シビラ(sivira) のブロックチェーンで変わる4つのビジネス

シビラのブロックチェーンで変わる4つのビジネス ブロックチェーン
シビラのブロックチェーンで変わる4つのビジネス

ブロックチェーンでビジネスが変わる!と世間は騒いでいるけど、何がどう変わるのかな?

 

その疑問にお答えするため、今回は『シビラ(sivira)』のブロックチェーンの記事をご用意しました。

 

ブロックチェーン素人の僕が、見た目にも優しい図を入れながら、以下の内容を分かりやすくまとめます。

  • シビラのブロックチェーン技術
  • シビラのブロックチェーンの応用例

 

本記事を読み終えた後は、シビラブロックチェーンが創り出す未来をイメージできているはずです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シビラの会社概要

シビラの会社概要

シビラの会社概要 (引用: シビラWebサイト)

社名 シビラ株式会社
資本金 約2億円
所在地
〒550-0014 大阪府大阪市西区北堀江1-18-17 モトバヤシビル3F
代表 CEO: 藤井 隆嗣

 

シビラは会社の名称です。

 

CEOの藤井さんはまだ若いのですが,複数の事業経験があり,世界経済フォーラムで『GlobalShapers20代日本代表』にも選ばれたほどの実力の持ち主です。

 

初心の『世界に新しい常識を創る』を実現するために,シビラ(sivira)を創業しました。

 

シビラの創業は2016年頃のようですが,すぐに大手仮想通貨交換業者ビットフライヤーと資本業務提携を行っています。

株式会社ビットフライヤーと資本業務提携を行いました
株式会社ビットフライヤー(本社:東京都港区、代表取締役:加納裕三、以下、「ビットフライヤー」)が、国内のブロックチェーン事業の創出・育成支援を行う社内ファンド「ブロックチェーン・エンジェルファンド」を組成しました。第一号案件として、弊社と資本業務提携を行いました。

 

ビットフライヤーから価値を認められた会社なのですね。

 

シビラのブロックチェーン技術

シビラのブロックチェーン技術jpg

シビラのブロックチェーン技術jpg

 

上の図は,以下の説明の区分するための概念図です。少しだけ補足します。

  • Broof (ブルーフ) →シビラが独自に開発したブロックチェーン
  • DaaS (ダース、*) →シビラのブロックチェーンを活用したもので、サービスとして構築された自律分散型組織DAO

(*)Decentralized Autonomous Organization as a Service

 

Broofの応用でいくつかサービスを作ることはできますが、DaaSはサービスというよりも世の中の仕組みそのものです。

 

それでは、

  • Broofの概要
  • Broofのサービス例1
  • Broofのサービス例2
  • Broofのサービス例3
  • DaaSのサービス例1

を簡単に説明します。

 

Broof

Broofの概要

Broofの概要(引用: シビラWebサイト)

Broofの概要(引用: シビラWebサイト)

 

超ザックリと表現すると,Broofは『拡張性と冗長性に優れたブロックチェーン』です。

  • スケールを拡大しやすい
  • バックアップが厳重なので作動が安定する

ということです。

 

スケールを拡大しやすいのは,ゆるく繋がった5つのモジュールでBroof Core(Broofの核心部分)を構成しているからだそうです。

モジュール構造でスケールアップが容易

モジュール構造でスケールアップが容易

 

各モジュールを増やしていくだけで,容易にスケールアップが可能とのこと。

 

この辺りは素人なので,僕はざっくりとしたイメージで理解しています。

 

また,Broof CoreはKVS(Key Value Store)と呼ばれるデータ保存システムを共有しているそうです。

 

なので,1つのBroof Core(まぁパソコンですよね)が停止しても他でカバーできるので,ブロックチェーンBroofの運用が止まることはないようです。

KVSの共有による冗長化

KVSの共有による冗長化

 

この分野は素人すぎて変な汗が出てきたので,応用編に移りますm(__)m

 

Broofのサービス例1:サプライチェーンのトレーサビリティ向上とスマート化

フードサプライチェーンの例(引用:シビラWebサイト)

フードサプライチェーンの例(引用:シビラWebサイト)

 

Broof(シビラのブロックチェーン)によって、サプライチェーンがトレーサブルかつスマートになります。

 

わかりやすくいうと、

  • 生産~流通の記録を確実にたどることができる(トレーサブル
  • 取引の自動化が進む(スマート

そんな便利な物流になります。

 

まずは『トレーサビリティ』向上の例を考えます。従来の野菜のサプライチェーンでは、

  • 農家さんが『(自称)無農薬』の野菜を、『(自称)汚染のない土壌』で育てる
  • スーパーマーケットがその農家さんから仕入れ(たことになってい)る
  • 消費者が(上記を信じて)買う

という流れでした。

 

しかし考えてみて欲しいです。

 

手に取っているその野菜は、本当に汚染のない土壌で無農薬で育てられ、それをスーパーマーケットが仕入れて、ご自分が買ったものでしょうか?

