アクトコイン(actcoin):ソーシャルアクターになれました!

actcoin (アクトコイン)-晴れてソーシャルアクターに! ブロックチェーン
actcoin (アクトコイン)-晴れてソーシャルアクターに!

actcoin (アクトコイン) でソーシャルアクターになれました!

 

いきなり何のことかわかりませんよね(;´・ω・)

 

アクトコインとは,社会貢献を見える化するプラットフォームです。

 

記事も溜まってきているので,概要を掴んでみてくださいね^^

 

ソーシャルアクターになると、アイコンの左下に☆マークが付くんですよ。

↓↓

actcoin-ソーシャルアクターになった

actcoin-ソーシャルアクターになった

 

本記事では、↓このあたりを説明していきます。

  • ソーシャルアクターの概要
  • ソーシャルアクターになるための方法
  • 寄付活動の紹介

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

actcoin (アクトコイン) とは?~おさらい~

アクトコインは、社会貢献を見える化するためのプラットフォームです。

コアな部分を図にしてみました。

アクトコインの概要

アクトコインの概要

 

actcoin (アクトコイン)は、ソーシャル・アクション・カンパニーという会社が運営している団体です。

ソーシャルアクションカンパニー 日本のソーシャルアクションを創発する
ソーシャルアクションカンパニーは、ブロックチェーン、スマートコントラクトなどの技術を使い、これまで証明できなかった1人1人の社会貢献を見える化し、より多くの人の活動(ソーシャルアクション)を定量化、人の良心がより良く機能するプラットフォームの開発、提供を行う会社です。

 

ソーシャル・アクション・カンパニーは、佐藤正隆さんという方が代表取締役を務めておられます。

 

同社は、明治大学の「『暗号資産・ブロックチェーン研究会』の協力を受け、ブロックチェーンを社会貢献の世界に応用しようとしています。

 

アクトコインのプラットフォームには、様々なNPO、企業、任意団体が、社会貢献活動に関するイベント(プロジェクトと呼ばれています)を掲載していきます。

 

ユーザーがプロジェクトに参加すると、参加した時間等に応じて「アクトコイン」と呼ばれるトークンをもらえます。

 

トークンというのは、一種のデジタル証明書みたいなものです。

 

上の僕の例であれば、上の図の時点で69000アクトコインが溜まっています。

 

〜コイン』という名前である以上、『え?なになに?ビットコイン的なアレ?仮想通貨詐欺的なやつ?』と疑いたくなる気持ちは理解できます。

 

仮想通貨の世界では、本当に詐欺が多かったですもんね。。。僕もだいぶやられましたもん(*´-`)

 

安心してください。

 

アクトコインに換金性はありません

 

したがって暗号通貨取引所で取引することもできないのです。

 

アクトコインは単なるトークンで、『社会貢献をしたことの”しるし”』に過ぎません。

 

“しるし”が溜まっていくだけなのです。

 

ただ、”しるし”が溜まっていくのって、なんとなく嬉しくないですか?

 

思い出して欲しいです。

 

小学生の頃の夏休みを。

 

あの頃の、純粋な感情を。

 

毎朝早起きして、近所のラジオ体操にいく。

 

そうすると、スタンプを押してもらえましたよね?

 

早起きしてラジオ体操をすることが、小学生にとっては『良いこと』とされていたので、『良いことをした”しるし”』が溜まっていくのが嬉しかったはずです。

ラジオ体操のスタンプに喜ぶ純粋な子供時代

ラジオ体操のスタンプに喜ぶ純粋な子供時代

 

時は変わって、現代。

 

社会貢献て、青臭い言葉ですが、『良いこと』ではないでしょうか?

 

僕は純粋な気持ちで社会貢献を良いことだと思って、それを積み重ねていきたい。

 

アクトコインは、このような内発的動機付けドライブフォースとして、社会貢献がもっと当たり前に行われる時代を創ろうとしているのかな、って思っています(僕はね)。

 

ドライビングフォースとしては、『社会貢献をしたい』という純粋な感情に加えて、今回説明する『ソーシャルアクター』が加わるのだと考えています。

 

ソーシャルアクターとは?どうやったらなれる?

アクトコインのアプリに書かれている公式の説明では、ソーシャルアクターは以下の通りに定義されています。

actcoinで活動する社会貢献家をソーシャルアクターと呼びます。

つまり、『actcoinで活動する社会貢献家』のことですね!

