができますよね。

 

贅沢は言わないので、月に10万円だけ、プラスαの経験のために不労所得を得たいのです。

 

  • 一時的な収入ダウンを補填できる

サラリーマンの強みは給料とボーナスを定期的にもらえる点ですが、この激動の時代には何があるかわかりません。

ボーナスが下がるかもしれませんし、給料だって下がるかもしれません。

怪我や病気で働けなくなるかもしれません。

 

一時的に収入が減少しても、月に10万円の配当収入があれば、少しだけ安心できます。

 

田舎なら、月に10万円あればなんとか生き延びることができますから、貯金等と合わせれば本当に最悪の事態にも対応できます。

 

『月に10万円の配当収入』のイメージはできました。

では次に、目標達成の方法を説明します。

 

月10万円の配当収入までの道のり

月10万円の配当収入までの道のり

月10万円の配当収入までの道のり

 

概要

一言でいうと、『ETFと高配当株をコツコツと買い続ける』です。

 

そして、

  • ETFからの分配金
  • 株式の配当

2つをコツコツと育てていくことで、月に10万円の配当収入を達成します。

ETFの場合は『分配金』と表現されますが、ひっくるめて『配当』と呼んじゃいます)

 

購入対象の金融商品

購入対象は、ETF株式です。

概ね以下のバランスで買っていきます。

理想の比率

理想の比率

 

このバランスは僕の感覚によるところが大きいのですが、

  • ETFを中心に据える
  • リスク低めの債券は多くなくていい
  • 個別株は日本よりも米国の方が将来性がありそう

くらいの考えで決めています。

当面の目標でしかないので、運用していくうちに調整していきます。

 

ETF(上場投資信託)

ほとんどは米国のETFを買います。

米国の、といっても、ETFの中身は様々です。

米国内の企業を対象としたものから、全世界の企業を対象としたもの、貴金属や農作物を対象としたものなど、多岐にわたります。

 

米国の株式市場に上場しているETFを買っていくってことですね。

そして、ETF分配金をもらうわけです。

 

株式

米国と日本の株式を買っていきます。

配当収入が目的なので、高配当株をメインに据えます。

ただし、安定して配当収入を出せている企業の株式であることが必要です。

 

また、産業分野(セクター)が偏らないことにも注意します。

特定のセクターに偏ると、不況等の場合に総崩れになるからです。

セクターを分散させて、各セクターの中で安定している高配当株を買っていくことになります。

 

証券会社

使用する証券会社は以下の2つです。

  • SBI証券
  • SBIネオモバイル証券

 

SBI証券

ETFと米国株の購入用に、SBI証券を使います。

ETFも米国株も、SBI証券なら1株から購入できるし、何よりいいのが『定期買付』の機能があることなんです。

 

チャートを頻繁に確認するのが面倒くさい僕にとっては、自動で少額からコツコツと積み立てられる『定期買付』は何よりもありがたいこと。

FXのスワップポイント投資でも活用していますし、本当に助かっています。

 

SBIネオモバイル証券

日本株の購入用に、SBIネオモバイル証券を使います。

 

理由は『日本株の定期積立購入が1株からできる』です。

定額でもできるし、1株とか5株などの少数株も可能です。

 

定期的な少額分散購入が可能なので、ネオモバイル証券を選びました。

 

名前のとおり、モバイルアプリがとても使いやすいので、チェックもめんどくさくないですね。

 

【超簡単】SBIネオモバイル証券で定期買付するシンプルな方法
株式を少額でコツコツと積み立てられる証券会社って、ありそうでないんです。SBIネオモバイル証券は国内株式の定期買付が少額から可能なので、とても貴重な存在なんですよね。本記事では、定期買付の方法をさらっと説明します!

購入方法

ETFと株式の購入方法は以下の2パターンです。

  • 定期購入
  • スポット購入

 

定期購入

  • SBI証券:ETF米国個別株1株ずつコツコツ
  • SBIネオモバイル証券:日本の個別株1株ずつコツコツ

いずれも、月ごとに自分で決めた日に購入されるようになっています。

 

スポット購入

  • SBI証券

配当金(分配金)を使ってセクターのバランス調整のための購入が目的ですが、対象のETFや米国個別株が割安になっていたら配当金(分配金)で買い増す(基本的に指値を利用)

 

  • SBIネオモバイル証券

上記同様に国内の個別株を買い増すが、1株買いだと指値を使えないため成行で購入

 

まとめると、定額の定期購入をベースに据えて、バランス調整や平均取得単価を下げるためにスポット購入をすることになります。

 

まとめ:ETFと株式の配当で月10万円を目指す!

まとめ:ETFと株式の配当で月10万円を目指す!

まとめ:ETFと株式の配当で月10万円を目指す!

 

本記事では、これから配当収入を目的とした投資を始める自分に向けて、宣言として計画をまとめました。

 

目標は、月に10万円の配当収入を得ることです。

 

配当収入をもたらしてくれる商品はETFと株式で、概ね下図のバランスを予定しています。

理想の比率

理想の比率

 

以下、証券会社ごとに対象商品と購入方法をまとめます。

 

  • SBI証券

米国に上場しているETF米国の個別株を対象に、基本は定額の定期購入で買います。

加えて、セクターのバランス調整平均取得単価の低下のために、スポット購入をします。

 

  • SBIネオモバイル証券

国内株定額の定期購入で取得していきます。また、セクターのバランス調整平均取得単価の低下のために、スポット購入をします。

 

実績を3カ月に1度くらいのペースで公開していくので、ぜひ参考にしてくださいね。

コメント

  1. […] 【配当収入】ETF&株式の配当投資を始めます。配当収入を目的に、ETFと株式への投資を本格的に始めることにしました。本記事は、決意表明の意味を込めて、どのような計画で投資を進め […]

  2. […] 【配当収入】ETF&株式の配当投資を始めます。配当収入を目的に、ETFと株式への投資を本格的に始めることにしました。本記事は、決意表明の意味を込めて、どのような計画で投資を進め […]

  3. […] 【配当収入】ETF&株式の配当投資を始めます。配当収入を目的に、ETFと株式への投資を本格的に始めることにしました。本記事は、決意表明の意味を込めて、どのような計画で投資を進め […]

タイトルとURLをコピーしました