 

証明できますか?』と聞かれたら、僕は『できない』と答えます。信用するしかない

 

シビラのブロックチェーンを使うと、↓こうなります。

  • 土壌に汚染がないことは、センサと認定者が確認してブロックチェーンに記録済み
  • 無農薬の栽培方法であることは、生育担当者とカメラが確認してブロックチェーンに記録済み
  • スーパーマーケットが確かにその野菜を仕入れたことは、出荷担当者が確認してブロックチェーンに記録済み

 

消費者は、野菜のQRコード等を読むことで上記の履歴が確かだと確認できるのです。安心して無農薬の野菜を買えますね。

 

次に『スマート』の部分では、Broofの機能である『スマートコントラクト』の出番です。

 

例えば、農家からの無農薬野菜を検品し終えて受け取りが完了したとき、ブロックチェーンに記録されるとともに決済がほぼ同時に行われます。

 

スマートコントラクトでは、要件を満たしていないと支払いもされません。『まぁそこをなんとかさ、目をつむってよ』ができないので、不正撲滅にもなります。

 

実は、食物のサプライチェーンに関しては、IBMがすでにブロックチェーンを導入しています。記事にまとめたので、興味があればぜひ読んでみてくださいね。

ブロックチェーン 実例 | IBM Food Trust™をざっくり解説
「 ブロックチェーン は何やらすごそう!」というイメージが先行しているので,ここらで一つ,実例を紹介してみようと思います。今回は「IBM Food Trust™」を例に挙げました。食物のサプライチェーンをブロックチェーンで管理するシステムです。打ち出の小槌ではないですが,未来感はたっぷりですね!

 

Broofのサービス例2:IoTデータのマネタイズ

IoTデータのマネタイズ

IoTデータのマネタイズ

 

IoTとは、Internet of Things、つまりモノがインターネットに接続した世界観のことです。

 

シビラの構想では、そのデータが売り物になるのです。

 

例えば、監視カメラがインターネットにつながるようになってきましたが、監視カメラの映像を求める声は少なくありません。

 

シビラの構想では、監視カメラのデータ通信にブロックチェーンを利用します。

 

先程の『スマートコントラクト機能』を使えば、監視カメラのデータを利用した分だけ、即座に監視カメラ側に支払いを行うことができます。

 

手軽にデータを売買できるようになるわけですね。

 

Broofのサービス例3:セカンダリーマーケットの創出

Broofのサービス例3:セカンダリーマーケットの創出

Broofのサービス例3:セカンダリーマーケットの創出

 

シビラはブロックチェーンで中古品市場に活力を入れます。パターンは2つ。

 

  • 先の所有者等への収益配分
先の所有者への収益配分

先の所有者への収益配分

今までは中古品が売買される場合、売り手と買い手との間でお金と商品が交換されていました。それ以前の所有者等には一銭も入ってきません。

 

シビラの構想では状況が一変します。

 

中古品の売買をブロックチェーンに記録していくと、前の前の・・・前の所有者の情報も記録に残っています。

 

スマートコントラクトを使うことで、売買成立の瞬間に、前の前の・・・所有者にも少しだけお金を分配することができます。

 

そうすると、

『買ったものを大事にしよう。良い状態で高く売れれば自分にも分配金が入る。』

『大事にされた良品なら中古品を買おう。自分も大事にして不要になれば売ればいい。』

って思いませんか?

 

中古品の流通が活性化するのです。結果として、廃棄品も減るので、環境にも優しい

イナタ
イナタ

中古品が多く流通するようになったら,新製品を作るメーカはつらいね!

Kobol
Kobol

確かにそれは言えてるね。だけど,大量生産大量消費を見直すいい切っ掛けになるんじゃないかな?

 

  • 中古品流通過程における価値変化
中古品流通過程における価値変化

中古品流通過程における価値変化

 

中古品の経路によっては価値を高められる未来が想像できます。

 

ブロックチェーンを使うと、所有者の情報が残ります。

 

時計を例に考えると、『自分が好きな女優や俳優が以前に使っていた時計』って、価値が高いですよね。

 

そのような中古品については高くても売買されやすくなります。高くても買う人がいるのですから。

 

シビラは,上記2つのパターンで中古品市場(セカンダリーマーケット)の活性化を狙っているようです。

 

DaaS

DaaSの概要

DaaSの概要(引用: シビラWebサイト)

DaaSの概要(引用: シビラWebサイト)

 

DaaSは、DAO as a serviceのこと。DAOは、Decentralized Autonomous Organizationのことで、自律分散型組織を意味します。

 

つまりDaaSは、ブロックチェーンを使って,自律分散型組織をサービスとして提供することを意味します。

 

例えば会社なら、社長や取締役会などの中央意思決定機関が存在せず、決められたルールに従って全員が自律的に働くイメージです。

 

詳細はブロックチェーン大学の説明に委ねるので、さらに理解したい方はどうぞ。

将来会社がなくなる!?DAO(自律分散型組織)の仕組みとは?
仮想通貨だけでなく、ブロックチェーンが様々な分野に応用されつつありますが、その一つとして組織形態そのものも見直しがなされるのではないかと考えられています。 それは非中央集権化が進み、会社組織ではなく、個人の集団として認識そしてそれをブロックチェーンで運用することが可能になる日も近いかもしれません。今回はDAO(自立分散...