 

SNSでいうところの『インフルエンサー』とは違いますが、『社会貢献を頑張っている人』として、他のユーザーとは違う分類がなされます。

 

ちょっとだけ特別扱いされます。

 

今後、『ソーシャルアクター=かっこいい』という価値観を醸成できたら、より多くの人がソーシャルアクターになろうとして、多くの社会貢献がなされるのではないでしょうか。

 

では、ソーシャルアクターになるには、どうすれば良いのでしょうか?

 

これも、アクトコインのアプリに書かれています。

ソーシャルアクターになるには参加・賛同・寄付を1回ずつ行う必要があります。

もう少し詳しく説明すると、

  • 先ほど説明したNPOや企業の社会貢献プロジェクトへの参加
  • プロジェクトのSNSでのシェア(これが”賛同“です)
  • NPO等への寄付

をそれぞれ1回行えば、ソーシャルアクターになれます。

 

賛同参加について、各プロジェクトのページ下部にボタンがある↓↓ので分かりやすいですね。

アクトコイン-プロジェクトの例

アクトコイン-プロジェクトの例

 

僕は結構前から”参加”と”賛同”を複数回行ってきたのですが、”寄付”だけが残っていました。

 

ですが、2019年末にようやく某団体に寄付することができたので、晴れてソーシャルアクターとして認定されたわけです。

 

最後の決め手は寄付

アクトコインを通じた寄付の仕組み

アクトコインから寄付できる団体は、日本財団のCANPANセンターのデータベースに登録された情報開示レベル4以上の団体のみです。

 

要は、『ちゃんとした団体に寄付できる』ってことです。

 

また、アクトコインはマージンをとっていません。

 

ユーザーが自分で寄付先を選んでコンタクトし、自分で寄付するので、間に誰も介在しないのです。

 

その点も僕が気に入っているところです。

 

実際に寄付をした団体

児童発達支援や放課後デイサービスに取り組む団体に寄付

児童発達支援や放課後デイサービスに取り組む団体に寄付

 

僕は『特定非営利活動法人TSUBAME』さんに寄付をしました。

TSUBAMEについて
詳しくは投稿をご覧ください。

 

寄付先を選ぶ時は、大変です。

 

日本財団に登録されている団体だけあって、社会問題のど真ん中ストレートを射抜いている団体が多く、できれば全団体に寄付したいくらいです。

 

僕は一庶民で、まだそこまでの余裕はないので心苦しいのですが、一つの団体に絞りました。

 

僕の生まれ故郷が近く、児童発達支援や放課後デイサービスを行うTSUBAMEさんです。

 

支援内容から子ども達の現状を想うと、胸が痛くて張り裂けそうです。。。

 

即決で担当の方にコンタクトしました。

 

とても気持ちよく寄付を受け入れていただき、また、少額であるにも関わらず喜んでくださいました。

 

寄付をドヤ顔アピールしたいわけではありませんが、胸がじんわりと暖かくなりますよ(^^)

 

actcoinでは、寄付の領収書をアップロードして認定されると、寄付額の10%がアクトコインとして貯まります。

 

例えば、10000円の寄付が認定されたら、1000アクトコインが貯まります。

 

おわりに

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

 

寄付を終え、ようやくソーシャルアクターになれました。

 

↓現在、ソーシャルアクターの中では6番目にアクトコイン数が多いです。

actcoin-ソーシャルアクターの上位に!

actcoin-ソーシャルアクターの上位に!

 

今後もマイペースに参加・賛同・寄付をして行きます。

 

社会貢献が当たり前のように行われる時代が来るといいですね^^

 

お知らせ

アクトコインでは、FacebokTwitterで情報を発信しています。

 

そしてこの広報活動に僕も参加させてもらっています。

 

良かったらぜひフォローをお願いします!

【Facebook】

社会貢献を可視化するアクトコイン
社会貢献を可視化するアクトコイン - 「いいね!」1,087件 · 19人が話題にしています - 「社会貢献活動が価値になる社会をつくる」という2030年ビジョンを据え、日本で唯一の個人向けソーシャルアクションプラットフォームをつくり、SDGs目標の達成に貢献していきます

 

【Twitter】

コメント

タイトルとURLをコピーしました