 

DaaSに関するシビラのサービスには、『ユーザーナーチャリング』と『Programmable ID』があります。

 

『ユーザーナーチャリング』の情報が乏しいので、『Programmable ID』の応用例を説明します。

 

DaaSのサービス例:コンテンツのn次流通のマネタイズ

DaaSのサービス例:コンテンツのn次流通のマネタイズ

DaaSのサービス例:コンテンツのn次流通のマネタイズ

 

Programmable ID(PID)を利用すれば,漫画の2次創作や3次創作もマネタイズできる日が来るます。

 

PIDは,個人がIDの利用範囲や提示範囲をコントロールできる等の機能があり,様々なアプリケーションで自律的な経済活動や情報連携,契約などを行う機能を持つIDです。

 

例えば,Aさんがキャラクターを創作します。AさんのファンであるBさんが,そのキャラの人形を作ったとします。

 

さらに,別のファンのCさんが,キャラを利用して漫画を作ったといます。『Bさんが作った人形である』『Cさんが作った漫画である』とシビラのブロックチェーンに記録します。

 

Bさんの人形やCさんの漫画が人気になると,『元ネタは何だ?!』とAさんのキャラクターに注目が集まり,Aさんのキャラクターもたくさん利用され売れていくことが考えられます。

 

その場合,BさんもCさんも,Aさんのキャラクターの売上増に貢献しているので,BさんやCさんにも報酬を払ってもいいはずです。

 

シビラのブロックチェーンでは,PIDを使ってA~CさんのIDを生成・管理することで,本人に代わってIDが契約などを行ってくれる仕組みを作り出そうとしています。

 

SNSでシェアされることの爆発的威力があれば,Aさんが自分の権利だけを抱え込むよりも,2次創作や3次創作をどんどんやってもらって爆散してくれたら,Aさん自身の売上も増える可能性が高くなりますよね。

 

ブロックチェーンを使って自律分散的にこういった仕組みを動かすことで,シビラはDaaSを実現しようとしているのですね。

 

コンテンツのn次流通についてシビラが電通と実証を行なった記事です。参考までに。

電通、コンテンツの「n次流通プロジェクト」を開始 ―ブロックチェーン技術を活用し、新たなマネタイズの可能性を共同研究―
株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:五十嵐 博)は2020年1月より、ブロックチェーン技術を活用したコンテンツのマネタイズについて共同研究プロジェクト「n次流通プロジェクト」を開始いたします。

 

まとめ

本記事の内容をまとめます。

シビラ(sivira)は、独自のブロックチェーンBroof』をベースにして,

  • サプライチェーンのトレーサビリティ向上とスマート化
  • IoTデータのマネタイズ
  • セカンダリーマーケットの創出
  • コンテンツのn次流通のマネタイズ

といった変革をもたらそうとしています。

 

未来をイメージできるようなったでしょうか?

実現が待ち遠しいですね!

コメント

  1. […] シビラ(sivira) のブロックチェーンで変わる4つのビジネスブロックチェーンは何をどのように変えていくのか?そのような疑問は尽きません。本記事では、シビラ(sivira)がブロックチェー […]

  2. […] Synchrolife (シンクロライフ)、いかがでしたか?僕はあまりグルメな方ではないですが、トークンエコノミーが面白そうなので、マメにレビューしていこうという気持ちになりました(*´꒳`*)Synchrolifeの始め方については,以下の記事を参照ください。Synchrolife (シンクロライフ)〜ブロックチェーンを利用したレストランレビューSNSを使ってみたブロックチェーンの実例サービスを使ってみました!ブロックチェーンを利用したレストランレビューSNS・Synchrolife (シンクロライフ)です。ちゃんとしたレビューをした人にトークンを付与していくことで,レストランレビューの信頼性を高めていきます。spacekobol.com2019.05.28ブロックチェーンの実例を紹介する記事は、書いてて楽しくなってきます。他にもいくつか書いたので、よければお読みくださいね^^ブロックチェーン 実例 | IBM Food Trust™をざっくり解説「 ブロックチェーン は何やらすごそう!」というイメージが先行しているので,ここらで一つ,実例を紹介してみようと思います。今回は「IBM Food Trust™」を例に挙げました。食物のサプライチェーンをブロックチェーンで管理するシステムです。打ち出の小槌ではないですが,未来感はたっぷりですね!spacekobol.comアクトコイン (actcoin)始めました : ブロックチェーン サービスの実例アクトコイン(actcoin)という,社会貢献を見える化するシステムがあります。ブロックチェーンを利用しものです。ブロックチェーンの実例に触れられるまたとないチャンス!だと思って,早速アクトコインを試してみることにしました。皆さんもいかがですか?spacekobol.com シビラ(sivira) のブロックチェーンで変わる4つのビジネスブロックチェーン… […]

  3. […] シビラ(sivira) のブロックチェーンで変わる4つのビジネスブロックチェーン… アクトコイン (actcoin)始めました : ブロックチェーン […]

タイトルとURLをコピーしました